スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオハライド 別冊マーガレット 2013年10月号

別冊 マーガレット 2013年 10月号 [雑誌]
別冊 マーガレット 2013年 10月号 [雑誌]

前向きになってみようかな…



成海の企みにより、公園で抱き合う双葉と冬馬を洸が目撃するシーンで終わった先月。さて、目撃しちゃった洸がどんな行動に出るのか!とワクワクしていましたが、今月はあまり大きな進展はなく、ちょっとまったりしてましたね。悠里の話に脱線もしましたし。でも、双葉は着実に冬馬に歩み寄っていくようです。

では、以下ネタバレ感想です!

冒頭は、冬馬が双葉を抱きしめて周囲の注目を浴び、いたたまれなくて走って逃げる2人、そして、それを見送る洸と成海の図からです。

双葉達を目撃させたのは成海の作戦通り。しかも、抱き合っているとは想像以上の出来事でした。成海はこれで洸の気持ちが双葉から離れる?と思うのですが。
『知ってたの?吉岡が今日ここに来るって』
『え…何 そんなの知るわけないやん』

おお、洸が読んでいる!そして成海がしらばっくれている!w でもそのしらばっくれに対して「君にこんなことさせたのは俺のせいだ」って…なにそれ!ナルシストか!!ww あーもお洸の善人っぷりに苛立つ!偽善者早く卒業しろ!でも10%くらいかっこいいと思っちゃってる自分がホントどうしようもないよ…orz 君を追い詰めた俺のせい…とかナル男発言しちゃって一体どうするのかと思ったら、今月の洸の決意は揺るがなかった。

『もう成海のそばにいてやれない』



よしよし。そうだ。それを言わなきゃいかんのだ!やっと言ったよー何ヶ月越しだよー待ちくたびれたよー。でも言ったからといって、それでは終わらない。気になるのは言われた成海の反応です…。成海は、理屈で説得しつつ同情を煽るような言葉を織り交ぜて、洸にすがります。

『吉岡さんの事想ってても無駄やん』(まあ、あんなシーン見た後だしそうだよね。。)『「ごめん」だけじゃ分からんし』(うそつけ!でも、洸は確かに言葉足らずだよね。。)『私またひとりになっちゃう』(えーと、じゃあたまには一緒に遊ぶって事でお互い妥協しようよ。。)いやー譲りませんね!ああ言えばこう言う、矢継ぎ早に説得してきます。そーだよなー。簡単に引き下がるわけないですね。。。

ここまですがりつく姿を見ると、苛立ちを通り越してなんだか本当に惨めに見えてつらい。。もっと悪役になっていればその “悪” っぷりが痛快にも思えるのに、そこまでの悪どさもなく、家庭環境に恵まれず、好きな男にはフラれ、友達もいない…うぅ惨めだ。なんのマンガだこれ…こんなジメっと追いすがるキャラにしなくても…もう演歌の世界ですやん。

せっかくかわいいんだからさー、とりあえず隣の席の男子にニッコリ微笑んでみる事を勧める。可愛い転校生なんて男子のドリームだろ!ニッコリ♡だけで男友達か彼氏がゲットできると思うのだがどうだろうw 私が男子高生なら、長崎弁の転校生♀が隣の席に来たら間違いなく、こんな千載一遇のチャンスを神様ありがとうございます!と全力で天に感謝するよね。んで教科見せてやるよとか言って、絶対机くっつけるよね。校内案内ついでに学食で昼も一緒にするよね。友達とカラオケ行くから来る?って放課後誘うよね。ああ、今日も妄想が楽しいww まてよ。一般男子はそんなもんなんだから(←決めつけ)、もしかしたら成海は学校に友達いないというのも洸を囲うためのウソなんじゃないかとさえ思えてきました…w さすが策士、やるなww

さて、成海と別れたその足で、小湊に会いに行った洸。そこで小湊に『吉岡持ってかれちゃったよ 菊池に』と報告。そして成海の事を『成海との話も結局平行線のままで終わったし』と話します。おおい!結局平行線かっ!

でも、洸なりにその状況を冷静にも見ていて、「食い下がる成海の姿を見て振りほどこうとする自分がひどい奴だと思った」と。でも、

『そう思ってんのに 自分の決心が全然揺らがなかったってのも 更にひどいなと思ったよ』

いーんですいーんです!別にひどかないです!だって、洸は洸なりに成海を救おうと今日まで頑張ったんですから。よかった、同情心芽生えてしまわなくて。「気持ち分かるしやっぱりここで見放せない」とか言ってたら、もう男やめていいよと思わずチ◯コちょん切るところでした。よかったよかった。でも、そう思ったならもっとはっきり言わないと!何説得されて引いてんだよ!頼むよ!でも、失望した成海さんが手首かっ切る展開とかはどうかナシで!

