スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひるなかの流星 8巻

ひるなかの流星 8 (マーガレットコミックス)
ひるなかの流星 8 (マーガレットコミックス)

「次の恋」

い、い、いつの間にこうなった!!!!???私の大好きな馬村に追い風が吹いてるじゃないか!!!やっばい久々にひるなかでキュンとした////////////!!!!!!どーしようこの気持ち!!!感想書きます!!!発散します!!!

7巻読んだはずなのに、本棚にもあるのに、すずめが獅子尾にフラれてしまった記憶が全然ない。おかしいな…。山場だったのに忘れてるなんて、どんだけ気持ち入ってなかったんだ。さいあくだ…orz そういえば、ひるなかの感想をUPするのは初めてです。1巻の感想が書きかけのままでUPできずにいたら、こんなに進んでしまって…。

積極的にUPしなかったのは、どーしても獅子尾が好きになれず、、ヒロインすずめもそんなに好きになれず、、、。メインの2人に興味が持てないと厳しいものがありますよね。物語の大半がどーでもよくなっちゃいますからね。馬村とゆゆかちゃんが好きで細々買い続けてきたら、ここへきて爆発(←私が)の予感!嫌いだった獅子尾せんせーもやっと好きになれたよ!やったぜ!!!!そんなわけで、感想です! 7巻で獅子尾に「好きじゃなかった ごめん」と振られたすずめ。すずめの様子から、原因が先生であることを察した馬村。

『お前 あいつに何した?』

馬村くん、冒頭から獅子尾先生に詰め寄ります。表情に乏しい端正な顔に静かに滲む怒り。いつも物静かな人が見せる激昂って、なんでこんなにかっこいいのですか。誰かおせーて。しょっぱなからときめきが止まらないぜ。
冒頭の問いに対して「どーでもいいだろ」と流す獅子尾にキレる馬村。ああ、ホントちゅんちゅんの事好きなんだなー、なんて改めて思ってしまう。そんな馬村に獅子尾は。

『ちゅんちゅんを傷つけた』
『大切すぎてどうすればいいかわからないなんて 初めてなんだ』


ここで、教室でカーテンを開けたあのシーンが差し込まれるのです。教室のカーテンの裏に隠れたすずめと目が会ったあの名シーン。そこから、この気持ちが始まってしまったのだと。そしてそれは、

多分一生モノのキズ もう治らない

と思う程の “重症” だった。。。うぅ…なんだよ。重いな。。心臓が痛い。先生にとってのすずめの存在を、この言葉を読んで実感させられてしまった。一生モノのキズ…かあ。。失恋て、思った以上に次の恋で上書きできてしまう時と、自分でも驚く程傷跡になってしまう時がありますよねぇ…。

そんなセンチメンタリズム全開の先生に対して馬村は、そんなのあんたの勝手だろ!とバッサリ。そのとーりです すんません…としか言えないような言葉を残して去っていきます。無慈悲だw ひとり残った獅子尾先生。



へこんでます。。。かける言葉もありません。。。
切なさMAXのシーンで言う事じゃない気もするのですが、この「ダっセえー…」に対して、私は本当に複雑な気持ちになりました。というのも私が獅子尾先生を好きではなかった理由がこの「ダサい」にあるからなんです。獅子尾ファンのみなさま、すんません!今から言いたい放題いたします、このアンニュイな空気壊しますすんません!

物語初期のすずめに対する態度が、ステレオタイプの “大人の男” な獅子尾先生を見て、なんでお前そんな上からなんだよ!と毎度憤っておりました。「あ。なに?もしかして君も俺の事好きになっちゃった?」とか言いそうな。(いや別にそんな事言ってなかったけど)「困るんだよね。俺そんな気ないし。」みたいな。(いや、こんな風には言ってなry)常に斜め45度から相手を見下げるような態度。はあ?ですよ。かわいい女子高生に好かれてるんだから、健康な男ならちょっとはデレデレしろや!それが礼儀ってもんだろ!スカしてんじゃねーぞ!といつも思っていました。

若い子に興味ない人も、恋愛どーでもいい人もいるのは分かるんです。でもね、そこはあえてキャピ☆って反応しておくのが大人の男のマナーってもんじゃないの?いやー女子高生にモテちゃってすいませんテヘ☆くらいの方が、むしろ余裕があってかっこいいと思うのです。なので、獅子尾先生のこのスカした(ように私には見える)反応ってなんか…むしろダサくね?って1巻で思ってしまったので、獅子尾にキュンとできなかった私です。

ところがだ。そんな昨日までの私とはアディオス!!!この馬村への一連の告白シーンはもうッッprprprpr(涙)めっちゃよかったよおおおおおおお!!!なんて正直で素直な告白。お陰様で単純な私はすっかり獅子尾ラブだよラブ!!!「ダっセえー」じゃないよ!!!ここへ来てやっとかっこいいって!!!だから落ち込むな!!!

