スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラフォーマーズ 第50話 週刊ヤングジャンプ 25号



地球の全てが、俺らの武器だ。

巻頭カラーの今週。ミッシェルさんのクールな横顔が相変わらず美しい。燈はいつもハミガキ粉のCMのような爽やかなスマイルをありがとう。ちゃんとイケメンだと思ってるよ。そしてちゃっかりイザベラが復活しているww

今週は重要なネタバレ含まれています!!まだ知りたくない単行本派の方は逃げてーー!!!

さて、ページを開くとそこには三羽の小鳥の画。



『ヨーロッパカヤクグリ』
基本は一夫一妻制と思われるが 二十世紀 メスがオスの一瞬の隙を突いて 別のオスと交尾する様子が観察される。その後の研究によると第一夫は雛の世話をするが 第二夫が協力するかどうかは メスが交尾を許した回数によるという。
当時の生態学者をして「美しい」と言わしめる程鮮やかに決められる『不倫』は    それが文化でも運命でもない   捕食にも似た自然の掟である事を人間に知らしめた


さすが、その辺の生物図鑑よりよっぽどマニアックな生き物情報に触れられるテラフォーマーズ。へーなるほどぉ。そんな鳥がいるんだー。こりゃ一体誰のベースだ??と思いながら読み進めると、下のコマには、年齢を重ねると人間の外見は男女の境界があいまいになるよね。の代表・例のドイツ人科学者の姿が。煽りは「◆彼女の誤算」。 ある部屋での、ドイツ人科学者と蛭間六嘉の会話。苛立って机を蹴り上げる科学者に声をかける六嘉。『まあ… 単純に腹立つのは大いにわかりますけど… もともと自然交配じゃ望みは薄かったでしょう… 最新のデザイン技術でも全く成功しないんですから』そう言われたばあさんは。

『……… ……奴は普通の少女だった筈だ』
『優しかった筈だ 普通の家庭に育ち普通の私立高校に入り ちょっと家庭に事情はありそうだが優しいクラスメイトと出会い 恋をし 結婚し 普通の女になった』
『ドラマの中に出てくる様な人間たちではなく 得てしてそういうヤツが そういう普通の人間たちこそが持っているものなのだ いや 持っている筈だと思っていた……』



『「奇跡の子(ザ・ファースト)」が造られた時と同じセットを』


あれ。なんだこれ。急にアドルフさん出てきた。えっ!えっ!そういう話なの??思い出したくないあの昼ドラエピソード再び出てきたの?
えーと、つまり、小鳥さんの解説とこの会話を重ねるとだな………。美しく鮮やかに不倫を決めるメスがアド妻で、せっせと雛を世話する第一夫は俺たちのアドルフさんで、セクロスの回数で面倒みるか決める第二夫がヒゲづらの間男、ってことで読み違えてないですか。違えてないですね。

……え?では他人の、いや、私のいまだ乾かない傷口をグリグリとほじくるために、冒頭からご丁寧にこの愛くるしい小鳥の紹介なんぞして下さったという事ですか。不倫は文化でも運命でもない、自然の掟である、なんて純一石田さんへのオマージュを込めた否定まで織り交ぜて?あぁそうですか。
つらいよ (´;ω;`)ブワッ 

「“持ってそう” な女だと期待したのに持ってなかった」と「もともと自然交配だと望みは薄い」発言に、一瞬アドさんの子だけど遺伝しなかったパターンを思いましたが、“もともと” ってついてるから違いますよね。「(持ってそうなのに持ってなかったどころか、浮気して違う子生んだのは誤算だけど、もしそうならなくても)もともと自然交配だと望みは薄かったでしょう……」…って事ですね。それに、このばあさんのことだから生まれた時に勝手にDNA検査とかしてそうですし。。やっぱりアドルフさんの子じゃないんだ。知ってた。知ってたよ。こんな風に小鳥まで用いてもう一回説明してくれなくても!!!!! ・゚・(ノД`)・゚・

もうひとつ。「ちょっと家庭に事情はありそうだが優しいクラスメイト」……って読み落としそうな程さらりと書いていますけど、これって……。まさか、両親はバグズ手術に耐えられず天涯孤独となり国に買われて8歳から人体実験をされ、将来幹部としてアネックス1号に乗船し火星の雷神となるアドルフさんの事ですか………?火傷痕だらけの身体見て「ちょっと事情あるのかな?♡」なんて凄まじいお花畑っぷりじゃああああああ!!!!そんな事思うヤツ普通いないし!!!全身火傷痕になるような家庭の事情って何!??事件かバイオレンスな匂いしかしないじゃん!!!どう考えたって壮絶だろ!!!“ちょっと” なんて副詞の出る幕じゃあないだろ!!!