さてその頃、あの場を走り去った双葉と冬馬はというと。

走って走って人ごみから離れ、2人の会話がコンティニューです。「もっと自分を知って欲しいから何でも聞いて」と言う冬馬に、双葉は自己紹介をリクエスト。以下、自己紹介内容です。
父母姉2
実家は動物病院
豚の生姜焼きが好き
トマトが嫌い
彼女はいない
でも、

『すごく好きな人がいます』



ああああああああ たかが自己紹介と油断したところへの不意打ち!クソかわいい!!相変わらず天使。しかも将来は推定動物のお医者さん…似合いすぎッッ 白衣の天使萌え(ハァハァ 個人的嗜好でなんですが、医師モノに激弱な私です。Dr.コトーも医龍も仁もブラックジャックもよろしくの方も、救命病棟も白い巨塔もバチスタも大好きだす。

もー冬馬いろいろ有望すぎだろ。豚の生姜焼き作れば嫁になれるのかなあ…とか、思っちゃうじゃん!豚の生姜焼き見るたびに思い出しちゃうじゃん!でも、洸も元々特進クラスで成績優秀だったし、つまりどっちを選んでも双葉の将来は安泰って事ですね。

ここでピアスも話題に上がりました。開けた理由を要約すると「元カノに真面目でつまんない男だとフラれて開けた」との事。ごく普通の理由で安心しました。「実はおれ、◯◯リスペクトでさ~、同じ位置に同じサイズで開けたかったんだよね」(◯◯には聞いたこともない外国人ミュージシャンの名前を入れて下さい)とかコアな話をされても「そ、そうなんだ…」としか言えない。天使の仮面の下のハードコアな世界はなくていいw

ここまで、期待を裏切らない冬馬くん!前にモブ扱いしてごめん!元カノのセリフじゃないけど、安心の優等生キャラ。洸みたいにいきなりチューかましたりもしないんでしょう、きっと。でもさ、こんな冬馬くんにそういう強引さがあったらもっと素敵だと思うんだけどどうだろう。贅沢かな…。贅沢というよりむしろ、ウサギはモシャモシャとレタス食べているからかわいいのであって、血の滲む生肉をガツガツ食べて白いフワフワの毛に血しぶき飛んでいたらなんだかちょっと…と思うような、せっかくのかわいさ半減しちゃうような台無し感が否めないかな。悩む。。無意味だけど悩む。

それから、いつの間にやら存在感を増していた内宮くんと悠里のお話に移ります。

公園でワザと双葉たちとは別々になった2人。その後、なんだかいい雰囲気で過ごしていたのですが、それをぶち壊してしまう出来事がありました。内宮くんが悠里に『ホントに付き合っちゃおっか?』と軽い口調で言ってしまい…その軽いノリにショックを受けた悠里が帰ってしまうという、気まずい展開。

もちろん内宮くんには軽々しい気持ちなどなく、表現を誤っただけなのですが…。でもこれが結果的に、悠里に自分の気持ちを気づかせるきっかけになったという、怪我の功名的な流れになります!

翌日学校で、昨日の先走った俺にリベンジの内宮くん。昨日は「勢いでいいから、軽いノリでも、ついででもいいから うん って言って欲しかった」のだといっぱいいっぱいの心境を吐露し、「その位好きって事」と告白すると、

『槙田さん 俺と付き合って下さい』



なにこの誠実!!好きになる♡ それを聞いた悠里はもちろん「はい」。その返事に、勢いあまって抱きつかないようにと、距離を取る内宮くん。誠実!こんな男子高生いるの!?離れたその距離をピョンと飛んで詰める悠里。



ウゼェェェェーーーーー!!!!wwww 悠里真骨頂www 久々に悠里のあざとさが垣間見えて懐かしい!今月は全体的にオールドタイプ悠里で鬱陶しさフルスロットル。いや、狙ったならいいよ。計算ならよくやった!だよ。でもこれが素だったら仲良くしたくないw

そして内宮くんとの身長差がすっごくすっごく羨ましいのだが!やっぱり女子は小柄がいいよね!この内宮くんが見下げる身長差が!チビっとした彼女を視線を下げて見る感じがイイ!…はあ……人はどうして無い物ねだりなんでしょ。。160超えの女子(自分…)がヒールを履くと軽くタワー。日本人男性の大半・170センチと並ぶかやや超えして「デカい」呼ばわりされる切なさ。。チビ女子マジうらやま!と思い続けてきた人生です。別に160ちょいって普通じゃないの…ゴニョゴニョ。 でもヒールはやめないぜ。

それにしても、冬馬も冬馬のお友達もなんて男らしいのだろうか。こんなに爽やかで誠実で男らしかったらいっそ青空エールに出た方がいい(真顔 それにひきかえ洸ときたら…。今月はキッパリ成海に気持ちを伝えたという事で大分マシになった気がしますが、それでもやっぱり煮え切らない態度はどうしたもんですかね~。まーでも男らしい洸とか殺人レベルにかっこよくてそれを読んだ後生きていられる自信がないのでこんなヘナチョコ洸ぐらいが私の萌えやすい心臓にはちょうどいいのかもしれない、と強引に了解しました。