一方のすずめは、学校を休み東京を離れて実家へ逃走。母親に対して『どうすればいいかわからないんだ』とその胸の内を打ち明けます。



でも、「飛び出してきた割には荷物が少ないね」と。自分の居場所は東京だってホントは分かってるなんじゃないの?と母。お母様スルドイ。

そんな傷心のすずめのもとへ来客。



キターーーーーーーーーーーー!!!!!!馬村!!!!!馬村だけじゃないよ、友達全員集合だよ!!友情泣かせるね~♪ 失恋してたった3日休んだだけで、自分を好きなイケメン男子がわざわざ実家まで迎えに来てくれるなんて、すさまじく幸福ですよね。このありそうで絶対にない夢のシチュエーションを味わえるのが少女漫画の醍醐味ですね。超・超・超羨ましいわ~~~~!!!!

さて。夜繰り広げられたガールズトーク。すずめが実家に帰ってきた理由を話すんです。失恋して全部イヤになって実家に逃げてきたんだと…。そんなつまらない理由でごめん、と謝るすずめに対するガールズの反応が素敵でした。「自分が傷ついた理由をつまんないことなんて強がらなくていい」。・・・うぅ(涙)それを聞いたすずめは感情が決壊。

つらかったの



張りつめていた糸が切れて思わず涙。ここのモノローグがまた泣かせる。先生とのあれこれ。「ちゅんちゅんと呼ぶ低い声」「ごつくてうすい手」「コーヒーとタバコの匂い」etc・・・・・・。それは、手に入れかけたすべて。わーーーーもうやめて~~~~つ ら い!!!!!

救いは馬村です。すずめの田舎まで「無理やり連れて来られた」割には、すごい勢いでやってきて、実は誰よりも心配そうだった馬村。寝起きのかわいい馬村w 彼がいるからすずめは大丈夫。ここから、馬村無双ですよ。

さて、すずめが東京に帰ると、友達ズが合コンをセッティングしてくれる。まあ、大方の予想通りその場は不毛な感じで終了してしまうのですがw、その帰り道で馬村に会うんです。合コン帰りと聞いて心中穏やかではない馬村くん。ああ、かわいい。大丈夫、あんたのすずめはどこからどう見ても合コン適性なさそうだよ。

そこでだな、リップクリームの蓋が固くて抜けないというちょっとしたアクシデントが起きるんです。そして、抜けた拍子に勢いあまった自分の手が自分の顔にぶち当たる…というありがちな現象により、すずめ、唇を負傷。その傷を覗き込む馬村。



ご、ごふぁっっ!あ、すみません口から大量の赤い液体が…。ち、近いって!これがあの赤面王子の行動だなんて信じられない!そして、大接近したすずめの心の声。

馬村って せっけんのにおいがするんだ

ほんぎゃーーーーーーー!!!!!!!ゴロンゴロンゴロンゴロン なにこれえええええ!!!!なんかエロいぞ!!!匂いフェチにはたまらない!!!!ああ、なんだか何かに感謝したい!ありがとうございますありがとうございます!

別れ際に、馬村くん。自分の誕生日の食事会に来ないかと誘います。築地で寿司というテンション上がるご予定に、参加を決めるすずめ。

その築地でのあれこれがまた!!!私のイチオシはこのシーン。



築地はいつも混んでますよね。はぐれないようにコートつかんでろ。って、一生放しませんッッ!!!!

馬村父&弟との食事が終わった別れ際。馬村がすずめの携帯を取り上げたと思ったら、自分の携帯番号を登録。すずめが家に着くと馬村から電話が来る。番号登録したんだもん。絶対来ると思ったよね~♪ やはりか。そしてこの電話で、馬村が静かに攻める。

『お前のこと、興味ねーとか思ってねーよ』



馬村が席を外した隙の、「馬村は私に興味ないと思います」という、お寿司屋さんでの馬村父とすずめの会話。聞こえていたんですね。何度も言うけども、今巻の馬村は神。

電話を切った後、すずめの頭に浮かぶのは、合コンに誘われた時の友達の言葉。



次の恋

そう。失恋には次の恋!!!!いい男っぷりを炸裂させた馬村に、ついにすずめの心が揺れ始めた!ところで8巻終了。

獅子尾を見直した8巻でしたが、やっぱり馬村が素敵なんだ!好みなんだ!今巻は全コマかっこよかった!!!prprpr この馬村の “鳴くまで待とうホトトギス” 的勝利を、心から、心から祝福いたしますッッッ(感涙)いやまだ付き合ったわけでもないけど。獅子尾一筋のすずめが部屋でひとり赤面だよ?これはもう、思わず勝利と呼びたいくらいの前進だよね!