ばあさん、研究ばっかりしていて色々ズレた人なんですかね。いやでも、アド嫁も、アドくんちょっと事情ありそうレベルにしか見ていなかった可能性大だな。どんだけスイーツだよ。普通の人達は、アドさんに会ったら壮絶であろう聞いてはいけない事情の存在を察するだろ。スイーツだからこそのこの結果だと思うと、なんか色々と遣る瀬無いな…。

そしてアド妻はこの人の読み通り、間違いなくちょっとスイーツな普通の女だ。ツレが忙しくて一緒にいられないと寂しくなって、より近くにいて構ってくれる男顔の男性にふらつくような、超普通の女。(さすがに他の男性の子供は普通生まないだろうけど)。その、ある意味普通な行為に最後にハシゴを外されたんだから、そりゃ自分に腹が立つだろう。仮に、普通の女=浮気をしない、と思っていたのであればその認識の誤りも含め二重に悔しかろう。でも忘れるな。最上級に悔しかったのはなぁ、アドルフさんなんだよッッッ!!!!! ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ うあ゙ぁぁぁぁぁぁぁ

こんなに書いたけどまだ2ページ分の感想です。慟哭による長文ですまない。これは前置きに過ぎず(アドさんの悲劇を前置きにするなんてブタ野郎っ・゚・(ノД`)・゚・)、本題は『奇跡の子(ザ・ファースト)』のところです。

そんなわけでここからは、ばあさんの解説とともにミラクルベイビー・ミッシェルさんのバトルLIVEへ。先週までの流れが分からないのが残念です。

ジャレッドのシャチの能力、音波を発して定位を行う「反響定位」のサポートによって、エコーで隠れていたクワガタのバグズ型ゴキの位置を特定し、仕留めようとするミッシェル。

そいつはジャレッドの真上にいました。ミッシェルは右頬へ痛烈なドロップキックを見舞う。ひしゃげるゴキの顔。よし捕まえた!と思ったところで…



ゴキが頭突きを!!!女子の顔を頭突きとはとんでもねーゲス野郎だッッ!!!しかし、こんな衝撃でも割れないメガネ!!w こんなところで600年間の技術の進歩を感じる。。ゴキの反撃をくらったミッシェルさんは。

   糸!燈の糸をリングロープの様に反動に使いやがった…!!
ヤロウ 私の真似を  


レスラーさながらに、ロープならぬ糸に体を沈め、その反動から繰り出される加速度のついた頭突きを見せたゴキ。それはミッシェルの動きを真似たもの。やるな。たたみかけるように、クワガタのプレスでミッシェルを強烈にハグする。ミッシェルピンチ!ピーンチ!!と思ったら、その怪力でギギギギとゴキの腕をこじ開け始めるミッシェル兄貴。

  案外 愛 かもな…』
『「彼女(ザ・ファースト)」が生まれた要因だよ』


と、ここで挟まれるばあさんの語り。

『生まれつき免疫寛容臓を持つばかりか 親の昆虫の特性まで受け継ぎ「M.O.手術」さえ必ず成功する夢の新人類  

そんな夢の新人類ミッシェルは、ばあさんの語りを背景に、まさにクワガタ型ゴキの腕をこじ開けてその顔に一撃を食らわせようかというところ。ゴキと顔を合わせたミッシェル。繰り出した攻撃はなんと…



毒の噴霧。。。こんな事までできるんだ…!!!ゴキの顔面はそのまま膨らんで内部から爆発。ミッシェルさんの能力、接近戦では向かうところ敵なしだなぁ。ランキング気になる!!燈より上だろうから、1位か4位かな。最後、ぶっ倒したゴキにトドメの言葉。

『地球では 嫌がってる女子に無理に触ると 訴訟 罰金 減給 免職 若しくは    こうなる』

アメリカ社会におけるセクハラへの制裁は現在とそう変わらないようです。ミッシェルへのそれを除き…。

圧倒的な勝利に某然とするジャレッドと空気のエリカ。ジャレッドはミッシェルさんに「大丈夫か つかまれ」と言われて、えっいやっえっ…、と戸惑うww その戸惑いに構わず、つかまらせるどころか巨体をひょいと持ち上げたミッシェル兄貴。



こんなの男も女も惚れちまうわ/////////////
戸惑うジャレッドを気遣う言葉をかけるミッシェルさん。『よかった… 血は止まっているぞ 今度こそ車の中で休んでな』ってやっさしーーー(涙)なんだか無性にゴロンゴロンしたくなるシーンだ!!!「つかまれ」って、燈が手術を受けた時も言ってましたよね。その後、自分で歩けるなら手抜きすんなとか、メガネより下を見るんじゃねーとか、バッサリやられてましたけど。そういえば、今のところミッシェルさんのピンチを救ったのって燈だけじゃないですか。対ゲンゴロウ型。なのに、アカリンには冷たいミッシェルさん。いい男認定なのに。またアカリンにデレるミッシェルさんが見たいお。