さてさて、ラストシーンです。
翌日の学校。放課後、修子と悠里の委員会が終わるのを待つ事になった双葉。そして、同じく委員会に出るために、小湊に待っていてと言われた洸。「え~」と一瞬渋った洸でしたが、双葉が待つと聞こえた時の態度の変わりよう。



このひねくれ素直がッッ!!!好き!!!アオハライドのツンデレ枠・洸と修子がやっぱり好きです。いたるところで書いていますが、素直で元気で明るいキャラが苦手なので、素直になれない不器用キャラがラブいです。

洸は最近かっこいいシーンがあまりないので以前程にはときめかなくなり、じゃあ本日現在洸の何がそんなに好きって、結局顔かも……というシンプルな答えにたどり着きました。美男美女は3日で見飽きるというのは一理ありますが、好きな顔のした事なら多少のマイナスはチャラにできるのも、人の心ですよねテヘペロ!てことで、私は洸の行いを色々チャラにしていますww

さて来月は、2人きり(?)の教室で繰り広げられる会話に期待♪ そして早く修学旅行になれ!



内宮くんの誠実さに大昔、誠意大将軍ハッピを着ていた芸能人をふと思い出しました
関連記事

この記事へのコメント

SABURYOさんへ - コミックボブ - 2014年01月14日 23:41:19

SABURYOさん、こんばんは!
すっかりお返事が遅くなり、本当にすみませんっ(>_<)
他のコメントにもお返事いたしますので、そちらも気付いて頂けたら嬉しいです!

> 洸がやっと成海のそばにいてやれないことを言いましたね。

やっとですよ~(-_-;) 長すぎましたけど、ひとまず、数ミリ前進したと思ってよいのでしょうかね。

> もう洸は成海を十分に救ったのだから、別の人に託すしかないんじゃないかと思います。洸のお人よしも分からなくもないんですが、このままでは成海も離れないと思うので、きっぱりと片づけていただきたいです。

同感です(>_<)「十分に救った」って本当にそうだと思います。だって、成海が辛かった時洸は彼の精一杯で答えたわけですから。ここらで他の方にバトンタッチして頂いて…!

> 冬馬の自分を知ってほしいからと言って自己紹介するシーンはいいな~と思いました。

ですね!気持ちがほっこりしました!意外な事も分かりましたし(^_^)

> 内宮ついにやりましたね~公園のシーンはいい雰囲気だったのにやっちまったかと心配になったのですが、その後の告白シーンが良かったですね~

良かったです~!挽回どころか、プラスにもっていきましたね!彼は出来る男ですw

> 悠里が詰めるというシーンにキュンとしました!

おお!ここはSABURYOさんのキュンポイントでしたか!悪態ついてしまって恐縮です(^_^;)
でも、もし私が内宮だったら、可愛いとおもっただろうという事はわかります!

最新号は随分と話が進んでいます。そちらでもまた語れたら嬉しいです~(^_^)!

- SABURYO - 2013年10月17日 14:32:02

コミックボブさん、こんにちは。

洸がやっと成海のそばにいてやれないことを言いましたね。でもその返事が双葉のことを思っても無駄という発言には「まだあきらめないのかよ!」とツッコミを入れてしまいそうなぐらい呆れました。もう成海の性格は知り尽くしているのでそういう策士な言動は慣れてきましたが、やはり成海の性格は好きになれません。早いところ洸には双葉と付き合ってもらって現実を成海に見せつけてやるしか方法が無いと思うので、洸には頑張ってもらいたいです。

もう洸は成海を十分に救ったのだから、別の人に託すしかないんじゃないかと思います。洸のお人よしも分からなくもないんですが、このままでは成海も離れないと思うので、きっぱりと片づけていただきたいです。

冬馬の自分を知ってほしいからと言って自己紹介するシーンはいいな~と思いました。双葉は今まで洸しか見てこなかったので、冬馬を知ってもらうにはいいことだと思いました。冬馬がさりげなく好きな人がいることを言ったシーンは良かったですね。最近冬馬がかわいすぎて死にそうになるシーンが多いですね~これからも見れるといいです!

内宮ついにやりましたね~公園のシーンはいい雰囲気だったのにやっちまったかと心配になったのですが、その後の告白シーンが良かったですね~さらに良かったのが、嬉しさのあまり抱きつかないように距離を開けたけど、悠里が詰めるというシーンにキュンとしました!まさか内宮&悠里が最初にカップルになるなんて想像すらしてませんでした。何か内宮を見てたら他の男たちは何ウズウズしてるんだと喝を入れたくなりました。今回のシーンを見て内宮を応援しようと思いました。

最後の洸と双葉が二人でいるシーンはその後どうなるのでしょうかね?そこまで進展があるとは思えないですが、少し期待したいです。

来月号も内宮&悠里のシーンが多く載っていることを期待したいです!