でも、やっぱり馬村は当て馬ポジション…なんでしょうか?馬村とのハッピーエンドで、私は一向に構わない(キッパリ むしろそれを望む。しかし少女漫画の基本的展開では、最後に獅子尾がすずめの気持ちを根こそぎかっさらっていくのだろうよ。仕方ないかもしれないけれど、そんな事になったら一回持ち上げられただけに馬村派には大ダメージだな。とりあえず、過去巻の記憶が薄すぎるのでもう一回ちゃんと読むぞ!

----

馬村父のダンディさが異常。

この記事へのコメント

むぎまめさんへ - コミックボブ(管理人) - 2015年05月05日 12:51:35

むぎまめさん、通りすがりコメントありがとうございます!m(_ _)m

> 一巻しか読んでないのに、ブログを拝見しながら断然馬村派になりました。…まぁちょっと先生肩入れづらいですよね、設定^ ^:

しづらいです、しづらいです。クライマックス近くなっても肩入れできませんでしたw
馬村は、これ、女子の大好物ですよね?っていうくらい、グングン成長してきて、最近の彼は眩しくて直視できません。

> いやそんなことより、通りすがりに本当に楽しませていただきました。
> 元気になる文章をありがとうございました!

こちらこそです~~(>_<)
通りすがりなのに、コメント本当にありがとうございました!

感想上手! - むぎまめ - 2014年04月11日 00:42:05

失礼します。通りすがりです。
この漫画が一巻だけ無料配信されていて、続きを買うまではしなくていいけどその後の展開だけ知りたいな〜、というか、うっすら見えつつも結局どっちとかだけ!と、ネタバレをいろいろ探してウロウロしていました。

漫画読むより面白いんじゃないか?くらい、表現力豊かでいらっしゃって!すっごく面白かったです。思わず書きこませてもらいました。
はぁ、面白かった…。

一巻しか読んでないのに、ブログを拝見しながら断然馬村派になりました。…まぁちょっと先生肩入れづらいですよね、設定^ ^:

いやそんなことより、通りすがりに本当に楽しませていただきました。
元気になる文章をありがとうございました!

2014年01月28日 22:53:12のコメントへのお返事 - コミックボブ - 2014年02月15日 17:49:45

はじめまして!コメントありがとうございます(^_^)

> ところどころのコメントが本当にツボで見ていてとても楽しいです♡

わ~ありがとうございます(>_<)♡
リクエストまで頂き恐縮です!
実は1巻の感想をほぼ書き上げていたのですが、どうしても獅子尾先生が好きじゃない!と思ってしまい、主人公にも興味がわかず、その時は馬村もそこまで活躍していなかった事もあり、UPしなかったんです…。
そのような理由で感想もネガティブばかりになってしまいそうなので、お気を悪くされる方も多いかもしれず、過去巻のUPは難しいかも…と思うのですが、続きは是非書きたいと思いますのでよろしくお願いいたします!m(__)m

- - 2014年01月28日 22:53:12

初コメです!いつも楽しく読ませてもらってます(^o^)/
ところどころのコメントが本当にツボで見ていてとても楽しいです♡もしよかったらこの漫画1巻からネタバレしていただけないでしょうか!?前から気になっていた漫画だったのですごく気になります!!ぜひよろしくお願いします。
あと、これからもブログ更新楽しみにしています!

ゲボ犬さんへ - コミックボブ - 2014年01月14日 22:31:26

ゲボ犬さん、どうもです!

> 私も獅子尾先生、あまり好きじゃないです…だってどこか魅力的なとこありますかね?
> (爆弾発言?!獅子尾ファンすみません…)
> それなら断然!馬村くんの方が魅力的です、超超キュートです!

全力で同意します!!!
ここで感想を書くまで、みんな獅子尾先生にキュンとしているんだろうな~と思い込んでいたので、そうでもない(?)事を知り、本当にびっくりしました(@_@)
しかも、↓って!
> ちゅんちゅんも主人公ながら私もいまいち好きになり切れず…
さらにびっくりです!主人公達が好かれないって事もあるんですね~。

> 今巻は、馬村祭りでしたね(^O^)/ホクホク

盛大な祭りでしたね。熱狂冷めやらず!

