スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストゲーム 2巻

ラストゲーム 2 天乃忍 (花とゆめCOMICS)
ラストゲーム 2 天乃忍 (花とゆめCOMICS)

ラストゲームの2巻です!この巻はとにかく柳に笑い、柳に萌えます!九条に振り回されて青くなったり赤くなったり白くなったり… そんな報われないキャラに見え隠れするプリンス感がたまらないです。

柳の喜怒哀楽満載の2巻、早速中身を見て行きましょう。

1巻のラスト(詳しくはこちら)で、九条は柳を好きなんじゃ?と思えるような発言があり、期待の高まる柳でしたが、『これからもよろしくね その …とっ友達して』と九条から友達宣言。
友達のいない九条としては、柳=いつもそばにいてくれる大事な人=友達 なんです。良い意味で。でも、もちろん柳は大ショック。

その上、九条が天文サークルに入ったと知り、自分が誘ったテニスサークルは無下に断ったのに… と自らの存在価値を見失い、暴言と暴走。



のっけから、痛々しくてみていられません。 九条は天文サークルの歓迎会に参加。平然とお酒をあおっていたのですが、急に酔いがまわり、飲みながら夢の中へ。
そこへ、まんまと藤本さんの策略にハマり、駆けつけた柳現る。

『ーーオレが運ぶんで』



と言ってお姫様だっこ。ちょっと… いや、かなりかっこいい。
そうだった。柳はただのヘタれじゃなくて、本当は王子なんだった。
その時柳は、藤本さんから九条の入部理由を聞きます。『柳くんに釣りあうような人になりたいって そのためにもっと世界を広げたいからって』。なにこの胸キュンな理由。なんだか、良い風吹いてます!

結局、柳も天文サークルへ入部。
仲良くサークル活動かと夢膨らませる中、恋のライバルが出現します。



柳は衝撃で白目ですよ。かわいそうに…

ところがこの人(相馬)、王子・柳への嫉妬から九条に言い寄っていたことが判明します。九条を奪えば柳が傷つくだろうという、セコい理由で近づいてきたんですね。

それを聞いた九条は、

『ーー確かに柳は偉そうだけど 人を見下すような人間じゃないし
それに 柳が今持ってるものには 柳が自分で手に入れたものだって沢山ある』


よかった、柳(涙)
良いことはさらに続き、裏があるから気をつけろ、という柳の助言(というかただの嫉妬)をはねつけてしまった九条は、お詫びに『何でもする』と言うんです。
ミスターパーフェクトのアホづらが涙を誘います。



柳の頼みごとは、『…名前。下の名前で呼んで』。…慎ましいのか、ヘタれなのか際どい線です。

そしてこの反応!



実は九条は柳の下の名前を知らなかったんですが、そんなことにはもうめげない柳くんです。度重なる雑な扱いに免疫ができてきました。

学生のイベントといえば、外せないのは学園祭です。

九条は喫茶店でメイドに変身。



柳曰く「詐欺レベル」の仕上がりに、九条目当てのお客さんが寄ってくる寄ってくる!
そんな状態に、ちょっと息苦しさを感じていた九条。柳の『ーー九条はいつもの方がいいんじゃない』の言葉に『…私 柳といる時が なんだか一番ほっとするみたい』って言うんです。

九条のパターンを学んだようでいて案外懲りてない柳は、この発言にまた期待で胸膨らませちゃうんですけど、当然の肩透かし。

でも。大きな進展はないものの、明らかに九条の反応が以前とは違う!!かわいいんです!!恐くないんです!!

サークルに入った九条は、人付き合いを頑張りたいと思い努力はするんですが、思うように上手くいきません。

サークルにバイトに家事に頑張りすぎた九条。体調を崩して倒れそうなところへーー



王子様アゲイン!!
九条の具合が悪いこと、柳は見抜いていたんです。『どー考えても寝不足だ ばぁか全盛期のキムタクを彷彿とさせる必殺技・好きな女子に"ばーか"も今なら似合います。

九条は『なんだか柳と沢山差がついてる気がして 早く埋めたかったんだもの』…って、もう完全に好きじゃん!!!

そのまま、柳の肩で寝る九条。



そんな九条の様子にだんだん柳も増長して、…オレのこと相当好きなんじゃね?と調子に乗るわけです。
そんなめでたい妄想をしながら角を曲がった柳は、出会い頭に九条に激突…… して、柳の頬と九条の唇が接触!



柳くんまた黒目消えかけてますね。
平然と去っていった九条を見送って2巻終了!

顔も頭もスポーツもお金もなんて、どこかの国のロイヤルファミリーでしかあり得ないような、パーフェクトな条件を持ちながら、それを活かしきれず、時にかなぐり捨てて我が道を行ってしまう柳。素敵です。

同時に、女性読者に潜む"素の私を好きになって!"願望に今のところ完全に応えてくれています。なんせ、サッチャー首相以来の「鉄の女」の異名をもつ九条を好きな王子ですから。。

男は「黒髪で色白で恥じらいがあるけど水着はビキニな女子」=男性の想像かグラビア雑誌にしか存在しない空想の生物(ただし、一部の男性はそれは実在すると信じている)が大好き。という分かりきった現実を改めてAKBが白日の下に晒してしてしまい、黒髪ストレートに白いビキニなんて女いねーよ!とつっこんでしまう地に足のついた女子が生きづらい世の中。
王子が変わり者女子(つまり、私のことですが。)に恋するなんて少女マンガならではのミラクルを、柳くんは差し出してくれます。このマンガも、乙女の夢を叶える系ですね。

次巻では、サークルの合宿が♫
そして、3巻は新春予定だそうです。新春て1月!?それとももっと先??発売サイクル長っ!

