スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼灯の冷徹 6巻

  • 江口 夏実
  • 発売日 : 2012/08/23
  • 出版社/メーカー : 講談社

私が思うにそもそも真性のSは
自分からSとは言わないと思うのです


現世の要素を切り出して地獄のネタとミックスしクスッと笑える話に仕上げた鬼灯の冷徹、6巻出ました。今回は9本の地獄話が収録されています。

誰もが知っている狐は化けるのが得意、というお話。
『兄さんよぅ~ 寄ってかんか~ 地獄の狐は別嬪揃いよ~~』妓楼の呼び込みをする野干(狐)のゴンさん。美形に化けることにかけては狸狢の比じゃない!ということで、狐は妓楼・キャバクラ・ホストクラブで大活躍なんですね。

ところが、ホストクラブが閑古鳥だということで、通りすがった鬼灯がゴンさんのお店のホストを指導することに。ホストは彼ら。



三人に挨拶された鬼灯は『嫌がらせを受けた訳でもないのにこれほど訳のわからないムカつきに襲われることも滅多にないです』とバッサリ。ちなみに、この変な名前は、◯◯ヤという名前ならホストっぽいという思い込みからきたようです。気持ちは分かる… 流行りのS系で売っている彼らの接客を見た真性S・鬼灯は、無理につくったSキャラに『…根本的に「S」というものを誤解なさっておいででは?』 真性のSは自分からSとは言わないだろうとダメ出ししながら、本物のSっぷりを彼らに見せつける(本人にそのつもりはない)。

結局無理なS営業はやめになり、ニーズに合わせたもっと良い方法があるという鬼灯のサジェスチョンは、

『キャーッ♡ もふもふ!ふかふか!』



「狐カフェ」。『やはり己の利点と特長を最大に活かす方が自然ですよ』 と。マーケッターとしても敏腕な鬼灯様です。

ほかの話では、相変わらずな鬼灯様と白澤様の関係に笑えたり、またまた子鬼灯の活躍が楽しめたり!もう6巻なのによくネタつきないなーと感動しちゃいます。それどころか、巻を重ねるほどに登場人物の生い立ちや意外な面が明かされて、益々キャラが魅力的に見える!

7巻は11月下旬発売予定だそうです。

↓クリックが励みになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

DNA鑑定万歳。
関連記事

この記事へのコメント

まことさんへ - コミックボブ(管理人) - 2015年05月05日 00:26:24

まことさん、こんばんは!

鬼灯!

> なんか、すごーくシビアなマンガだとばかり思ってましたww

「冷徹」ですからね。シビアっぽいですが、完全ギャグ漫画ですよねw
聖おにいさんと並ぶくらいw

> あと、鬼灯様の
> あのサバサバ感!!

分かります。
私もあんな風に生きてみたいですw

- まこと - 2014年03月10日 01:39:16

カテゴリをあさっていたら
鬼灯があったので
ちゃっかりコメントしましたww

実は、つい最近鬼灯の冷徹を知ったんですよーww
名前を初めて聞いたときは
なんか、すごーくシビアなマンガだとばかり思ってましたww
ところがどっこい!
まさかのギャグマンガ!!ww
鬼灯様と大王の会話が好きですww
あと、鬼灯様の
あのサバサバ感!!
会話をバッサリ切るところ、
あたしも好きですねーw

この頃OPが頭から離れないし…orz
ますますハマりそうですσ^_^;

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。