スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラフォーマーズ 5巻

テラフォーマーズ 5 (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ 5 (ヤングジャンプコミックス)

雷神に、痺れろ。


アドルフのアドルフによるアドルフのための、テラフォーマーズ5巻です。なんたってタイトルが「雷雨の一粒」ですからね。これはもうアドルフ無双にほかなりません。そして、恒例のカバー裏の画にさっそく濡れる。くっそエロい!首にかけた指輪を見つめる哀しき表情に、読む前から視界が霞んでしまいそうです。

さて、5巻開いて早々にマーズランキング13位のイザベラがあまりにもあっさり逝く。はっや!!13位なのに!?リオックって結構やるらしいのに!?相変わらずひどいwwwそのゴキを目潰しからの電撃で仕留める五班の班長、アドルフ・ラインハルト。なんて声に出して読みたい名前だろうか。かっこよすぎ。

そして、ゴキの大群とのバトルシーンの合間にアドさんの回想が挟まれます。これもう、完全に死亡フラグなんじゃ。。。実験体だった幼い頃の事、奥さんとの楽しかった思い出や、浮気された事などなど。その中には、生まれた子はモザイクオーガンを持たない…つまり、浮気相手の子供らしい…という、これなんのマンガでしたっけ?な男女のドロドロ話まで…。きっついわ。やだもう。アドさんこんなにイケメンなのに、奥さんなんでそんなくそビッチな事をなさったのでしょうか。他人事ながら怒りでわななく。

その回想に自暴自棄気味のアドルフ。そこに、群れのボスとおぼしきゴキが登場。旗を掲げるボスゴキに扇動され、一気にまとまりを見せるゴキ軍団。



くっそーーこのマットなのに黒光りする艶やかなボディが憎たらしいぜ……!!!そして、“旗を掲げる” というなんとも人間らしい行為に苛立ちが募る。 押し寄せるゴキの大群、いや、むしろ大軍と呼べる統率のとれたゴキ兵に勝ちを諦めるアドルフ。ちょっとwww 班長のくせにwww と思ったが、待て待て自分。このアドルフの気持ちを分かりたい。彼が地球に帰る意味が崩壊している以上、ここで踏ん張る理由はもうないんだ。嫁は何年も間男と××、生まれた息子は自分の子供ではない(確信はないが)なんて、ノーマルな人間にだってキツイのに、ましてや、“人間と思っていなかった自分を人間にしてくれた” 人であり、あんな風になりたいと思った人の裏切りだっていうんだから、ホント 利用されるだけの人生だった ですよ。ここで彼の生への気力が途切れたって、責められないよなあ。まして私なんかが責めていいわけがないよ(涙)

そんな絶体絶命の中、立ち上がったのは彼の部下たち。『エヴァっ!!!班長を連れて逃げろ!!!』力尽き戦う事を諦めたアドルフをかばうように、ゴキブリの前に立ちはだかる!…が、やはりゴキに身体を貫かれ捕えられてしまう。。。

死にかけだったアドルフさん。自らの人生に対する悔しさで再び立ち上がったところに、傷つき網で捕えられた部下の姿を見て感情に火がつく。

『……… 悔しい…… 悔しいよなぁ… お前ら…… 待ってろ…ッ 今助ける…!!』

『道を…… 退け!!




大量の薬で能力を全開にしたアドルフは、地面に電流を流し、さらにゴキの掲げた旗に雷撃という無双状態に。



雷!!!強し!!!!さすがのマーズランキング2位!!!別のマンガの例えですんませんが、基本的にみんなゾオン系なのに、アドルフだけはデンキウナギながらもロギア系っぽい能力。この雷神をもってして2位とは…。1位はどんな力なんだろうか。。

落雷にやられゆくゴキたちに気分爽快!ゴキ大将もコロリと一撃で死亡。いやー爽快爽快!!!ゴキ退治は雷に限るぜ!力を出し切り、地面に倒れこむアドルフ。側に駆け寄りその身体を起こそうとするエヴァ。泣いているその顔に触れたアドルフさんの「…濡れたら危ないって言っただろ」(←通算2回目)にもれなく感電死。

これでゴキ軍団は退却する?と思ったら…。なんと仲間が心臓マッサージのようなものを施し、息を吹き返すゴキの大将。…え??そんな展開あり……??そして、今度は弾丸を撃ち込んでくるヤツら。

既に立ち上がる事もできない程消耗し切ったアドルフ。そして、弾丸から班長を守ろうと、手を広げアドルフの前に立つエヴァ。あのエヴァが…!その姿に驚き、最後の力を振り絞るアドルフ。

動け…ッ オレの躰…ッ!!動けッ!!!
こいつらをッ 護る!!


