スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも世界は美しい 1巻

それでも世界は美しい 1 (花とゆめCOMICS)
それでも世界は美しい 1 (花とゆめCOMICS)

雨を降らせる能力を持つ「雨の公国」の第四王女・ニケ。彼女は嫌々ながらも国のため、世界を征服した「晴れの大国」の太陽王・リヴィウス一世に嫁ぐことに!しかも出会った相手は、なんとまだ子供で…!?
光と雨のディスティニーロマンス第1巻!!(背表紙解説)


書店でオススメされていたので、購入してみました。
王様と姫ものです。やや既視感のある設定ですが、ファンタジーは好きなので期待とともに読んでいこうと思います!

物語の舞台となるのは、世界を制した太陽照らす「晴れの大国」。ある日、太陽に飽きた太陽王が、雨を降らす能力を持つ「アメフラシの姫君」を望み、王家の人間が雨を呼ぶ「雨の公国」からひとりの姫が、太陽王国の王に嫁ぐことになります。
ジャンケンにより選ばれたのは四女のニケ王女。この王女、気が強くて活発ないわゆるおてんばな姫です。

悪名高い太陽王、どんな因業じじいかと不安と覚悟を持ちつつ、初めて太陽王と対面したニケはーー



予想外の王様の姿にびっくり。
良かったですね~ 本当に因業じじいだったらお話が続きません。

太陽王は早速、ニケの力で雨を降らせよと命じます。

『余は少々太陽には飽きたのだ。降らせよ 姫。余は 雨を所望す』

自分より幼いその王の、冷ややかな眼を見てニケは言います。

『地上の次は天空も支配したい そんなとこか?』
『この世はなーー お前のオモチャじゃないんだっ クソガキャッ』


無礼を働いたニケは牢(?)に幽閉されてしまいます。
そこで衛兵から、王の評判を知ることとなります。王としての優れた手腕、そして、あの冷たい眼の理由であろう王の過去についても。
牢を抜け出したニケは、再び王に言います。

『アメフラシは手品じゃねぇんだっ』 雨を降らせるには、それを求める人間の想いと術者(ニケ)の想いが呼応すること、術者に「とりまく世界の美しさ」を実感させることが必要だと。

翌日から王はニケに美しさを実感させるために、贅沢なものを与えるのですが、それは、ニケが言いたかった「美しさ」とは違う。花や星の美しさを感じることのない王に、ニケは心の渇きを見ます。そして次第に、そんな王が気になり、喜ばすのも悪くないかと思い始める。

これをニケ姫の雨がどう潤していくのかが、読みどころになるのかな~
続けます。

二人の気持ちが少しずつ変化し始めた矢先、王の暗殺未遂事件が。王を庇ったニケは矢傷を負います。
国内は緊迫化し、ニケは国に返されることに。
納得のいかないニケ。あんなに危険な目にあっているんだから、助けを求めてくればいいのに、こんな風に追い出すなんてーーと、国に帰る車中、臣下のニールに不満をぶちまけます。
ニールは言います。

『わかりませんか?この行動の意味。陛下は あなたをお守りしたかったんですよ』

その頃、城では火災が。
敵対派閥による放火で執務室は火の海となり、火がまわるのも時間の問題。王に逃げ道はなく、、

その時、街中から、何かが聞こえてくる。
歌? 誰が? なんて声。 空気が震えて…
民衆が声の先を見ると、建物の屋根にニケの姿が。

滴が落ちて、見上げる空から雨が降る。
そして、炎が消え、空に虹がかかる。



この雨を境に、二人の関係は一歩前進。
どちらも素直じゃなくて、なんだかんだ言いながらも、心を通わせていく展開。いーですね~ 鉄板ストーリーです!

その後、ニケの披露パーティーを前に一悶着あったり、ここらで、ライバルでも現れたらいいのにという読者の期待に応えて(?)めちゃくちゃ可愛い恋のライバルが現れたり、、、結構読みごたえがあります。

このマンガの見せ場は、ニケが雨を呼ぶシーン。
どの場面も美しく、時に優しく、とても素敵に描かれていて心が洗われます。読後が爽快!

年下のくせにSっ気たっぷりでニケを転がすリヴィウスもいいですが、転がされていちいち赤くなるニケがかわいいです。
活発すぎて山猿呼ばわりされるニケですが、実は美人でしかもナイスバディという設定が個人的にツボです。

話の展開が早くて、いつのまにやらしっかり両想いの二人です。この後はどう展開するんでしょうね?
今はまだニケより背の低いリビですが、本人も言うように、近い将来ニケより大きくなるのは間違いないので、それまでしっかり見守りたいと思いまーす。

よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログへ

アメフラシって軟体動物いますよね。
関連記事

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。