スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙兄弟 18巻

宇宙兄弟 18 (モーニング KC)
宇宙兄弟 18 小山宙哉 (モーニング KC)

この巻は何と言っても日々人が試験に合格して宇宙飛行士に復帰できるのか!?が最大の関心事!そして、当然復帰できるだろうという予想のもと(宇宙"兄弟"じゃなくなっちゃうし)、どれだけ感動的にその時を迎えちゃうの!?という期待で胸が高鳴ります!

試験の途中グリーンカードで動揺した日々人ですが、お守りのプリティドッグで持ち直し、なんとかトラブルを乗り越えます。
その時、管制室から日々人に意外な声が届きます。

『ようヒビト 聞こえるか』

声の主は、共に月面に降り立った仲間のバディでした。バディは管制官に代わって日々人に試験の指示を出すことに。
そして、この人も。



船外活動のパートナーとしてダミアンが参加。

『ダミアンまで…来てくれたのか』

『当たり前だよ…
当たり前だ……!』




熱いチームメイト魂にうっかり涙しましたが、よく考えたら、この人はホント来て当たり前ですw

この粋な計らいは、ムッタから事情を聞いた仲間達が考えたものです。
ヒビトを救うために、ヒビトが一番幸福だった時のことを思い出させてやりたい…そんな仲間達の想いが日々人を後押しします。

順調に進む試験。日々人はこれまで自分を支えてくれた人たちを思い出します。
そしてついに、 俺はーー
宇宙飛行士ーーーー !


日々人は、水中でぴょーんと跳ねてみせます。
そうです、ムーンジャンプ!!日々人、ついに復活(涙)
感動のジャンプシーンは、コミックで是非!

六太が駆けつけた時には試験は終了していて、日々人はこの笑顔。



六太の嬉しそうな、安心したような表情がいい!この2人はシャロン博士の言葉通りの関係になりましたね。
実は弟の失敗を望む兄…的ないやらしさがなく、読んでいて安心。

シャロン博士といえば、月面望遠鏡の新提案のため再びNASAを訪れます。
過去に指摘された数々の問題点を全てクリアした新案は前向きに受け入れられました。しかし、この企画に熱意を持てる飛行士がいるのか…
シャロンは言います。

『それなら大丈夫です
この願いを必ず叶えてくれると……
まだ子供だったムッタは約束してくれました』


シャロンの夢を叶えるまであと少し。
さて、月を目指す六太はというと、いよいよバックアップクルーとしての訓練が始まります。
メンバーは、こんな感じ。



月に一緒に行くであろう仲間たちです。
それがとんでもなく個性的なメンバー。手前から順に、北斗晶の性格を持つ美女、自分大好きナル男くん、南米ノリのレゲエ野郎、むっつりモアイ。

ランニングひとつ集団でできないようなマイペースすぎるメンバーに、和を重んじる日本人代表六太は、自分がリーダーにならねば!と思ったりするのですが、あえなく撃沈。

このチームの6人目のメンバー、リーダーになるだろう人は、まだ合流していません。バトラー室長が、彼なら!と思う人物が、まだ首を縦に振ってくれないんです。
その彼の名は、エディ。エディはISSの大ベテランクルーで、亡きブライアンの兄でもあります。

エディとブライアンは、かつてこんな約束をしていました。

『試してみるか ブライアン』
『俺らが月に行ったとき 一緒に月面に並べよーぜ これ』

『うわぁ… それやりたい!』




結局、月に行けたのはブライアンだけで、約束を持ちかけたエディは月へ行く機会がなかった。引退の年齢をむかえようとしている今になってようやくチャンスが訪れたものの、今さら月へ行くなんて…と心が前に進まない。

バトラー室長は、あの超個性派チームをまとめられる船長はエディしかいないと思い、勝負をかけます。

『CES-51の事故の時 ヒビトが偶然月面である物を発見したんだ』
『月面であんたを待ってるかのようなーー ブライアンの置きみやげだ』




写真には、月面に立つあの置物。背中には、約束を交わした時の2人の写真が。
エディは心を決めます。

そして、超個性チームのメンバーの前に、チームリーダーとして現れるエディ。
その姿を見て、六太は思います。

一瞬にしてーー わかってしまった
リーダーというのはやはり、安心と興奮を同時にくれる
この人は俺たちのリーダーだ


ムッタのチームは、これからエディの仏のリーダーシップで生まれ変わることでしょう。

エディが写真を見るシーン、いいですよね。グッときます!
日々人が月でこれ見つけた時、すでにこの話は考えられていたんですよね~、きっと。ブラボー小山先生!

いつもありがとうございます!ランキング参加中です!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

宇宙服はドレッドヘアも収まる。
関連記事

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。