まりさんへ - コミックボブ(管理人) - 2013年10月13日 01:09:06

まりさん、こんばんは!

> 私は、世界情勢がどうとかより、芸能人が誰と付き合っているとかより、「アオハライド」の物語が気になってしまっています。

わかります!マンガの展開は、最も身近で気になるTOPICSですよねw
日々のモチベーションに大きく関わりますw

小説、お読みになったんですね!
「リアルタイムな作業で作られているようです」←そうなんですか!

>  高校に入ってから、彼女をずっと見ていた。

えっっそうなの!??と驚くコメントをありがとうございます。
登場当初の馬渕くんは、それはそれは感じが悪かったというのに…w

> コミックに重ねながら読むと、洸の優柔不断なとこや、自己ちゅうな所、
> 少し許せます。

なるほど。マンガは双葉側の気持ちがメインですもんね。
洸が考えている事は、時々小湊との会話で分かる程度。
洸の気持ちがもっと見えれば、彼のこれまでの行動も分かる→許せるようになるのかも…。
でも早く、許すとかそんな会話がいらないくらい、キュンとする言動に期待したいですね(^_^;)

Re: 初めまして! - コミックボブ(管理人) - 2013年10月13日 01:01:52

みなこさん、はじめまして!
コメントありがとうございます(^_^)

> アオハライド、キュンキュンし過ぎて心臓がいつまで持つかわかりませーんo(TωT)o 

前半は特にやばいですよね!w 本当に心停止しそうになる瞬間が沢山ありましたよね!
B.C.成海とA.D.成海では、後者のキュン度が下がるのが残念です…(:_;)

> ほんと、どうすれば冬馬みたいな子に育ってくれるんだろ?うちには3人息子がいますが、冬馬候補は一人も見当たりません…ザンネン…

すみません、笑ってしまいましたw まだ分からないじゃないですか!これからですよ!
それに、女の子の前では…って事はないのでしょうか?( *´艸`)

> わたし、多分ボブさんと近い世代です。(もうちょっと上だと思うけど)わたしも俺じゃダメか病にかかってましたから(笑)

そうなんですね!嬉しいです☆☆ちなみに、今月も冬馬が取手君になっていましたw
これからもよろしくお願いいたします!

- まりさん - 2013年10月03日 15:51:14

 10月になりました。秋らしくなってきましたね。
先日は、返信、ありがとうございました。
あと10日ほどで、11月号が発売されますね。私は、世界情勢がどうとかより、芸能人が誰と付き合っているとかより、「アオハライド」の物語が気になって
しまっています。(消費税の値上がりはちょっと気になる・・) 
そんなんで、コバルト文庫「小説版 アオハライド」3巻も読破してしまいました。コミックでは、なかなか解りにくい洸の気持ちが、小説版では、所々、書かれています。
たとえば
 長崎に移り住んでから、毎日、双葉のことを思い出した。
 母を守らねば、早く大人にならなければと、焦燥する日々の中で、
 双葉の笑顔を思い出すと、ひりついた心に雨が降るようだった。
 あの夏の日、二人で雨宿りした神社に降っていた銀色の雨。
 長崎で暮らしたころ、双葉の笑顔を思い出すと、
 千切れてしまいそうな気持ちが
 少しずつ、おさまっていった。

土手で、双葉に心の扉を壊され、開けられたとき、双葉をだきしめながら・・・
 高校に入ってから、彼女をずっと見ていた。
 廊下ですれ違うたび、通学路を歩く姿を見かけるたび、
 双葉は気づいていなかったけれど、姿を目で追った。
 一日だって、一瞬だって、忘れたことはなかった。
 彼女のことも、彼女に恋したあの想いも。
 母さん、俺、いいのかな?
 もう一度、彼女を愛しても・・・。

他にも、洸の心の中が表現されて、ずきゅーんの一撃が襲ってくる場面が
多々あります。
コミックに重ねながら読むと、洸の優柔不断なとこや、自己ちゅうな所、
少し許せます。
 
コバルト文庫、小説版は、原作2冊分がたまったら、ノベライズという、
ある意味、リアルタイムな作業で作られているようです。
  

初めまして! - みなこ - 2013年10月02日 23:09:54

ボブさん、こんにちわ!初めてコメントします。

わたし、久々に少女マンガ読みましたが…アオハライド、キュンキュンし過ぎて心臓がいつまで持つかわかりませーんo(TωT)o 

わたしも基本洸派なんですが、成海さん出てきた辺りから、双葉ちゃんもう冬馬の事好きになっちゃいな!って思ってしまう〜!

ほんと、どうすれば冬馬みたいな子に育ってくれるんだろ?うちには3人息子がいますが、冬馬候補は一人も見当たりません…ザンネン…

わたし、多分ボブさんと近い世代で
す。(もうちょっと上だと思うけど)わたしも俺じゃダメか病にかかってましたから(笑)
断然、取手君派でした!