突き立てた指に電流が走る。そして、2人を覆うように電磁のバリアが張られます。そのバリアを通る事ができず、弾道を変えていく銃弾。



護るッ!護るッ!!護るッ!!!
こいつらをッ!!!
必ず救い出し!ワクチンを造り!
地球へ   地球へッ
地球へ 還る



そうしたら…
きっと そうしたら  
もう 嘘をつかないで生きよう




ア、アドルフかっけえええええええ!!!!プルプル マジ痺れました濡れました。もう、このシーンのかっこよさったら筆舌に尽くし難い。神だよ雷神様だよ。このドイツ男の止まらないかっこよさどうにかしてくれ!感電して頭がおかしくなりそうだ!!これはもう顔の造作なんて表面的なものではなく存在そのものがイケメンすぎんだろ!!!!完全にイッヒリーベディッヒだろ!!!これを見てしまうと、確かに燈は “多少” イケメンだと納得できるww そうだよ、アドさんは仲間を護るために戦って、みんなで地球に帰るんだ!(泣)そしたら今度こそ、嘘つかない人生を生きてくれ!!!嫁に三下り半を突きつけて人生をやり直してくれっっ!!!こんなにも勇敢な戦士の子供はきっとエヴァが生んでくれるっっ!!!だから生きろ!生きてくれ!!!(嗚咽)

ところが。弾丸を撃ち終わったゴキ軍団は、弾が切れると今度は投石を開始。エヴァの身体に覆いかぶさり護るアドルフ。



アドさんの腕吹っ飛ぶとか身体に穴が開くとかやめてくれええええ!!!!!弾は回避できたのに、石にやられるなんて!!(泣)ウソだ!!ウソだろおおおおお!!!

アドルフが倒れ、投石が止む。護られて無傷のエヴァ。その前に歩み寄るゴキ大将。またもや、絶体絶命の場面。

そこで突如、命尽きたアドルフの身体から発せられる電子音。その電子音は、アドルフ自身も知らない仕掛け。最悪の場合に身柄を他国に渡さないために身体に組み込まれた、時限爆弾の音でした。

その音を聞いた途端、顔を歪め全力で逃げてゆくゴキたち。
そして、ゆっくりと歩み寄りアドルフを抱きしめるエヴァと、それを見守る仲間たち。。。

   一緒ですよ アドルフさん』
『私たち    血よりも固い絆で結ばれた家族です』




アドルフ、爆発………。
逃げる途中のゴキ大将と共に、五班殉死。なんてことだ。。てゆーかアドさんをここまで不幸に描き上げるってなんなの…。彼の身柄がゴキに渡らなかった事に一抹の安堵を感じながらも、圧倒的に哀しい。。。でも、五班の絆、、アドルフに寄せた信頼と愛情には救われました。自分を人間にしてくれた奥さんの動物的行為に傷ついたアドルフでしたが、愛する家族を持って幸せになるという彼の人生の目標は、形を変えて、火星で血の繋がらない人達と実現できたんだ…と思うと泣ける。

さて、その頃ミッシェル率いる二班はというと。五班の方角の爆発に気がつきつつも、SOSのあった一班と六班のもとへ向かうという決断を。

そして、艦長・小町小吉率いる一班は。バグズタイプのゴキ2体と対峙。そして、それを囲む大量の一般ゴキ。

バグズタイプのうち1匹は、異常な硬さの甲皮に覆われている。どうやら、黒カタ象虫のバグズ手術によるもの。さらにカイコガの食べ過ぎでゴリラ化しているゴキマッチョ。プロテインの過剰摂取ってことですかね。もう1匹は、カイコガをバグズ手術した個体。身体の一部がイエティのように毛で覆われている…。なんて不気味な…。



