スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キスよりも早く 12巻 (完)

  • 田中メカ
  • 発売日 : 2012/10/05
  • 出版社/メーカー : 白泉社

私は 絶対に 幸せにする

キスよりも早く、ついに最終巻です!これまで色んなすったもんだがあったようで、実は常に甘々ラブラブな展開を繰り広げてきたこの作品。キス早における波乱は、スイカに塩で甘さ倍増!の仕組みと同じため、波乱にドキドキしない珍しいマンガでしたw
では、最終巻の感想を☆

なんと婚姻届が出てなかった!という衝撃の事実で終わっていた前巻。大ショックで駆け込んだ叔父・智之宅で文乃は意外な言葉を聞くことに。
『オレ知ってた!』
笑顔で告白したトモくんに、文乃は驚きの絶叫。

現実問題、入籍に伴う各種手続きの煩雑さや生活への影響度たるや、相手が高校生という枷がなくとも、子供できるまでいっかーと先延ばしにしたくなる程。。。紙出すのは卒業してからで、という先生の判断はベストかと思われます。もちろんそれは文乃も理解するものの、じゃあ言ってよ!という怒りがおさまらない。

直接話がしたくて学校でなんとか先生をつかまえようとするんですが、監視役・翔馬に阻まれ全く話せず。
同じ時、トモくんが学校に乗り込んできて先生を屋上に拉致。そこで先生の本音を聞き出そうという魂胆なんですが。

『彼女の意志で出て行かれた以上 僕から彼女を追いかけることはありません』

と。そして、運悪く文乃もそれを聞いてしまいうのですが、聞かれたことに先生が動じることもなく…。この言葉に込められた先生の気持ちを知る由も無い文乃は、

私から手を離したらすべてが終わる その程度の気持ちだったの!?

先生の言葉に傷つきその場から走り去ります。それを追うのは、先生ではなく翔馬。 そして、追いついた翔馬は泣いている文乃を見て思わず抱きしめてしまうんですが、、、お似合いだ!ビジュアル的にはこちらの方がしっくり来る気さえします☆
ふと我に帰った文乃が慌てて離れ逃げようとすると…

『僕は君が好きなんだよ!ひとりで泣かせられるか!』



翔馬きたーーーーー!!!
しかも『遠慮なんてしない 僕と一緒にアメリカに行かないか…?』って、まるでプロポーズのような発言/////// 振り切れると強引なのは尾白兄弟の特徴です。

最終巻でついに翔馬が告白。受験を目前にして愛する先生の弟君から告白されてしまった文乃はショート寸前→白化。まっしろ。もう浪人コースしか見えませんw

翔馬は文乃に告白したことを先生にも報告。『梶さんに告白したんです。』『今 彼女が背負っているすべての荷物を引き受ける覚悟もあります』 だめだ。もう、翔馬が素敵すぎて一馬先生を応援することはできない。翔馬の幸せを一番に願う。残り数十ページだけどw

個人的な翔馬萌えはまだ続く!
気を取り直して図書館で受験勉強にとりかかる文乃の隣には、監視役兼先生役の翔馬の姿が。ちらちらと翔馬を意識する文乃に気づいた翔馬は。『うれしいね ようやく僕のことを意識してくれてさ』と心底嬉しそうな表情。なんだよ、かわいいな。けなげだな。たまんないな♪

そこで文乃は翔馬から衝撃の事実を聞かされます。

『転勤だよ 来年度 熊猫高校から離島の高校へ!』

なんと先生が離島に行ってしまう。しかも、一緒につれていくつもりがないという…。もちろんこれは、尾白・父の陰謀です。離島の高校教師なんて、訳ありっぽくていいですね~w 島の高校生とのエピソードだけで、作品ひとつ書けそう♪しかし、尾白父、女子高生を嫁にする息子への嫉妬はマリアナ海溝より深そうです。

そこに、鉄平が行方不明になる事件が!
捜索の結果無事に見つかるんですが、この事件を通して、先生と文乃と鉄平は「家族」なんだと翔馬が実感するきっかけになります。
そして、久しぶりに先生と話すことになった文乃は、先生に対する自分の気持ちを確かめて、決心します。

