スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あひるの空 36巻

  • 日向 武史
  • 発売日 : 2012/10/17
  • 出版社/メーカー : 講談社

それは 信じるに値する出逢いだった

分厚く手にずっしりと重い、あひるの空36巻。内容も重量感たっぷりで読み応えありまくり。感想もがっつり長めでいきたいと思います!

地区予選決勝、11点ビハインドで迎える丸高との後半戦。空と交代でオレ様1年生・行太がガードで出場します。

予想通り、コイツが勝手ばっかりするわけです。あ~もぉ頼むよ、この局面でやめてくれ!と想像ドンズバな暴走により、残念な展開に。トビの言葉を借りるなら、手のかかるルーキー抱えると  ・・ホンマ苦労するのという感じ。そんな手のかかるルーキーをフォローする、トビや千秋や空たち先輩の皆様のオトナな一面が素敵でしたが。

丸高の9番・信二も「見るからに持ってる奴」と言うように、行太にはセンスがある。そして、負けたくない!という強い気持ちからくるアグレッシブなプレーそのものは、悪くない。でも、それはチームのためのものではなく、彼の個人的な戦いのため。
まだ経験の浅い行太の独りよがりなプレーが通用するほど丸高は甘くなく… 38ー44、6点差まで追い詰めるも、その後は丸高の怒濤の攻撃が。

気がつけば、4分で40ー56、16点差まで開き、交代。『よくやった、空坊と交代だ』千秋に声をかけられ、何がよくやっただ、バカにしやがって!と悔しがる行太に空は『多分 それ本音だよ』と肩をたたき、

『あとは任して』



空センパイッッ!!わっしょい!! ベンチに戻った行太に投げられたヨーコ先輩からの手紙には、
この試合はクズ高と丸高の闘い キミと誰かさんの闘いじゃない!!
ヨーコさん、ナイスです。なんの異論もありません。これを機に、行太は精神的に一皮むけて欲しいものです。

さて、クズ高の得点源・トビと空。
トビの外したシュートをモキチが押し込んで2点。空のドライブからの得点はバスケットカウントのフリースローを決めて計3点。そして、千秋からのパスを受けたトビ。『遅いワ』と放ったシュートはゴールに吸い込まれ、3点。ここで48ー56、8点差!!



ところが、トキワがあっという間に引き離します。絶対に追いつかせない!という気迫がビシビシ。
そんなトキワに、千秋は。

コイツをクリアしなければ 到底あそこまでは辿り着けん・・!!



千秋が目指すところは、トキワじゃないんだ… ということは横浜大栄のあいつか…?

さて、ここからはトキワ回想録です。あひるの醍醐味であるポエム多し!!w

ヤンキーかゴツいかかわいいか、のどれかに属するキャラが多いあひるにおいて、数少ない正統派イケメンキャラのトキワ。黄色い歓声があがりそうな、ジャニーズ風の中学時代。

『トキワってさ なんでそんな冷めてんの?』



冷ややかなわけではないけれど、何事にも、熱くならない。
昔からよく言われる
なんでも器用にこなしちゃうから
大事なトコでブーストがかからない
自分の沸点を知らずにきたんだ

本人は器用貧乏と言っていますが、色んな能力のデフォルトが中の上で、ちょっとやったら上の下~中レベルまであっさり上がっちゃう人なんでしょう。本当に頭がいい人ってガリ勉じゃなかったりしますもんね。トキワも、うっかり人よりちょっと努力をしたら難関大にスポンと入りそうな匂いがします…。

県大会まで進んだ「湊中のトキワ」は、バスケ名門高校には進学せず、『制服きなくてすみます』を理由に丸高に入学。
ところが、そこにはあの千葉さんが!!!バスケ部に入る気のないトキワに対して、連日しつこく勧誘。教室だけならいざ知らず、遂に自宅にまで現れる。さすがのドロ臭さですw

丸高がインターハイ出場を狙うには、最強のガードポジションが足りない。

『頼む オマエの力が必要なんだ』



ナゼ それが琴線に触れたのか 今でも分からない
でも 確かにあの瞬間 自分の中の “熱源” を感じたんだ

熱源ですよ。熱の源です。千葉の言葉で、冷めていたトキワの中の何かが呼び覚まされました。そして、

それは 信じるに値する出逢いだった

千葉の想いに動かされ、入部を決めます。しかしチームは思った以上にバラバラで、結局、2年は千葉ひとりになってしまう。ところが、『これで 自由にやれる』というトキワの言葉とともに、安藤監督率いる丸高の快進撃が始まります。千葉・トキワコンビがチームの推進力となり連戦連勝を重ね、丸高の名が県内に轟き始める。

そんな絶好調の最中、快勝した試合後  
あのメジャーリーガーは
チームが優勝した夜も自室でバットを振るんだという
こんなちっぽけな高校の無名のバスケ部で
そんな逸話を幾度となくこの目で直視してきたんだ