まことさんへ - コミックボブ(管理人) - 2013年09月29日 22:09:55

まことさん、勉強おつです!!

> あ~、やっぱり悠里とあの男の子(名前忘れたw)くっつきましたね~

はい、とても順調にw
洸に振られたけれど、既に次へ進めたとは流石です!
冬馬友人はモブかと思っていたのでちょっとびっくりです。

> くそ!小柄って羨ましいーー!
> ヒールを履いたら、スカイツリーと張り合っているようなもんですよ・・・

分かりますよ~分かりますよ~!!!
小さいだけでなんだか全てが可愛らしい。小柄羨ましいです!
私もスカイツリーと張り合いますので、まことさんも頑張って下さい!

9月ももうじき終わりですね。
来月は早めに更新しますね!

ポツネン氏さんへ - コミックボブ(管理人) - 2013年09月29日 22:04:09

ポツネン氏さん、こんばんは!
今月もコメントありがとうございます☆

> 公開日を予告してくださったので今回は執拗なアクセスをすることもほとんどなく(ちょっとはした)

本当にありがたいです!いつもUPをお待ち頂いて…じーんとしてしまいます(:_;)
これからみなさんのお時間の無駄を省くため、お待たせする時は予告制にします!w

> そういえば8巻の表紙って冬馬なんですよね。これまでの流れでてっきり洸だと思っていたのに、表紙にまで割り込んでくるとはなかなかの成長ぶり。

ポツネン氏さん手厳しいっww 満を持して表紙…という時期ではないですか!?頑張ってますから!w

> 彼は今「けじめ」とか「順番」とか、武士のような律義さに囚われてるから無理か。

めちゃ笑いましたww 本当ですね。彼はいつの間に武士になったのですか?
私の認識では、洸は好きとも言わずにチューかます、けじめも順番もなにそれ状態の、極めて平成の若者でしたが。おかしいな、何があったんでしょうねw

> それと、悠里がかわいく見えた私…。かわいく装っているとわかっていても「ぴょん」なんて来られた日にゃ鼻の下を伸ばしてしまいそうです。

それはおっさん率の上昇ではなく、器が大きいのです!
同性のあざとさを許せるって器が大きいのですよ!私も頑張らねば(>_<)

> 次号はのっけから2人の会話が楽しみです。“攻めの洸”が見たいな。

攻めの洸とは恐ろしい………ッッ!!!
ウジウジすんのもいい加減にしろ!と今月言った口で、来月は「激ラブ!」と言ってしまいそうです。。。

> ※ボブさんが医師モノに激弱だということは、ヤマケンへの偏愛ぶりからうすうす感付いてました。

ほ、本当ですか………!!?オドロキで一瞬呼吸が止まりましたw
私も年齢はおっさんになったので、何があっても大して恥ずかしいと思わなくなりましたが、久しぶりに「穴があったら入りたい」気持ちになりました!
そして益々、ここでは何も飾らずに本音を吐き出せるありがたさを感じていますw
みなさんにとってもそんな場所になりますように…。

まりさんへ - コミックボブ(管理人) - 2013年09月29日 21:48:58

まりさん、こんばんは(^_^)

> 前回は、冬馬のこと、「神」ってほどは・・なんて書いてしまいましたが、私、間違っていたみたいです。

突然の告白に驚きつつ先を読み、思わず笑ってしまいました!
本当に、冬馬はまっすぐに双葉の事が大好きなんだなと思いますよね~。
そんなまっすぐな気持ちに、双葉もちゃんと向き合って欲しいですが、でもそうするとまだまだまだまだ話がこじれていくのかと思うと…悩みます!

> それにしても、1巻から読み返して思ったのは、洸の優柔不断なところと自己中心なところ・・
> 顔がいいだけじゃなあ・・付き合いきれないぞ・・双葉ちゃん、冬馬でいいんじゃない!?・・って言ってしまいそうです。

洸はダメな男ですよねw 物語が進めば進むほど、洸じゃなくて冬馬の方がいい事が明白になっていく…w
でも、頭で分かっているけれど…というのが恋なんでしょうかね~。

> 自分と似た境遇の成海には、あんなに優しく気持ちを思いやれるのに、大好きなはずの双葉の心を傷つけてしまってることに気づかないのかな? それって、ほんとに好きっていえるのかな?

そうですよね。成海には思いやりが持てるのに。
元々洸は優しい気持ちがある人なのだから、双葉の事をもっと考えられるはずなのに。
双葉に対してだけは、本当にびっくりするほど自己中ですよね。
「ほんとに好きっていえるのかな?」のお言葉、その通りです!
今後の洸が双葉に誠実である事を期待したいです。

Re: おつかれさまです!! - コミックボブ(管理人) - 2013年09月29日 21:38:26

ayanasuさん、こんばんは!
コメントありがとーございます!!(^_^)

> 冬馬の自己紹介めっちゃ可愛いですね♪
> てな訳で急にがしっと抱き締めるぐらいしていいぞ冬馬!
> ああー、やっぱ急に血のしたたるうさぎも見てみたいかも知れません!!