この気持ちひとつで あなたを追いかける

合格発表の日。
緊張で笑っちゃうほどガクガクの文乃を迎えにきた翔馬。発表を見に行く道中、文乃は自分の気持ちを伝えます。

『ごめんなさい 翔馬くん あたしのこと好きになってくれてありがとう…!』

翔馬には慰めてくれるメグがいるのが救いです。こんな時こそ、メグのありがたみをしっかり噛みしめるべし。

大学に合格した文乃は、合格通知を手に先生のいる学校へ猛ダッシュ!大喜びののち、教材室で二人きりに。そこで。

『先生はあたしの恩人で …好きなひとで あたしの夫でいてほしいひとです…。あたしと結婚して下さい…!』



文乃から先生へのプロポーズ。
今までは先生にリードされ先生に守られてきたけれど、これからは自分が先生を追いかけて幸せにするんだという能動的な気持ちの表れです。

そこで、先生から出てきたのは婚約指輪。

『覚悟してね もう逃げようとしても離さないよ?』

『18歳の誕生日 おめでとう。僕を選んでくれてありがとう…』


あ、甘い…!!!この甘さに、これまでの11巻で何度読むことを断念しそうになったか!最後にきてようやく、このベタベタな展開こそキス早!と割り切れるようになりました。そして、さすが最終巻だけあって、“らしさ”がこれでもかと連発されています。

そして、感動の卒業式。
文乃にお礼参りに来た後輩を撒き、ロッカーに隠れる二人。そこで愛を語らい、家の鍵を渡す先生。
ロッカーですよ、ロッカー!その中で抱き合っちゃうわけですよ。やっぱり甘いぜ!!!足元に絡んでいる掃除道具なんて普通はマイナス要素にしかならないだろうに、むしろ、ロッカーと相まって最後の“学校”感が増して素晴らしい小道具に感じますw

卒業の打ち上げも終わり、先生の待つ家に帰宅する文乃。扉を開けるのもドキドキです。

家に入りいつも通り居間の扉を開けようとすると、風呂上りらしい半裸の先生と鉢合わせ!キス早らしい展開、ごちそうさまですw
春には離ればなれ、ということでいつになくしんみりムードの文乃。そのしんみりが逆に、愛を語らうには良い雰囲気を創り出します。加えて、先生のちょっとした嫉妬からさらに空気は甘くピンク色に…!そして、

『好きだよ』

という先生の言葉とともにキス。

『……どう?初めてのキスは』

と聞かれた文乃は。

『気持ちよかっ…たです……』

先生、激萌えwww
ついにここまでたどり着きました!!!
このキスシーンは他のマンガのキスシーンとはちょっと重要度が違いますよね!??一体いつかましてくれるわけ~~?と焦れったい気持ちを味わいながら、ブンちゃん同様我々も12巻までお預けをくらい、このキスシーンに辿り着くためにここまで読んできたわけです。それなのに、このブログでうっかり見てしまい、12冊分の年月が無になる…なんて辛すぎる事故が起きぬよう、あえて画像は載せません。
是非とも実物を堪能しながら存分にニヤニヤして頂きたいです♪

そして迎えた結婚式。



ドレスは尾白父の協力、メイクはダントン家お抱えのメイクアップアーティストによるもの☆みんなの祝福を受けて、全て、納まるところに納まったハッピーエンド!キス早らしい、清々しい読了感です♪

最後は、登場人物の10年後のエピソードが描かれているんですが、愛する翔馬とメグちゃんのゴールインの流れに感涙。
そして、このイケメンは誰でしょう?

面影を残しつつ、叔父さんとまるっきり双子ですね~!

↓いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

正解は鉄平。
関連記事

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2013年07月18日 00:04:56

ももさん、こんばんは!
コメントありがとうございます(^_^)

キスよりも早く、良いですよね☆王道過ぎる少女漫画だと思います!

> しょ、しょうま…かわいすぎる!
同感です!しょうまかわいい!!!
兄(=先生)もいいけど、しょうまのツンデレがかわいい!!

最終巻、是非待ちに待ったキスシーン読んでみて下さい♪

- もも - 2013年07月12日 23:06:58

初コメですっ!
キスよりも早くが
だいすきです(*´艸`)♡
きゃあぁあ(//∩ω∩//)
しょ、しょうま…かわいすぎる!
さっそく画像保存させていただきましたっ!萌え画像をありがとうございますw
キスシーンwkwk♡ですっ♪(´ε` )
絶対買います♡


トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。