気に入って頂けたら1クリックお願いします☆
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

柳・九条の構図は花男の道明寺・つくしに類似。
関連記事

この記事へのコメント

森っチーさんへ - コミックボブ(管理人) - 2015年05月05日 01:24:22

森っチーさん、コメントありがとうございます!
学園祭の柳の言葉、よかったですよね(>_<)
王子が報われることを祈るばかりですが・・・。

ゲボ犬さんへ - コミックボブ(管理人) - 2015年05月05日 01:19:36

ゲボ犬さん、コメントありがとうございます☆

> そうですね!もはや柳くんへの気持ちはホント尊敬に値します♡

柳くん、けなげすぎてもう・・・・(>_<)
でも、現実にはこんなことないのでしょうけどw

> ボブさん!私も大柄ですヨ!165センチあります(^_^;)

なんと!この位の身長って、MかLか着丈が微妙ですよね!w

> 中学時代からデカかった私は小さい華奢な女子にコンプレックス抱きまくりでした((+_+))
> 今でもずっと憧れますけどね…ないものねだりっす(・_;)

分かります。人間どこまでもないものねだりですもの。。。
私は中学の頃はどちからと言えば低くて、中学後半~高校で伸びました。男か!
小さくて華奢って、永遠の憧れ・・・・。骨格からして、

> そしてその主人公の小っちゃい女子が、クルクルとよく笑って泣いてドジで、そしてみんなに愛されて、決して美人ではないのに学年1のモテ男子とくっつく!という設定です(^_^;)

うわっ!何一つ共感できない!苛立ちしかありませんw
最近だとストロボエッジがかなり近い気がします!(もちろん、主人公が嫌いなボブですw)

- 森っチー - 2014年03月17日 20:22:37

やっぱり、学園祭の柳の言葉が良かったし予約の指輪などなど・・・・・王子です柳は完ぺきに美琴辞典にあるもの無いものがあるからね

- ゲボ犬 - 2014年03月17日 09:36:33

ボブさん(^O^)/おはようございます!
娘がインフルエンザにかかっておりまして(;_:)なかなかブログ開けられずにいました…(T_T)

そうですね!もはや柳くんへの気持ちはホント尊敬に値します♡
完璧な人ですもんね(*^。^*) 好き♡

九条さん、そうですか!変化ありましたか…
じゃあ柳くんも少しは救われてるんですね(;_:)よかったホントに(;_:)
続き買ってみようかな…(#^.^#)

ボブさん!私も大柄ですヨ!165センチあります(^_^;)
最近の恋愛マンガの主人公は小っちゃい女の子の設定、かなり減りましたよね、
カップルになる男子との身長差、見た感じ10~15センチくらいですか…

昔はイヤでしたよー(>_<)
主人公がかなり小っちゃくて華奢な女の子ばかりで、大体男子との身長差30センチとかの設定の作品が主流でしたもの…
中学時代からデカかった私は小さい華奢な女子にコンプレックス抱きまくりでした((+_+))
今でもずっと憧れますけどね…ないものねだりっす(・_;)
そしてその主人公の小っちゃい女子が、クルクルとよく笑って泣いてドジで、そしてみんなに愛されて、決して美人ではないのに学年1のモテ男子とくっつく!という設定です(^_^;)

ん?原点はキャンディキャンディでしょうか…?

ゲボ犬さんへ - コミックボブ - 2014年03月08日 13:06:35

ゲボ犬さん、こんにちは☆

柳くん………。
彼を思うと私はとてもやるせない気持ちになります。
生まれ持つスペックにおいて完全無比の彼。
加えて努力もできる彼。
意外にも器の大きな彼。
実は人を見る目もある彼。
将来は優秀なビジネスリーダーになるであろう彼。
にもかかわらず、私のような一般人にクスッとされてしまう彼。。。

私もそんな柳が大好きで、もはや尊敬しています!(笑)

ゲボ犬さんの仰る体型でいくと、私はどちらかといえばがっちりしていて欲しいです。
華奢な方は時々自分より体重軽い事もあって衝撃です。。
ゲボ犬さんは小柄な方でしょうか?
華奢男子に負けない小柄女子が羨ましいです!!

九条さんも最近態度に変化が見られます(^_−)−☆
どうか過去に対する溜飲を下げて頂きw、応援してあげて下さい!

- ゲボ犬 - 2014年02月26日 09:03:38

ボブさーん(*^_^*)久々にラストゲーム、ボブさんのブログで読ませていただきました!

もう柳くんが大好きです!
カッコいい、良すぎるよっ!!頭よし、家柄よし、そしてあのルックス♡
タイプ!もろタイプ!!
すべてを兼ね備えててやる時はやってくれるし、もうこんな人が実在したら絶対に虜です♡♡
ガチッとした体格のいい男子、あまりタイプじゃないんですよね…猛男とかね…(ガッチリしすぎ?)
柳くんのあの線の細さがほんとツボ!好きだーーっ♡
だから彼が翻弄されてるのが不憫で辛くて耐えられないんです…(;_:)もう九条さんに腹立って殺意さえ覚える私は入り込み過ぎか…?
そんなわけで2巻までしか読めなくて…

天乃先生の絵が大好きでずっと眺めていたいです…(#^.^#)

うんうん♪定番は最強っす!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。