可愛いです~。女子より可愛いです~。
他の方のコメントを読みながら、ここ数か月話がちっとも進んでいない事を改めて実感し、もー早く誰か何かしてどうにかして!(←滅茶苦茶w)な気持ちです!
なので、おっしゃる通り、ウサギも肉を食え!と言いたい!
抱きしめてチューして押し倒せ!w

> 洸は一撃の破壊力がすごいですけど、冬馬はじわじわいいですね。

一撃すごいです。
今はこんなに「洸なんてもうどうでもいいわ」と思っているのに、来月教室で双葉にあざとい発言でもしようもんなら、双葉より先に私が洸の行いを全て水に流して「ラブ!」とか言ってしまうような気がしてなりません・・・。

PANAMさんへ - コミックボブ(管理人) - 2013年09月29日 21:24:35

PANAMさん、こんばんは~!(^_^)
今月もまた立ち読みできてよかったです!

> 毎回毎回まどろッこしくて(--メ)

この表現的確だす。まさにそれです。まどろっこしい!!!!

> 九月の日差しの眩しさからかイラッとしてきて洸と双葉がクッつこうが別れようがどうでもよくなってきた投げやりな私だす。冬馬にもイラッ。可愛いんだけどなんかイラッ。笑

爆笑しました!!!
こんなウジウジした方々の恋路を見守るなんて、随分と酔狂な事をしていたものだと私も目が覚めそうです!w
外は湿度も下がりこんなにも爽やかな風が吹く良い季節だというのに、こんなにジメッとしたものに近づいて、挙句イライラするなんて…。
やさぐれた心で冬馬を見ると、なんだかイラッとするのも分かりますw

> あまりに展開が遅すぎてもはや私は玉手箱開けそうです。

うまい!絶妙です~その通りっ(>_<)

Re: こんばんは。 - コミックボブ(管理人) - 2013年09月29日 21:16:41

町田さん、こんばんは~!

> もはや、マンガの内容より妄想の方が気になりまくりです。
> ピアスからそんな話に普通広がらない

す、すみません(^_^;)
あの冬馬のキャラに似つかわしくないピアスホールのサイズはきっと、バンドに由来するに違いない!
と勝手に想像が走っていました(汗)

> ピアス開けてる可愛い男子を無表情で見れる自信がありません。

あはは!町田さんのこの言葉に、私も明日から可愛い男子の耳ばかりチェックしてしましそうです!

こちらこそ、これまらもよろしくお願いいたします(^_^)

ゆっぴ~さんへ - コミックボブ(管理人) - 2013年09月29日 21:12:13

ルンルンなゆっぴ~さん、こんばんは!
数日経過してしまいましたが、課題お疲れ様でした!

> 「~全然揺るがなかった~酷いなと思った」とか言うなら その言葉そのまま鳴海に言え!!(怒)
> もぉ mjd 鳴海ウザイ!!
> そして 鳴海を ズバッ!!と切らなかった洸に対しても イライライライラ(一_一メ)

同感同感同感です!!なんだかずっとこんな状態ですよね???
もーいーよおまえら!!とさじを投げたくなります(-_-;)

> でも、ほんの少しの 洸のツンデレポイントに一気にやられてしまう・・・ハァ~⇓
> もう洸なんて!!(怒)小湊君の方がいいやっ!!と思っても またすぐに洸派に・・・の繰り返し・・・

わかります………認めたくないけど、私もです。
それがヒーローのすごさなんでしょうか??
もう洸いいわ、と思っているのに、キュンとかしてる自分死ねばいいのに!と思っています。
多分、私は洸の顔が好きなんだと気が付きました。

> 冬馬・・・めちゃくちゃ いい人すぎて マイナス面がなさすぎて こんな男子いないから!!と
> いつも読んでて思います。

あはは!そうですよね、いませんw 少なくとも、この可愛さでこのいい人は存在しないですよね。

> てか、今回 悠里の“ピョン”に 女子力を感じました。
> そんな感じで釣るのか!!と 思っちゃいました・・・
> こんなん 好きな子にされたら きっと男子なんてイチコロですよね!!

その通りだと思います!
女子っていういう生き物の事を言うのだ!と思いました。こうすれば大漁なのですよね~。
だからこそウゼェと思ってしまった器の小さな私で面目ないです…orz

> てか、この内宮君の告白の言葉って 冬馬がいいそうなセリフだと思いませんでしたか?

この正直さは冬馬っぽいですよね。そこまで暴露せんでも!っていうw
類は友をと言いますから、内宮くんも冬馬と似たところがあるのでしょうかね?

もうじき修学旅行、という事で、そこで何かがぶっ込まれるにちがいない!(ですよね?)
私もそれに期待しながら、それまでは怒りで心を乱されないように他の作品も楽しみつつ過ごしたいと思います!

