スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラフォーマーズ 第54話 週刊ヤングジャンプ 29号

互いに眼を烔らせる、地球の野獣たち…!!

一郎がイケメンに見えそうになるトラップが仕掛けられていた先週。地球では、各国首脳の極秘会議がまさに始まろうか、というところ。『プランδだそうで』の言葉に始まった、巨大な駆け引きの行方はどうなるんでしょう・・。

一方火星では、墜落によるダメージで飛べない2号機同様に、1号機も爆弾により翼が折れるトラブル発生中。2機とも飛べなくなり、悪態をつくミッシェルさん。

反射でサングラスのように光っているメガネも手伝って、醸し出す雰囲気が完全にヤンキー。ここで、小町艦長から全員に残念なお知らせ。。本艦に向かうにあたり、車が飛べなくなったので陸路を取るわけですが、『長いと… 数日から一週間前後かかる』。まぢか…。もし毎日こんな状態が続くのだとしたら、本艦に着く頃には小町艦長とミッシェルさんしかいなくなり、たった2人の帰還アゲインになっちまうんじゃないか…。 それを聞いた隊員一同に緊張が走る中、小吉が『…つー訳で…… 寝るぞ!』と声をかける。いや、こんな状況で寝るとかいいのか…?と思っているだろう部下たちに向けて、今度はミッシェルさんからお言葉。



よかった、もうメガネ光ってないw この発言を聞いた小町艦長の、ミッシェルちゃんを見る瞳が優しい。『 “部下” を持って変わったか それとも “仲間” かな……』。そう思うのも、U-NASAに来たばかりの21歳の頃のミッシェルさんは全然違ったからなんです。

やだ……… 最強にイケメン…///////// 父親の仇討ちの為の人生…侍だ。でもきっと、小吉の言う通り部下も仲間も得て変わったんだろう。そしてこの言葉は、小吉がその21歳のミッシェルさんにかけた言葉だというから、なんつーか胸に迫るものがありました。パクった感は否めないけどw ドナテロが艦長だったバグズ2号に乗っていた小吉が、今はアネックス1号の艦長となり、ドナテロ娘と共に火星に来て、こうして共に戦い、見守っている… そこに20年の間に積み上げられた思いを想像して、益々小吉とミッシェルさんを愛す!!!

さてここで、女子達が入浴に向かう。すかさず立ち上がる命知らずのトリオ。

この直後、ミッシェルさんの発した言葉に全身から汗がほとばしるほどに怯えるのだが…ww

さて、夜になり、墓石と思われる石の前に1人座るアレックス。



あ、危ないって…。。ちょっと強いからって調子に乗ったらダメ!!君たち、あんなに仲間を失って一体何を学んだんだ!!と説教たれたくなる程、見てるこっちが怖い…。

そこに現れたのは八重子ちゃん。隣に腰掛けてアレックスに声をかけます。「ゴキブリ来ないね」それから、『残念だったね シーラちゃん』『ああ』『いいコだったね かわいかった』『ああ』そんなやりとりをした後、アレックスが言います。『けど 火星には来るべきじゃなかった』。見てはいないけれど、きっとシーラの危機は誰も助ける事はできなかったんだろうと、アレックスは察していました。そう思ったら不思議と納得できたと言い、『「何で誰も助けてくれねーんだ!」みたいな気持ち それ自体大分前に無くしてる様な気がする』と八重子に話します。

それに対して、『それはあんたが兄貴分(おにいちゃん)だからでしょ』と八重子。シーラよりマルコスよりお兄ちゃんだから、と。でもここにはあんたを助ける人もいるよと言って、小町艦長、ミッシェルさん、燈ときて、得意顔で自分を指差します。そして「お姉さんの胸でお泣きよ、今なら5000円」と微妙な価格設定で慰める。んですが、アレックスが はて?となる。
『えっ お前!!?年上??』
『そーだよ!二十歳!!成!人!』

なんとアレックスは八重子を年下だと思っていた…!なんか急にアレックスが外国人である事を思い出しました。このやりとりって外国人との会話の定番ですよね。ここにいると、火星と地球、人間とゴキブリ、の区別しかないので人種なんて細かい区分はすっかり忘れます。

ビックリ顔のアレックスと、微妙な表情の八重子。しばし、顔を見合わせた2人…。笑い出すアレックス。
『ふっふ…っ マジかよ 年上かよ……』
『あーっひどい!年下だと思ってたの??』
『人間として下だと思ってたよ…』

軽口を言い合いながら笑う2人。そこで不意に、アレックスの目から涙が。。



あー…鼻の奥がツンとなる。。。今この瞬間まで、どれだけアレックスが気丈に振舞っていたかを思うと(´;ω;`)ウッ…。双眼鏡でシーラの姿を探す彼は焦り、怒り、冷静ではなかったけれど、確かに、マルコスやみんなの前ではもう、お兄ちゃんの顔をしていた。マルコスを叱咤し喝を入れ奮い立たせると同時に、暗に「お前のせいじゃない」と伝わる言葉で彼の心を救ったアレックス。そんなしっかり者の彼が流した涙…なんですかこの胸を打ちまくるシーン。この、感情を抑え込む→笑う→張りつめた気持ちが緩む→感情が溢れる→涙、という流れがですね、涙腺を崩壊させないわけがないんだ!!!

