スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイキュー!! 1巻

  • 古舘 春一
  • 発売日 : 2012/06/04
  • 出版社/メーカー : 集英社

"頂の景色"おれ独りでは決して見ることのできない景色

ある日、通り過ぎようとした電器屋さんの前で聞いた「まさに"小さな巨人"!!」というアナウンサーの実況。不意に足を止めて見たテレビに映っていたのは、"春高バレー"で戦う隣町の烏野高校でした。少年は、長身の選手の中を飛び回り、次々得点を重ねる小柄な選手にくぎ付けになります。同じように小柄なその少年は、バレーのルールもよくわからないのに、その姿が目に焼きついて、こんな風になれたらカッコいいと憧れる…

そして、3年と3ヶ月後の市民体育館ーー



あの時の少年・日向翔陽が中学3年になり、初めての公式戦に挑む!

日向の入学した中学にはバレー部がなく、これが初めての試合。しかも、無理やり集めた弱小チーム(というよりそもそも部員がいない)なんですが、初戦で強豪・北川第一と対戦することに。

日向のチームが強豪に勝てるはずもなく初戦敗退してしまうんですが、この中学時代の経験が"仲間が欲しい。ひとつでも多く勝って、少しでも長くコートに立っていたい"という仲間と勝利への強い執着になっていく。さらに、王様の異名をとる北川第一のセッター・影山とこの試合で出会ったことが、日向のバレーボール人生に大きな影響を与えていきます。 そして、ついに憧れの烏野高校に入学した日向を待っていたのは、、、

『なんでいる!!』



なんと影山。県内一の強豪に落ちて烏野に来たんだとか。

ある意味似たもの同士であるがゆえに犬猿の仲の二人は、早速ケンカを始めてしまいます。そんな二人にキレるキャプテンの大地さん。

『互いがチームメイトだって自覚するまで部活には一切参加させない』

焦った二人は、チームを組んでちゃんと戦えることを証明するから試合をしてくれ!と頼みこみます。そして、日向、影山に2年生の田中を加えて、他の1年生と3対3の試合をすることに。

そして、二人がなんとか勝とうと躍起になる中で、影山の苦い過去が明かされることになります。
「コート上の王様」という異名は、実は彼の実力に対する評価だけでなく、自己チューの王様、の意味もあったんです。中学時代のあの大会の決勝戦、独りよがりなプレーに耐えかねたチームメイトが、影山を拒絶。トスを上げた先には誰もいなかった……。

クイックを仕掛けない影山に、対戦相手の1年・月島が言います。『あの決勝のせいでビビってるとか?』思い出したくない過去をほじくり返す発言に、影山はキレるでもなく、『…ああ そうだ。トスを上げた先に誰も居ないっつうのは 心底怖えよ』と。

ところがここには、どんなトスでもありがたくって仕方ないスパイカーがいるんです。

『中学のことなんか知らねえ!!おれにとってはどんなトスだってありがたぁ~いトスなんだ!!』

『おれはどこにだってとぶ!!どんな球だって打つ!!だから おれにトス、持って来い!!!』




ここからが勝負!日向によって影山のトラウマ越えが果たされ、影山の真の実力が発揮される!?ところで1巻終了。

すごくジャンプらしい作品!ジャンプの三原則、友情・努力・勝利がふんだんに盛り込まれていて王道感たっぷり。才能と勢いはあるけど経験がない主人公と、既にスーパールーキーとして名高いチームメイトのライバル関係は、スラムダンクを彷彿とさせます。
ただ、友情はともかく、努力して勝利するには才能やセンスがあることが前提なのだわ。と大人になってしまった自分はギクリとさせられちゃいました。影山なんてセンスの塊ですし、日向の跳躍力も、月島の身長も、です。

平凡ないち市民への賛歌である"もともと特別なオンリーワン☆"に惑わされずに、やっぱ、結局、ナンバーワン目指さないとダメっしょ。と世間が気づいて久しいですが、オンリーワン(=他者が認めるレベルの特別な何か)がなければ、どうせナンバーワンにもなれないよと言われているようで、世知辛いっス。
少年少女達よ、早く自分の才能に出会うべく、いろんな事に首を突っ込むべし。見つからなかったら、とりあえずEC◯ジュニアにでも入れてもらって英語の勉強だけはしておこう。中国語でもいい。君達が社会人になる頃、社内共通語は間違いなく英語で、上司は中国人かもしれない。その時、上司や一回り以上離れた先輩たち(つまり私です)を尻目に活躍できちゃうかも!?
いや、でも……。木暮くんスラムダンクのような100%努力な人の登場求ム!

↓今日もクリックありがとうございます!明日も書く力になります☆
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

高速回転スパイクが床にめり込んでボールが焦げて煙を上げる…ような超人技はいらないです。

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2012年10月14日 22:48:26

はいはねさん、またコメント下さって嬉しいです☆
ハイキューいいですよね♪ 日向のキャラが明るくて、読むとアガれるv-162ところが好きです。
影山、わかります。ストイックなところが素敵ですよね。
努力もする天才なんて、なんかもう別格ですねww
2巻と3巻もぼちぼちアップしたいと思います ^_^

- はいはね - 2012年10月14日 21:41:02

あぁーwww
ハイキューだぁーwww
日向可愛いwしかも動き早いしwwかわいいww

影山は王子とか言われてるけど影の努力がほんとすごいww
自分がうまいからっていっても絶対に手を抜かないところが好きですw

      ↑影山長くなってしまいました・・・↑

これからどういう感じに成長していくのかがすごく楽しみですww

それではw
コメント失礼しましたっ!!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。