小吉対カイコガゴキ、マルコス&慶次対ゴキマッチョ。小吉もマルコスも慶次も強いんですが、ゴキのヤツらもなかなかの策士。力任せに突撃してくるわけではなく、一班を罠にはめようとする。手強い。

そのためマルコスはバグズタイプを慶次に託し、残した仲間のもとへリターン。そして、一班にもう1人いる上位ランク者と連携して一般ゴキの殲滅にあたります。そのもう1人は。



マーズランキング・15位。針尾雨燕の加奈子。ツバメの速さを宿した人間・生物最速の力を誇る加奈子は、飛行そのものがもの凄い破壊力。飛びながら体当たりするだけでゴキが砕け散る。

加奈子とマルコスにより、約30体いたはずのザコゴキブリは半分程度に。バグズタイプと戦う小吉と慶次の戦いの行方は…というところで5巻終了。

一班が戦うバグズタイプの特性は、明らかに小吉さんの愛したあの人の能力。。。小吉さんの積年の思いと共に、その力が炸裂するだろう6巻が楽しみだ。今のところ、刃牙シリーズと似たワクワク感でバトルシーンを堪能していますが、各国の思惑や企みもそろそろ気になる。6巻の予告ではそのヒントが描かれそうな煽りもあり、物語も進展していきそうです。ところで。
いまさらですが、俺達のアドルフだけでなく、王道ヒーローキャラ・燈もマルコスも慶次もジョセフも、なんかよく見たらかっこよくて実はイケメン筋肉パラダイスなんだと、今頃気がついた。気がついてしまった今、読むモチベーションがさらに高まるww

【追記】
2013.05.19
休日につき、1巻からテラフォをおさらい。アドルフさんの電話でのイッヒリーベディッヒなシーンに萌え転がる。が、この時既に嫁は絶賛浮気中だったかと思うと私の精神が崩壊寸前。そしてあまりにも切ない5巻に再び涙にくれる…。死ぬやつの名前は覚えない的な発言してたのに、部下全員の名前叫ぶとか反則だろお!!!(泣)プロフィールの好きなモノが嫁のカレーとか、ほんとにこれ以上泣かさないでくださいお願いだから。

2013.05.21
飽きもせず毎日テラフォを読んでおります。そして、また1巻から読んで気づいた…「ゴリラ」の意味に……うおおおおおorz 5巻の胸の打ち方がひどいよ。あと、アド妻への対応について。「あの家に我々の身内は一人もいない」と一刀両断されたのは胸のすく思いだったが、翻って、やっぱり息子は息子じゃないんだなと…。アドさんの息子ならあの博士が興味を示すだろうし、ミッシェルや燈のように放っておかれるわけがないんだ。。まあ、ここでアドさんが「身内」と表現されていたのがせめてもの救いか。。

2013.05.24
昨日からヤンジャン求めてコンビニはしごしているのに、どこも売り切れという大殺界に見舞われています。


6巻の表紙はマルコスだろうか慶次だろうか。
テラフォ好きになりすぎて毎日が苦しい。
↓拍手が励みです!
関連記事

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2013年05月25日 18:51:12

ぼんたさん、こんにちは!
やばいッス、テラフォーマーズ。
ここ数日たぎりまくって日常生活がどうでもよくなっていますww

ア、アドルフ…ッッ!!涙
なんか彼を語ろうとすると涙しか出ないです。
あ、私も今週はヤンジャン買いました!!

> なんかあらぶってしまって終わりそうにないので・・・
> ここで終わらせます(無理やり)
大丈です!!あらぶって〜あらぶって〜!!!w
またお待ちしています(^_^)!

- ぼんた - 2013年05月24日 22:37:46

お久しぶりですwww
やばいですよねww
テラフォーマーズwww
アドルフさんLoveなんですwww
私はヤングジャンプで読んでるんですけど・・・
アドルフさんの今回の話ほんとやばくてっ!!
マジで大好きなんですここww
アドルフファンがいっきに増えますわww
あかり君とミッシェルちゃんもまじ萌えますねぇーww

なんかあらぶってしまって終わりそうにないので・・・
ここで終わらせます(無理やり)
なら失礼しますっ!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。