さて、ドイツのばあさんの語りに戻ります。27世紀のあらゆる技術をもってしても、ザ・ファースト(=ミッシェル)と同じものは造ることが出来なかった。それゆえ、ミッシェルさんは “愛の力が生んだ奇跡の子” と半分諦め半分大マジで呼ばれるようになったんだとか。

『だがヤツは違う』

ヤツとは、『今は「彼(セカンド)」と呼ばれるソイツ』の事。ソイツのせいで、不穏な分子を含みながらもなんとかバランスを保っていたアネックス計画は一気に浮き足立ち、出発も早まった。そして、計画を浮き足立たせたその存在を見つけたのは、六嘉の兄だと言います。ソイツとはもちろん、アカリンこと膝丸燈。

『「膝丸燈」は人工的に造られた存在だ!つまり 成功させた奴がいるってことだ 二十年も前にこの実験を!!!』



そうかーーやはり燈は試験管ベイビーかー!!ようやく出生の秘密が少し明らかになりましたね。愛による奇跡じゃないのは分かったけれど、誰の遺伝子なんだろう。やはりあきたこまちなんだろうか。そんなの想像だけで鼻の奥がツンとなる。。27世紀の科学のレベルは分からないけど、いくら試験管ベイビーとはいえやっぱりオタマジャクシと卵は必要なのか?だとしたら、バグズ手術後にそれらを採取する必要がある?それとも、免疫寛容臓を持たない人の受精卵でも、遺伝子組み換え技術でどうにかできるものなのかな?うーむ、色々と想像の域を脱しませんね。本多博士の告白を待ちます!

それにしても本多博士の天才っぷりがすご過ぎる…!!!日本の超頭脳!!あのドイツのばあさんは、もし生まれていればサードとなったアドさんの子供は誤算に終わるわ、他国にはそれを二十年も前に成し遂げた奴はいるわ、いち科学者として相当プライド傷ついているんだろうな。そりゃ、机くらい蹴るよな。かわいいもんだ。

続き気になるなあ!くそーくそー!次号はアカリンのバトルがメインのようです。週刊誌には手を出さないようにしようと思っていたけれど、来週も買ってしまいそう。。テラフォ楽しくて他の事(主に仕事)おろそかになっていてどうしようw


ジャレッド鮫じゃなかった…
↓いつも拍手ありがとうございます!
関連記事

この記事へのコメント

Re: こんばんは! - コミックボブ(管理人) - 2013年06月01日 23:20:12

ayanasuさん、こんばんは!(^_^)

> ヤバイ!深い!
そうなんですよ。ヤバイんです!深いんです!
もう毎週ヤンジャンですw

> マニアックな生物が色々出てくるのも楽しいですね!
はい、楽しいです!ayanasuさんは虫OKなんですね。
弟さんと虫捕りとかしていたかなと想像しています(^_^)
この頃、通勤路で思わず虫をジッと見てしまいます。

> 人間の悲しい話が出てきたり、上層部の悪巧みがあったり、なんだか色々目が離せない展開(>_<)
ググっただけなのに、そこまで理解しているayanasuさんがすごいww
初めはそこまでハマッてなかったので感想書いていなくて、あまり読み直してもいなかったのですが…。
ここへきてスパーク!w
もう一度1巻から読んだら、前半に張られまくった伏線に気がついて悶絶したり…
虫とちょっとグロい描写が大丈夫なら絶対にオススメです♡

> そしてボブさんの感想がアドさんにいかに寄ってたかってのもわかってw
ホントすみません…w アドさん・゚・(ノД`)・゚・
しかし… 本気ですごいですね!!ググっただけなのに私の感想の偏りまでお分かりとは!
そうとう色々ご覧になったのでしょうかw
電子書籍だと各巻立ち読みもできますし、機会があれば実物も見てみて下さい〜(^_^)

こんばんは! - ayanasu - 2013年05月31日 19:58:00

ブログ見るたびに気になってくるテラフォーマーズ…。
ググって色んな情報を収集しはじめてしまいました。

ヤバイ!深い!

マニアックな生物が色々出てくるのも楽しいですね!
人間の悲しい話が出てきたり、上層部の悪巧みがあったり、なんだか色々目が離せない展開(>_<)

そしてボブさんの感想がアドさんにいかに寄ってたかってのもわかってw

テラフォーマーズ、密かに楽しみにしてます☆

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。