りゃもさんへ - コミックボブ(管理人) - 2013年09月29日 20:51:15

りゃもさん、お久しぶりです~(^_^)

> 率直に言いますと洸がそろそろうざいです。。

あはは!もー一体何か月彼がうじうじする様を見てきたのでしょうね、我々!
作中とこちらの時間の進みは違いますし、特に別マで読んでいると苦しい数か月でしたね~!

> 君に届けの梅姐さんくらい潔く、そして格好良くできないものでしょうか?(笑)

フラれた時特に、その人の人間性が見えますよね。
梅姐さんは立派でした…。そうか、成海も最後にああなると、好感度を盛り返せますねw

> 質問会開いてしれっとこっ恥ずかしいこと言ってますね。

はい、しれっとこっ恥ずかしかったですww

> 来月の教室で二人きりは何かしらの大どんでん返しがあるのでしょうか?

分からないですよね、どうなんでしょうね(>_<)あったら嬉しい!
でもこれから修学旅行があるので、そこまでどんでん返しはないのかな?という気もします。

追伸:最後の一言、承りましたw

- まこと - 2013年09月25日 23:50:52

お仕事おつデス!!

アオハライド 最近友達に借りてなくて、読んでなかったんで、
なんか、懐かしかったです(。-_-。)

あ~、やっぱり悠里とあの男の子(名前忘れたw)くっつきましたね~

ピョンっと跳ねた悠里にちょいイラ(♯`∧´)
くそ!小柄って羨ましいーー!

私も恥ずかしいことに、165越えです(つД`)ノ
ヒールを履いたら、スカイツリーと張り合っているようなもんですよ・・・

次回も楽しみにしてまーす!!

- ポツネン氏 - 2013年09月24日 22:04:03

更新ひゃっほー☆お忙しい中ありがとうございます。
公開日を予告してくださったので今回は執拗なアクセスをすることもほとんどなく(ちょっとはした)、復習がてら1巻から8巻を読み返し、却ってそれが仇となって余計にうずうずしながら待ってました。
そういえば8巻の表紙って冬馬なんですよね。これまでの流れでてっきり洸だと思っていたのに、表紙にまで割り込んでくるとはなかなかの成長ぶり。

ボブさんのおっしゃる通り、今回は大きな進展もなくまったりですね。成海を置いて2人を追いかけるくらいの洸が見たかったですが、彼は今「けじめ」とか「順番」とか、武士のような律義さに囚われてるから無理か。
それと、悠里がかわいく見えた私…。いや、ウザい気持ちはよくわかります。が、最近心が広くなったのか、それとも自分の中のおっさん率が高くなったのか、かわいく装っているとわかっていても「ぴょん」なんて来られた日にゃ鼻の下を伸ばしてしまいそうです。この女子力、真似したいところだけど「ぴょん」ではなく「どすん」になってしまいそうなので却下。

次号はのっけから2人の会話が楽しみです。“攻めの洸”が見たいな。更新ありがとうございました!
※ボブさんが医師モノに激弱だということは、ヤマケンへの偏愛ぶりからうすうす感付いてました。

- まりさん - 2013年09月24日 21:07:18

お疲れ様です♪
ボブさんが出張とのことだったので、1巻からずーっと読み返しておりました。
前回は、冬馬のこと、「神」ってほどは・・なんて書いてしまいましたが、私、間違っていたみたいです。確かに、洸に見せ付けるためのあざとさは少々あったと思うのですが、それ以上に、双葉への愛情が勝っていたと、考え直しました。今回の、二人の会話のなかに、洸の「コ」の字も入る隙間がないほどの率直な冬馬に、結婚するならこの子だなあと、つくづく思ってしまいました。

それにしても、1巻から読み返して思ったのは、洸の優柔不断なところと自己中心なところ・・顔がいいだけじゃなあ・・付き合いきれないぞ・・双葉ちゃん、冬馬でいいんじゃない!?・・って言ってしまいそうです。
自分と似た境遇の成海には、あんなに優しく気持ちを思いやれるのに、大好きなはずの双葉の心を傷つけてしまってることに気づかないのかな? それって、ほんとに好きっていえるのかな?
洸の双葉への思いやりのなさに、おばちゃんはちょっと腹立ててます。

おつかれさまです!! - ayanasu - 2013年09月24日 17:51:18

冬馬の自己紹介めっちゃ可愛いですね♪

>悩む。。無意味だけど悩む。

わかります。無意味な悩みを何度繰り返してきたことか。うさぎが血を垂れ流してるのはさすがにビックリしますが、たまにはハムぐらい食べてても可愛いです!
てな訳で急にがしっと抱き締めるぐらいしていいぞ冬馬!

洸は一撃の破壊力がすごいですけど、冬馬はじわじわいいですね。
ピアスの理由も、やっぱ真面目なのを気にして開けたんだと思うと可愛い♪
ああー、やっぱ急に血のしたたるうさぎも見てみたいかも知れません!!