あぁ、良かった。アレックスに涙を流せる場所ができて。しかも今なら1000円引きの4000円特価。アカリンを “多少イケメン” と評する酷評家八重子ちゃんが、ここではマリアの如き包容力をいかんなく発揮しましたね。奥が深いぜ八重子!八重子も良かった、性格の良いイケメンと出会えてw つり橋効果に満ち満ちたこの星で、年頃の男女が恋に落ちないなんて科学的にもおかしいので、どんどんラヴが生まれたらいいと思うよ。

さて、本艦へ向かおうとする日米合同班は。



不気味すぎます。既に本艦はゴキの手に堕ちていて、なんならそこに全員集合しちゃってるんじゃないかと思うのですがどうでしょう。さらに、そのゴキがピコピコと操縦システムをいじった結果、ゴキの大群が本艦で地球に飛び立つとか…。現在のゴキの目論見は、宇宙船を奪って火星の外(=地球)へテリトリーを拡大する事なんだとしたら恐ろしい。いやいや、妄想がおかしな方向へ進んでしまいましたすみません。

さて、地球の会議はというと。
ものの数分後に既に、マジ勘弁してくれ展開。



!!??飛ばしておりません(`・ω・´)キリッって………うおおぉいっっっっ!!!ふざけんなっっ!!!!!!!!でも、そんな予感はしていたんだ。37日頑張れば迎えが来るという希望が、すんなり叶うようなテラフォーマーズでない事は知ってた。ワカルよ。確かにその方が面白い。けど、そんなに気を遣って頂かなくても大丈夫なんだ。別にハッピーエンドで一向に構わない。このままゴキの攻撃がずっと来なくていい。救助船だって1週間くらいで来たらいい。さらに、エヴァの最強にチートな能力でアドルフさんが生きていてもご都合主義だなんて毛の先ほども思わない。そして、そのあかつきには、アシモフさんみたいにアドルフさんの腕が再生している事を歓迎する。もういっそ、火星の神龍が現れて、1.全員五体満足で生き返る、2.ゴキ殲滅、3.地球へ瞬間移動。の三つの願いを叶えてくれたっていい……いいんだ!!!!!!

これは額面通り自力脱出するしかない展開と読んでいいのでしょうか。それとも、極秘に日米合同救助船を飛ばしている展開なんでしょうか。俺たちの一郎は、一体誰と何を企んでいるんだろう。。どうかそれが、小吉を裏切るような内容ではない事を切に望みます。。
関連記事

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2013年07月17日 23:55:44

ayanasuさん!
ついに読みましたか!!!
そして、諸事情ってなんですか!!!ww
5巻が(も?)神巻なので是非楽しみにして下さい!!!

> シーラって、すごい重要キャラじゃないですか。
(笑)そうなんです。わりとあっさり逝ってしまったのですが、重要キャラなんです!

> アレックスとマルコス、こんな切ない思いしてたのかよ(T_T)
そうなんです~~~orz
火星に向かう途中のアネックスの中でマルコスが語ったシーラへの感情なんて、彼女が亡くなった今益々涙腺を刺激しますよね~。

> 燈も入れて3人でちょこちょこ悪戯してる感じもいいですね。
なんだか男子高生みたいでかわいいですよね。
あのアホな感じに和みますw

> 小吉がすてき!とどこかにコメントした気がしますが、ごめんなさいやっぱ燈すてきです…。
燈はどこまでもヒーローキャラで素敵ですよね。たまらないです。
でも、小吉さんも近頃益々素敵なので、5巻以降の彼も楽しみにしてあげて下さいw

> アレックスは、イケメンなのに女たらしでもなく野球に突き進むなんて出来すぎて近寄れない!だったらマルコスの方が…ゴニョゴニョ。
わかります。なんかアレックスが人間としてしっかりし過ぎていて、近づいたら色々と説教されそうな自分なので苦しいですw
その点マルコスはダメなところが良いんですよねww

> でもこの流れだと、もし奇跡的に神龍が出てきても、どこからか豚が現れてパンティをもらって去っていってしまいそうな絶望感が漂ってますね(>_<)
爆笑しました!!!w
あの苦労の結晶がギャルのパンティとなった時の絶望感を思い出しましたww
なんなら、豚ならぬゴキが「じょじょうじ」とか言って、それが何故か神龍には通じてゴキの願いが叶う奇跡が起きたりしそうです。

> 日本が独自に宇宙船飛ばすとか、ないかな…。蛭間首相、お願いします!!
その辺、最新のヤンジャンで明かされつつありますが、どうなるんでしょうね(>_<)
ayanasuさん、5巻読んだらまた教えて下さい!

ついに読みました! - ayanasu - 2013年07月09日 01:16:32

諸事情があって四巻までなんですが、やっと読みました!
さらにボブさんの話が深く楽しくなりましたよ!

シーラって、すごい重要キャラじゃないですか。
アレックスとマルコス、こんな切ない思いしてたのかよ(T_T)
アレックスがマルコスを殴り、そして放つあの言葉がいいです!!

燈も入れて3人でちょこちょこ悪戯してる感じもいいですね。
小吉がすてき!とどこかにコメントした気がしますが、ごめんなさいやっぱ燈すてきです…。
あとティンも好きだ!!
アレックスは、イケメンなのに女たらしでもなく野球に突き進むなんて出来すぎて近寄れない!だったらマルコスの方が…ゴニョゴニョ。

ほんとに、もう神龍に出てきていただいて私も一向に構いません!
でもこの流れだと、もし奇跡的に神龍が出てきても、どこからか豚が現れてパンティをもらって去っていってしまいそうな絶望感が漂ってますね(>_<)

日本が独自に宇宙船飛ばすとか、ないかな…。蛭間首相、お願いします!!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。