スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月は君の嘘 4巻

  • 新川 直司
  • 発売日 : 2012/09/14
  • 出版社/メーカー : 講談社

たった4分たらずの演奏が  
私をピアニストにした


相座武士の優勝を確信させるような圧巻の演奏が終わり、さて、もう一人のライバル・井川絵見は  四月は君の嘘4巻です。今巻は一冊まるごと絵見祭り!と言っても過言ではない程、絵見の渾身の演奏とそこに込められた思いが丁寧に描かれて、とにかく濃い!

公生がまだコンクールに出場していた頃、TOP3の常連だった相座武士と井川絵見。二人は、常に1位に君臨する公生にそれぞれの強い思いを持っていました。

『俺の目標は海外でも ショパンコンクールでもありません 有馬公生です』

武士にとって公生は、抜くべき目標。

『私がここにいるのは あんたのせいだ』

絵見にとって公生は、自分の人生を決定づけた人。

ということで、二人にとって、公生が2年振りに参加しているこのコンクールは特別な意味があります。
武士の演奏は 誰が見ても武士がNO.1だ と先生が確信する程のデキでした。

次は、絵見の演奏。
かつては常にトップクラスだった彼女ですが、最近は予選落ちまで経験。しかし、『絵見は気分屋でね。ほんのちょっとしたことで 演奏がガラリと変わる』とは落合先生談。

絵見はステージに上がる前、鳥肌の立つ自分を見て。

こんなの久しぶり そうか   2年振りだ



ムラっ気があるということは、今日ピークの波が来てもおかしくないということ。ピアノが合ってる 指が軽い 私は今日のっている…そして、誰もが言葉を失うような演奏が始まりました。 ピアニストにとって慣れ親しんだバッハが変貌していく



ああ 彼女の音は カラフルに色づいている


私はバッハに慣れも親しみもなく、ましてやその変貌なんてものはさっぱりですが、なんだかすごそうだw
彼女をここまでにしたのは、公生の存在があったからです。『武士は “本当の有馬” を知らないでしょ』よく、絵見が武士に言った言葉。そして『“本当の有馬公生” は初めての演奏の中にしかいない』。この言葉の意味するところは、、、

遡ってまだ絵見が5歳のある日、ピアノの演奏会で偶然公生の演奏を聴いたんです。それは公生が生まれて初めて人前で演奏した時のこと。

ドキドキが止まらなくて
涙がこみ上げて
感情が一気に溢れ出したんです

ただただ感動したんです


この出来事が絵見の人生を決定づけました。それ程までに彼の初めての演奏は、聴き手の心に響いたんです。しかしその後、公生は “ヒューマンメトロノーム” と悪名高い存在へと変わっていった…。
絵見は、自分の人生を決めた公生に対する想いを、音に託します。

私がここにいるのは あんたのせいだ
たった4分たらず  
たった4分たらずの演奏が  
私をピアニストにした

戻ってこい
戻ってこい
戻ってこい
私が憧れた  
有馬公生

響け
響け
私のピアノ
響け

響け




演奏が終わり、ひと呼吸の静寂。
そして、観客の熱狂。

絵美にとって公生はただのライバルではないんです。
5歳にして人生を決めるような大きな感動を貰った憧れの存在であるだけでなく、その演奏が「ヒューマンメトロノーム」と揶揄される乾燥した正確無比なスタイルに変化していく事に怒りと憤りを感じ、「それを否定したい」という気持ちが現在の動機になっている。

そこには、否定することで今の公生のスタイルにNOを突き付け、かつての心を揺さぶるような演奏を取り戻して欲しい、そしてそんな公生を超えていきたい、という絵見の思いがあるんです。
それを出し切った、圧倒的な演奏。

要するに絵見が言いたいのは「今のあんたつまんない」ということなんでしょうか。インディーズ時代からのコアなファンが、メジャーデビュー後に魂を失い売れるかどうかに拘るアーティストを見て「変わったよね、昔の方がよかった」とボヤく姿にも似ていますw
でも、この思いの濃さはハンパない。だって、人生を決めたんですから。もう、どんだけファンなの!!?恋とか愛とか生ぬるく感じるような、熱すぎる思いが最高。

ついでに、そんな崇高な感情を全て男女の恋愛に結びつけたいお年頃、思春期全開の武士も最高ww

↑演奏を終えた絵見が、昂る感情のままに公生の胸ぐらを掴んだ時のひとコマ。

そして、ついに公生の演奏が始まります。

音楽はこんなにも 血が沸るものだったんだ



二人の演奏が公生の心にも火を点けました。一音ももらさず 刹那のズレもない そんな “公生らしい” 演奏に、武士は 帰ってきた 俺の憧れた有馬公生 と喜び、絵見は 戻ってきた ステンレスの様なピアノ 2年前の有馬公生だ と落胆する。

弾きながら公生は葛藤しているんです。かをりに言われた 本当の君はどう弾きたい? と、母親に言われた いいのよそれで の間で気持ちが振れる。

母親は勝つための演奏が正しいと教え、自分のために1位をとって欲しいと願っていました。その願いを叶えたくて、幼い頃からつらいレッスンに耐えてきた公生。母親が病気になってからは、その思いを益々強くしていました。
母親が病院から見にくることになっていた演奏会で、公生は 最高の演奏をプレゼントするんだ と、まるで音が弾んでいるような、情感に溢れた素晴らしい演奏をします。

ところが、母親はその演奏を喜ぶどころか、『何よ あの演奏は!!』と激怒。小さなミスがあったのは、感情に溺れたせいだと、公生をひっぱたき杖で殴る暴行に走りました。

『お前なんか 死んじゃえばいいんだ』

公生の中で何かが切れてそう言い返したそのすぐ後、母親が他界。
ブチ切れたりするから、発作でも起きたんでしょうか。自業自得… とか言っちゃいけないのかな。

演奏中、様々な記憶と思いが公生の中を駆け巡り、母親への記憶と共に罪悪感で心が支配されそうになった公生は。

音が  
ピアノの音が  
聴こえない


………というところで4巻終了。
次巻は公生がどうトラウマ超えするのかが、読みどころになりそうです!

今巻も、濃かった。音楽マンガですが、スポ根に通づるストイックさが全面におし出されていて、優雅な要素は皆無。なんて暑苦しい感動が押し寄せてくるんだろうと、改めて思う!

かをりちゃんの病気も気になるところ。病気の重さとその事実を超えようとする姿が生み出す感動は比例するので、きっと、間違いなく作品の魅力にはなるんですけど…。とはいえやっぱり、明らかに不治の病と予想できる展開にへこみますorz

↓いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

公生は◯月のライオンのあの人に似てる
関連記事

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2012年12月28日 12:51:12

がくさん、はじめまして!
コメントありがとうございます!(^_^)

> 特に4巻は演奏シーンがほとんどを占めていてかなり濃ゆいですよね。
> 思わず息を飲んだまま読んでしまったのが印象的です。

本当にそうですね!読んでいると呼吸を忘れます!
5巻収録の公生の演奏が楽しみでなりません。

URLありがとうございます!
今までも時々お邪魔していました(^_^)
私も、幽遊白書とダイの大冒険(いや、ポップの…と言うべきか)大好きです。
また遊びに行きます!

- がく@漫画好き - 2012年12月26日 17:24:52

オススメマンガで紹介されていたので、思わず飛んできましたw
私も今このマンガは発売日が待ち遠しいマンガです。

確かに暑苦しい感動ってのはわかりますw
特に4巻は演奏シーンがほとんどを占めていてかなり濃ゆいですよね。
思わず息を飲んだまま読んでしまったのが印象的です。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。