体育館にはただひとり、練習に勤しむ千葉の姿が。『ヘタクソが休んだらもっとヘタクソになっちまうだろ』、そんな千葉を見てきたトキワはもうひとつポエム。

気づいたら
思ったほど そこに自由なんてモノはなくて
練習はキツいし 監督は怖いし 男くさいし 汗くさいし
あぁ なんか 失敗しちゃったかなと思いつつも
ただ一つ  
  いや ただ “一人” フィラメントが赤く染まる


おぉ~。こんな比喩に使ってもらえるなんてエジソンもさぞ本望でしょう。
大勝しても大敗しても、ジリジリと、ひとり、どんな時も熱を失わない姿。それでも、掴みきれなかった全国行き…。
千葉の引退後、次期キャプテン候補はもちろんトキワなんですが、でも、千葉の背負ってきた4番を引き継ぐ覚悟が決まらなかった。そんな時言われた監督からの言葉『繋いでやれよオマエが』



そして、当たり前のように言われた千葉からの言葉『あとは頼んだぜ』に心動かされ、ついに、4番を継ぐ覚悟を決める。
だからこそ、絶対に負けられない。

必ず全国を摑む・・!!



シャツを摑む仕草には、千葉さんへの想いと強い決意が込められているんですね。

インターバル終了。ラスト10分  

クズ高逆転へのシナリオの、キーマンのひとりは空。
抜きにくるのか、3Pか。相手に対して駆け引きの余地がある。



マドカさんに声をかけられ、リストバンドをはめた腕で応える、ここ!このシーン!心の鼻血ポイントでしたw

もうひとりは、モキチ。
フィジカルに恵まれた千葉Jでも、メンタルはまだまだ、年齢を超えられない。苛立ちや焦りで冷静さを欠いていくところにつけこもうという作戦。



空のパスからモキチがダンクを決める。
これが千葉Jの焦りを誘い、、、リバウンドで千葉Jとモキチが接触→モキチ流血!!!で36巻終了。

ゴール下のキーマンを失いそうなクズ高は、勝利からさらに遠のきそうな予感。そして、あひるの空といえば、敗北マンガの代名詞。この試合の行く末は気になるものの、結局負けちゃうんだろうなー。なんせ、あひるだからなー……と既に切ないです。良くても、ここで勝って次の試合ボロ負け…のスラムダンク的展開になるんでしょうか。

このペースだと、37巻は試合の結末が読めるのかな…。それが、無邪気に楽しみにできないほど、敗戦の匂いがしています。うぅ、もう負け試合ばっかりきつい。。
とりあえず勝ち負けは抜きにして、トビファンとしてはトビにもうちょっと魅せ場を願う!!

↓いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

ドラクエはレベル上げ+貧乏との戦い

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2013年02月21日 08:29:27

和田晃さん、こんにちは!
和田さん…33巻…あとで見てみます!w
ちなみに、37巻は3月15日に発売延期されましたよ〜(^_^;)
元の発売日に書店に買いに行って知りました。空振りです…orz

- 和田晃(本名じゃないよ!) - 2013年02月20日 17:58:34

37巻まだっすか!?
楽しみでしょうがないんです!!
出来るだけ早くupお願いします
僕の偽名誰か分かりますか?
一応あひるの空の登場人物なんですけど…
33巻に出てます

- コミックボブ(管理人) - 2012年12月31日 15:05:00

とっきーさん、こんにちは!
わーごめんなさい〜(>_<) 良いエピソードでしたもんね(^_^;)
36巻良い場面が多過ぎて、力不足で上手くまとめられずアップやめようか迷ったほどで…orz
37巻頑張りますm(_ _)m

- とっきー - 2012年12月31日 13:32:22

できればときわのバッシュについても触れてほしかったです( ̄▽ ̄;)

- コミックボブ(管理人) - 2012年12月30日 21:46:23

通りすがりのあひる好きさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

そうか!そんなんですね!
なんて恥ずかしい間違いを書いてしまったんだろう|||(-_-;)||||||
ご指摘ありがとうございますっm(_ _)m

> 雰囲気は似てますよね〜。

フォローまでして頂いてすみません( ; _ ; )
直しておこうと思います。ありがとうございました!

- 通りすがりのあひる好き - 2012年12月29日 23:12:56

こんにちは、初めまして。
あひる、大好きです。
気になったのは、

>空センパイッッ!!わっしょい!! ベンチに戻った行太に投げられたヨーコ先輩からの手紙には、
この試合はクズ高と丸高の闘い キミと誰かさんの闘いじゃない!!
ヨーコさん、ナイスです。なんの異論もありません

の部分ですが、手紙を投げたのは、1年生の「えっちゃん」ではないでしょうか。なにかと行太のお世話を焼いている子です。
34巻で、「長い髪を切ってヨーコ先輩のようなガードをめざす」って言ってますし、雰囲気は似てますよね~。

それだけです。失礼しました・・・。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。