スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオハライド 3巻


友達と同じ人を好きになっちゃったら どうすればいいの?

同じ人を好きになった双葉と悠里の友情の行方も気になりますが、ついに洸への気持ちを自覚した双葉にニヤけが止まらない3巻です!特に、恋により乙女化していく自分への、双葉の葛藤が最高w

洸が好き。と悠里に聞いてしまい、もしかして私も好きかも… と言い出せない双葉は、とりあえず、洸を何とも思ってないアピール。『全力出さない俺カッコよくね?みたいにスカしてっからねー』



もちろん、背後で聞いてるのは本人。。。
私はこういう双葉にラブですw

放課後、居残って学級委員のレポートを仕上げる双葉と洸。
小湊が昼間洸の背中に貼りつけた"ムッツリ♡"の称号を双葉がはがすんですが、えり足超かわいい、と萌える双葉に洸が一言。
『嗅ぐなよ?』
ちょいちょい洸の匂いを嗅いでいた事、バレてました。
『オリエンテーリングでおぶった時とかさ 宿のロビーで頭なすりつけてきた時とかさ』

『あとーー ドロケーの時な』



あの時、バレてたんだ…!!と赤くなる双葉。中1の時に、既に洸は気づいていたんですね~(「あの時」の感想はこちら)ちょいちょい出てくる中学時代の思い出に萌える!! 洸にドキッとする度に悠里の顔が浮かんでつらい双葉は、洸との帰り道、自分で賭けをします。
駅のホームで電車に乗り込む洸に「忘れものしちゃった!」と言い、
もしこのまま 洸が電車から降りなかったら 好きをやめる もし降りたら好きでいる
頭の中で、降りなかったらやめる 降りたらやめない…を繰り返す双葉。扉が閉まろうとするその時、

降りて……!!



顔を上げると、電車を降りて目の前に立つ洸の姿が。双葉は思います。
『「降りて」って願ったのがそのまま私の本心なんだ』
『悠里ごめん 私も 洸が好き』


好きと認めてから、わずか数秒の間に一気に女子になる双葉。
まず、ホームでペットボトルの間接キスに目がギラギラ。さらに、水で濡れた洸にタオルを貸そうとしたら、開いたカバンがグチャグチャで、自ら確立したガサツキャラを恥ずかしく思ったり。。。



このあと、双葉を覗きこんだ洸が双葉の匂いに反応。香水とかつけんだ?と聞かれて、何もつけてないと答える双葉に『あー… シャンプーか 何それ 萌えるな』と冗談を言うんですが、真に受けた双葉は洸が戸惑うほど赤面!香りが良さそうなシャンプーを買って帰る姿は完全なる乙女です。

しかも、その努力(?)が報われる。
後日、田中先生から逃げるために校舎の裏に隠れた洸と、何故かその場に居合わせた双葉。隠れるために超接近して、洸が気づくんです。『あ、シャンプー変えた?』

『洸に萌えて欲しくて』



なにこれッッ!かわいいッ!私が洸なら、この瞬間恋落ち確定。

双葉と洸のやりとりに悶絶して、肝心の双葉と悠里の関係をすっ飛ばしていました…

悠里に一刻も早く言わなきゃと思っていた矢先、中学時代の友達と偶然会った双葉は、その子が急に双葉への態度を変えた理由を知る事になるんですが… 原因は、双葉がその子と同じ人を好きになったという勘違いだったんですね。
それを聞いて、やっぱり悠里に話すのが怖いと思うのですが、でも、洸への気持ちをごまかせない以上、言うしかないと心に決めます。

しかし、言えないまま数日経過…。今日こそ悠里に絶対絶対ちゃんと言う!!と決意する双葉。決意が揺るがないように 何があっても今日言わなきゃ丸刈りにする 決めた と超強引に自分を追い込みます。
放課後、ミスドに集う三人(流れで修子も一緒)。そこで、意を決して告げる双葉。

『あの… 実は私… 私も洸の事好き …なんだ』

好きな人かぶってごめん、と謝る双葉に、

『双葉ちゃんもかーー!!やっぱ馬渕くんかっこいーもんねー』

と無邪気に返す悠里。悠里なりに無理をして、双葉を傷つけないように、こういう反応をしたんです。こっそりトイレで泣いて、なんでもないフリして戻る姿に、泣けたッッ!!友情って熱い。