- PANAM - 2013年09月24日 13:04:00

UPありがとうございます^^
また立ち読みできました!わ~~い。
でも今月号、絵が?変わった?なんか下手な?気がしました^^;
毎回毎回まどろッこしくて(--メ)飽きてきてなかなか立ち読めなかった私だす。
九月の日差しの眩しさからかイラッとしてきて洸と双葉がクッつこうが別れようがどうでもよくなってきた投げやりな私だす。冬馬にもイラッ。可愛いんだけどなんかイラッ。笑
あまりに展開が遅すぎてもはや私は玉手箱開けそうです。

こんばんは。 - 町田 - 2013年09月24日 02:11:55

もはや、マンガの内容より妄想の方が気になりまくりです。
ピアスからそんな話に普通広がらない
ハードコアな妄想最高です!
これからの人生で
ピアス開けてる可愛い男子を無表情で見れる自信がありません。

これからも楽しみにしています。

- ゆっぴ~ - 2013年09月24日 01:51:21

ボブさん こんばんは~(^▽^)
只今 鬼の様な課題が やっと終わりました~ルンルンルン♪

今月号は 本屋で立ち読みできたわたくし。
鳴海の企みによって 2人がどうなるか期待していたのに
結果的には 洸が“平行線”と言った事が気になります・・・
「~全然揺るがなかった~酷いなと思った」とか言うなら その言葉そのまま鳴海に言え!!(怒)
もぉ mjd 鳴海ウザイ!!
そして 鳴海を ズバッ!!と切らなかった洸に対しても イライライライラ(一_一メ)
ちゃんと 次号で 双葉にわかる様に 想いをぶつけて欲しいもんです。
でも・・・洸は まだ 鳴海の事が片付いて(説得できて)ないから 率直にはいかないですよね(泣)
だから 小湊君に“平行線”と言ったと思うので・・・
双葉に対する気持ちと 鳴海に対する気持ちが違うって 自分でもわかってるんだから
もぉ本当 しっかりせえよ洸!!と mj イライライライラ(一_一メ)

その点、小湊君♡最高でございます(//∇//)
もう 小湊君ポイント急上昇↑↑↑
でも、ほんの少しの 洸のツンデレポイントに一気にやられてしまう・・・ハァ~⇓
もう洸なんて!!(怒)小湊君の方がいいやっ!!と思っても またすぐに洸派に・・・の繰り返し・・・
(でも 小湊君に好かれてる 修子は心から羨ましく思います!!)

冬馬・・・めちゃくちゃ いい人すぎて マイナス面がなさすぎて こんな男子いないから!!と
いつも読んでて思います。

そうそう(ニヤッw) 内宮君と悠里 くっついちゃいましたね~(笑)
てか、今回 悠里の“ピョン”に 女子力を感じました。
かっこいい発言はよくする悠里ですが、外見は幼く 下から目線とか
持ち物とか いろいろ悠里には女子力を多々 感じてきましたが
そんな感じで釣るのか!!と 思っちゃいました・・・
こんなん 好きな子にされたら きっと男子なんてイチコロですよね!!
まあ 洸にふられても 双葉をちゃんと応援する悠里ですから
思う存分内宮君に幸せにしてもらって下さい。
てか、この内宮君の告白の言葉って 冬馬がいいそうなセリフだと思いませんでしたか?

はあ~今月号で鳴海の事 はっきりできると思ったのにぃぃぃぃぃぃぃぃ(T_T)
まだ 鳴海 登場すると思うと 面白くない。
冬馬の事もあるのに・・・
早く 洸の気持ちが 鈍感な双葉に届きますように・・・(>д<)
その為には 教室での展開に期待!!
そしてそして、修旅♪
咲坂先生 そろそろ 軌道修正を切実に願います!!

なんだかんだと 洸の「自分の決心が揺るがなかった」の言葉を信じてる ゆっぴ~でした。

PS長々と ごめんなさぃ(>_<)
ボブさん 次号も楽しみにしてますので、よろしくお願いします♡

- りゃも - 2013年09月23日 22:26:58

お久しぶりです☆彡

率直に言いますと洸がそろそろうざいです。。
あれ程大目に見てあげてきたのに。(何様)
不器用なんですもんね。ってまた私も結局許してしまう。情けないw

成海は残念ですね。ズルさも憎さも今ひとつ足りないです。
君に届けの梅姐さんくらい潔く、そして格好良くできないものでしょうか?(笑)

まさかの冬馬のピアス事情に触れるとは!
まぁ良しとしますw
質問会開いてしれっとこっ恥ずかしいこと言ってますね。
「いいな〜双葉・・・」心の声がついつい漏れましたww

来月の教室で二人きりは何かしらの大どんでん返しがあるのでしょうか?
楽しみですね!!
では、また来ます\(^o^)/



ウザすぎて触れたくもないんですが最後に一言・・・


悠里うぜえw

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。