スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングダム 27巻

  • 原 泰久
  • 発売日 : 2012/08/17
  • 出版社/メーカー : 集英社

『境があるから内と外ができ敵ができる
国境があるから国々ができ戦いつづける
だからあいつは国を一つにまとめるんだ』


秦軍対合従軍の激突が続くキングダムの27巻。期待を裏切らない相変わらずの濃さ!各国の将軍の力も徐々に明らかになり、とにかく面白いッッ!!
激動の初日、そして、戦いの行方はーー

臨武君討ち死にの知らせが巡る中、信は趙軍・万極と死闘を繰り広げます。この万極軍、秦軍に対して尋常じゃない戦意を向けてくる。なぜなら、『今回の万極軍は長平での遺族・遺児のみで構成されている』。 趙軍・40万人の投降兵を秦軍が虐殺した長平で、家族や親を失った人達。

『万極軍は長平の呪いそのものだ』



万極は、自らが長平の生き残りなんです。彼が戦いの最中に語り出す残忍極まりない“長平”の歴史は、それを聞く味方へは戦意を高める檄となり、信たち秦軍の人間にとっては勢いを失う誘因となります。

戦いがある限り第二第三の万極が生まれ、呪いは連鎖していく。出口なき闇で永劫に呪い合い殺し合うことが真理だ、と説く万極。 それに対して信は、『今ごろになって俺は気づいたんだ。この出口のねェ戦争の渦を解く答えを持ってる奴を 実は俺は知ってたんだってなァ』 そして傍のテンに視線を投げます。『境があるから内と外ができ敵ができる。国境があるから国々ができ戦いつづける。だからあいつは国を一つにまとめるんだ』 信の言う「あいつ」が政だと気づくテン。

『そして俺はその金剛の剣だ』



そして信は万極を討ち取り、万極の抱える呪いに終止符を打ちます。

ようやく初日終了。
合従軍は楚の臨武君と趙の万極が討たれたものの、互いに1万の兵を失う結果に。

ところで、臨武君討ち死にの報に対する春申君のつぶやきがひどい。『………ハゲがしくじったか………』って。。。ハゲがしくじったって、、全くその通りなんですけど、何か他に言い方ないのか!w 最近立場上春申君とからみの多い李牧は、その裏の裏の裏をかく思考の腹黒さを隠すように、常に上品で聡明な表現をなさいます。本音を晒さない油断ならないヤツです。

そして、2日目。
臨武君を失った楚軍は、第二軍を動かすことに。第二軍の将はこの人。



媧燐将軍。
巨体過ぎて遠近感がおかしい。



登場早々に、臨武君の副官をひと蹴り。蹴られた魯近副官は首の骨ぼっきりで即死… 『ハゲの手垢のついた無能共はいらないんだよ 敗戦の豚共』 見た目のイメージに違わぬキャラクターで、兵士をさっそく豚呼ばわり。ついでに、臨武君はここでもハゲ呼ばわりされてます。
サイズといい、髪型といい、和田アキ子にしか見えない媧燐様ですが、彼女の本陣・李牧への進言が、合従軍の戦略を大きく転換させます。

全軍大いなる凡戦を連ねて十日後に函谷関を落とすべし

これを受けて、李牧は消耗戦で秦軍を削り、10日~20日後に合従軍で一気に函谷関に攻め入る戦略を立てます。
合従軍が数で勝るだけの軍ではなく、全体で戦略を共有しその共通意識の下に動く軍隊となると、これは秦軍大ピンチです。

消耗戦が続く7日目、ずっと気になっていたこの人が動き出しました。
韓軍総大将・成恢。



明らかに異常のある風貌をした将軍は何者なのか。巻き添えとは何か。
この軍は毒を武装した“毒兵器部隊”。成恢は、当時まだ珍しかった毒兵器の研究開発に着手し、あらゆる毒の抽出・混合・実験を繰り返して独自の猛毒兵器を作り出したんです。
元は男子も色を覚える程の美男子だった成恢も、研究の過程で自らも毒に冒されこんな姿に変貌してしまった…

初めは、泥を顔に塗る民族でそれがひび割れているのかと本気で思っていましたが、「ドス黒い顔に血管が浮かんでいる」のだそうです。なるほど。

成恢の軍が函谷関を守る張唐将軍に放った弩(爆発する砲弾のような塊)が、将軍の真横を直撃。何やら怪しい煙を放ちますが、その場では誰にも変化が起きません。ところが翌日の夜、張唐将軍の顔には成恢のような血管が浮き出していてーーこれは完全に、何かに冒されています。張唐将軍に死亡フラグorz

消耗戦の終わり、つまり函谷関への総攻撃はいつか。

その日が近づいていることを察して、秦軍の将軍の眼光は益々鋭さを増していく、かつてない規模の戦いが始まる直前の、このヒリヒリ感がたまらない!!!
一方の合従軍は。

『明日の夜は函谷関の上で祝杯をあげましょう!』



言われるまでもなく、各国将軍は決戦が明日にも始まることを察し、全軍出撃の構え。
李牧の言葉には、明日必ず戦いに決着をつける、という明確な意志が感じられます。

そして、迎える運命の15日目。

李牧曰く、カギを握るのは楚軍、汗明・媧燐率いる12万の兵。それを迎え討つのは蒙武・騰連合軍。蒙武の作戦は、『俺の号令に従い全力で戦え』 という極めてシンプルな、というかただの特攻!?です。

整然と並ぶ秦軍兵士達に、蒙武将軍の檄が飛びます。

『俺が全中華最強の男 蒙武だ!!』



『最強の男が率いる軍勢も最強だ』
『この蒙武軍は無敵である!!』


この勢いに息子もびっくり。


勢いで蒙武軍が突っ込んでいくところで27巻終了。次巻、まずは蒙武軍の進撃に期待!

キングダムももう27巻ですが、1巻から全く変わらず、話の展開は早いし毎巻毎巻本当に魅せ場が多くて、原先生のストーリーテリングとパワーに心から感動です!


↓いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

あ、信とテンのキスシーン書き忘れた。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。