ここで修子もカミングアウト。『…私ーー 田中先生が… 好き…っ』 三人とも、お互いに誠実であろうとする姿が清いっス。そして、田中兄弟モテすぎ。

そんなガールズトークを終えて帰宅する途中、駅前でネコとじゃれる洸を見かける双葉。連れて帰れば?と聞くと『大事な物とか作っちゃうと 色々しんどくなるからなー』 と答えて、フラフラと出かけていく洸。

不安になった双葉がこっそり尾行すると、若者たちがたむろする場所に洸の姿が。双葉は、思わず出て行って洸に話しかけちゃうんですが、隣にいた洸の知り合いが、カオ好みだし乳ありそう、という理由で双葉をナンパしようとします。
マジ引く、と言って双葉を連れて帰る洸。途中で別れようとしても、どこまでも無防備に自分についてくる双葉に、

『男は何とも思ってない女だって襲えんだよ』



と双葉を脅す洸。
馬乗り状態&寸止めチューがエロい!そして、怖さ+びっくり<ドキドキの双葉は正直者です。

双葉だけではなく、他・三人もそれぞれの理由で洸を気にかけていて、ある日、四人は勉強会と称して洸の家に押しかけます。
そこで、悠里と洸の様子がおかしくなって…何があったのか、双葉が不安に思うところで4巻終了。

双葉×洸も、双葉×悠里も盛りだくさんで、勢い衰えませんね~☆
お互い好意があるっぽいんだけど、まだ様子見状態で、牽制球を投げ合うようなやりとりって、いいですよね。キュンキュンさせられっぱなし!で、感想も長い(汗)
今後、どっちがどんな直球を投げるのか、楽しみすぎます♪

今巻は、最後に修子と田中先生の出会いを収録♪

中3の時にハブられて以来、周囲に対して無気力な修子。
初めは田中先生の事もたかだか二十代の新米教師とバカにしていたんですが、そんな修子に正面から向き合う姿にちょっと心動かされちゃうんです。
進路面談中、じーっとホクロを見つめる修子に、田中先生が特別なものを見せてくれるんですが、



勘違いを与える行動を取る、無邪気な新米教師。(本当は、二重の溝のホクロをみせたかっただけ)
修子は、計算か…?と疑うんですが、これ見せたの村尾が初めてだと言われて、恋落ち確定。そして、進路も確定。



このままだと、修子は双葉の義姉になるのか。。。


↓これをクリックして頂けるととっても励みになります☆
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

確かに、8話扉絵の双葉の乳はデカめです
関連記事

この記事へのコメント

ゲボ犬さんへ - コミックボブ - 2014年02月15日 18:13:18

ゲボ犬さん、こんにちは!
いやあ、3巻やばいですね!!!!久しぶりに読んで卒倒しそうになりました。

> 馬乗りの洸くんに、もうドッキドキです(*^。^*)

そうそう、そんな事もありました(>_<)♡
この頃に比べると、洸丸くなったなあ…。

> 咲坂先生って、こういうの生み出す天才ですよねっ(*^_^*)

咲坂先生は天才です。稀代のキュンメーカーだと信じて疑わないです!!

> 田中先生、あれは罪だーっ!!

本当、教師という聖職にありながら、あの行為は重罪ですよねw
でも、いいッッ無罪ッッ(>_<)♡

> 洸くんの目の下にあるしわ(?)がたまらなく好きなゲボ犬です(#^.^#)

マニアックですねww
でも、そういうマイ萌えポイントがあるかないかで楽しみの度合いが変わると思いますので、素敵です☆

- ゲボ犬 - 2014年02月03日 10:58:50

3巻、きゅんきゅんッな巻ですよね(●^o^●)
馬乗りの洸くんに、もうドッキドキです(*^。^*)

洸くんのこと好きになるのをやめるかやめないかの双葉の賭けのシーンも、緊迫感あってすごくドキドキしました!
咲坂先生って、こういうの生み出す天才ですよねっ(*^_^*)

田中先生、あれは罪だーっ!!

洸くんの目の下にあるしわ(?)がたまらなく好きなゲボ犬です(#^.^#)

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。