> 結局は獅子尾先生とくっつくんでしょうか…馬村くんかわいそうだ…(;_:)
> しょせん当て馬なのか…orz

そうなんですよね!そこが、ああ~↓ですよね。つらいです(:_;)
「360°マテリアル」情報ありがとうございます!
同じく、まだ結論が決まっていない事を願います(>_<)
もしどうしても獅子尾に着地するのであれば、アンチ派も納得の獅子尾の魅せ場を作って欲しいです。

寒波…本当に毎日寒くて朝がつらいですよね…。
ゲボ犬さんも体調にはお気をつけ下さい!

間違いました(>_<) - ゲボ犬 - 2014年01月10日 11:41:46

ごめんなさい!
馬村ファン、まことさんじゃなくていくこさんでした!
失礼をいたしました(>_<)

- ゲボ犬 - 2014年01月10日 11:27:53

いやあ、嬉しいです(;_:)
冬休み、家族がパソコン使いまくりでなかなか使えなくて、今日やっと開いたら、
ボブさん更新されてて、しかもひるなかも感想書いてくれて…(>_<)
ありがとうございます!!
またまた楽しみが増えました(#^.^#)

そして、その内容も、非常に嬉しかった!
馬村派、私の他にもいるだろうなって思ってたけど、きゃーん♡ボブさんもだったんですね!
そしてまことさんも…♡
私も獅子尾先生、あまり好きじゃないです…だってどこか魅力的なとこありますかね?
(爆弾発言?!獅子尾ファンすみません…)
それなら断然!馬村くんの方が魅力的です、超超キュートです!
照れた顔サイコーっす♡

そうなんですよ(^_^;)
ちゅんちゅんも主人公ながら私もいまいち好きになり切れず…
私もゆゆかちゃんが好きです!
ボブさんと同じで嬉しびっくりでした!
私がこのコミックを集めているのは殆ど馬村くんがいるからです(*^_^*)
それだけ彼は魅力的なキャラだと、私は思います。

今巻は、馬村祭りでしたね(^O^)/ホクホク
馬村くんが高校生ながら、大人の獅子尾先生に肩を並べようと必死に食らいつくところに、
以前からきゅんきゅんきておりました。
ボブさんおっしゃるように今巻は獅子尾先生も
「本当、ダっセぇ」の後ろ姿はちょっと、きゅんってきたかな…
でも何より、馬村くんの覗き込みのどアップに、ズギュン!です(#^.^#)

結局は獅子尾先生とくっつくんでしょうか…馬村くんかわいそうだ…(;_:)
しょせん当て馬なのか…orz
でも、「360°マテリアル」では南先生、丸井くんの人気が高すぎて、滝くんと二人どちらとくっつけようか最後まで迷った、みたいなこと書いてらっしゃいましたよね?
それならまだ馬村くんにも望みはある?!
どうか馬村くんに幸せが訪れますように…そうしたらダンディーな馬村父も安泰!
切に、切に願います!

ボブさんの感想楽しく読ませてもらいました(*^^)v
すごく読み応えありました!
8巻読んだ時も涙しましたが、ボブさんの記事読んでまたまた泣きました…
よかったです(;_;)
9巻も楽しみにしております!

今日から強烈な寒波が日本列島にやってきております、
お風邪引かれませんように…(*^_^*)
ではではまたコメント送ります(●^o^●)



いくこさんへ - コミックボブ - 2014年01月06日 22:20:15

いくこさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!

> ひるなかの流星私もどうしても獅子尾が好きになれず途中で見るのをやめましたが!

えっ本当ですか!?なんか、とっても、嬉しい・・・・!!
獅子尾な~↓って思っている方、いらっしゃるんですね!
こんなこと書いて叩かれるかもな・・・(._.;)って思っていたので、びっくり嬉しいです☆

> そして私も馬村が好きですね(´・×・)♥

今巻の馬村は殺傷力抜群で私は何度も殺られました(≧▽≦)
是非GEOへ!!!(笑)

> まだまだ寒いですので体調に気を付けてお仕事もろもろ、頑張ってください★

わ~お心遣いありがとうございます!(>_<)
そろそろインフル流行や花粉飛散の時期ですし、いくこさんもご自愛下さいね!

- いくこ - 2014年01月05日 20:45:41

あけましておめでとうございます(・∀・)

今年もボブさんの感想を楽しみにしてますっ!

ひるなかの流星私もどうしても獅子尾が好きになれず途中で見るのをやめましたが!
今日の感想を聞いてもう一回GEOで借りようと思いましたww

そして私も馬村が好きですね(´・×・)♥

一巻の赤面シーンでもうやばかったです、、

まだまだ寒いですので体調に気を付けてお仕事もろもろ、頑張ってください★

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。