スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいようのいえ デザート 2013年06月号

デザート 2013年 06月号 [雑誌] 発売日 : 2013-04-24
デザート 2013年 06月号 [雑誌]

私のこと 好きってことでいいの?

たいようのいえ、今月は表紙&カラー扉絵です。そしてストーリーは、心臓に不意打ちをくらった、あのけしからんキスシーンの続きから!
しかも、先月は 1.キスして 2.離れて 3.我に返って 4.「おやすみ」って別れるシーンまで進んだのに、キス直後の2からのリピート再生!!(細かくてすみません)

基がいなくなり、1人リビングに残された真魚は、うわああああ!!ちゅーされた!!うわああああ!!とひとり大暴れww そして、

基も 私のこと 好きってことでいいの?

と思うのですが、自信が持てない真魚は、ちょうどやってきた風呂上りの大樹に聞きます。『だ、大樹は好きな子以外にキスってしたくなったことある?』。飲んでいた水を吹き出す大樹。そこで、例えば私にしたくなったりとか、と付け加えた真魚の言葉に大樹は、『………真魚か あるよ』と顔色を変えずに答える。あるのか…!いや、あるよね!!こういう事をしれっと答える大樹が好き過ぎてやっぱり大樹派。
その回答に「野蛮!」と言い放つ真魚。勘のいい大樹は、誰かにキスされたの?と聞くのですが、真魚はしらを切る。そして、真魚に近づいた大樹に『だ、大樹は野蛮だから それ以上近付いちゃ駄目だからな!!』と。それを聞いた大樹は。

『ひどいよね 真魚は いいかげん鬼畜だよ』



大樹は頑張ってると思うんですけどね…。なにげに、真魚を支えてますし。はなっから眼中にない、気づく様子もないのが可哀想過ぎますね。このセリフの後、ちょっとは気づくのかな?と思いましたが、真魚はやっぱり基で頭いっぱいの様子。

そして、翌朝。顔を合わせた2人と、それを目撃する大樹。



もーこれはバレてるだろお。そして、真魚から報告を受けたちーちゃんが教室でシャウトした事で、キスの事実が大樹に伝わった事はほぼ確定。

大樹を思うと心の底から切ないな。ひとつ屋根の下で好きな子が実兄とキスとか一体どんな天罰だよ。前世でどれほど酷い事をしたら、今こんな不憫な目に遭うのかと思ってしまうほど可哀想ですね。なんでこんなヒドイ事するの?鬼畜は真魚じゃなくて作者ですw 私が大樹なら、もう神戸に帰るww

さて、もう1人の失恋組・杉本さん。
泣き明かして、早く忘れなきゃと自分に言い聞かせて出社。そんな中、お昼休憩の時の会話で、基のお昼が彼女の手作り地獄弁当だと聞いてしまう。それを聞いて…。



忘れるってどうやって?
今でも嫉妬でおかしくなりそうなのに
どうやって違う人を好きになるの?


このシーンが好きです。自分でもコントロールできない感情が一気に噴き出したのが伝わってくる。杉本さんは根っからいい人で本来他人を妬むタイプではないけれど、そんな人ですら、嫉妬でこんな感情を抱くというリアルさが、胸に迫りました。やるせないよぉ。

泣き明かした後のボロボロ具合も痛ましい。ただでさえ薄い目の周りの皮膚なんてもう真っ赤で、涙の塩分とタオル摩擦のダブル攻撃で角質層が全部擦り切れてるんじゃないだろうか。。

仕事帰り、大樹のバイト先に顔を出す杉本さん。飲んで愚痴って暴れた挙げ句、「もう駄目だ 死のう」と言い出す始末。大樹はそんな杉本さんの頭をはたき、『たかが失恋です』と言う。あーこれまた切ないわ。その言葉に再び泣き出す杉本さんも、その言葉はきっと自分に言ったんだろう大樹も。。

杉本さんにとっては、恋をする事もフラれる事も初めての経験。望まずとも全てに全力ゆえに、ボロボロ具合も激しくてつらい。“初恋は実らない” なんてケチくさいセリフは信条にないですが、恋にまつわる色んな事を上手くやれないから、結果的に実る確率が低くなってしまう事実はあるのかもしれない。

でもですね、そんなに惚れ込むほど基はいい男か?と思うわけです。藤田くんと何が違うんだと。いやまあ、藤田くんの事はよく知らんけどもw この際どっちでもよくない?と。

が、しかし。そんな私が藤田くんとの違いを思い知る、基のイケメンシーンが再び訪れます。

夜、台所で夕飯の支度をする真魚と、そこへ帰宅する基。真魚が週末家に帰る事を伝えると、その少しの不安を見抜いたように基が言葉をかけます。それを受けて真魚は、基はいつも欲しい言葉をくれる、と嬉しそうに言い、それなのに、「なんで昨日あんなことしたのか教えてくれない」と真っ赤になってすねる。その言葉に基は。

『そんなの 一つしか理由はないだろ バカ』



それを聞いた真魚は、一つって言われてもわかんない、と照れながら怒るw それは好きってこと?と聞きたくて思わず、すき…と言葉にしかけた真魚と、それを「言うなよ」と遮る基。口をふさぎ、

『俺がちゃんと言うから 待ってろ バカ』



最後の最後にまた~~!!!ヤバイよ、基がかっこいいよ!!!漢だよ!!この、告ったも同然だけど核心の言葉は言わない、って状態が最高!!これは、パンツが見えそうで見えない的な興奮??!水着よりパンチラのが萌えるみたいなもん!!?丸見えよりチラ見えの法則なのか!??浮かぶ例えがおっさんくさくて自分が残念ですw とにかく、興奮MAX!!!って事が伝えたいだけの今月の感想を終わります。

↓いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

頭はたかれた杉本さんが大樹を好きになる展開とかどうでしょう。
関連記事

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2013年05月04日 17:52:40

うさこ。さん、こんにちは!

気持ちのアップダウン、わかります。
幸せ組と失恋組のコントラストがなんとも(>_<)

> 大樹はこれでもうなにも言わずに諦めるのでしょうか・・・
“次号大樹が動く” みたいなコピーがあったので、来月何か行動しそうです。
フラれるの確定なのに動くなんて漢ですね!
真魚がだめでも、大樹はモテるからきっと近い将来幸せになれる。と思いたいです。
杉本さんも。。

> 基がすぐに言わなかったのは、大樹と一度話し合ってから、とか考えてるのかなぁ・・・
私があらすじを充分に書けてないのですが、基と真魚には、真魚がちゃんと自分の家に帰る、という事が大きな意味を持っているみたいです。
けじめ、ということでしょうか。
それなくして、関係を先に進める事はあり得ないような流れでした。
基はいつか大樹にも話すんでしょうか。。
兄弟で同じ人が好きだなんて、やっぱり色々気まずいですね(^_^;)

来月は大樹に注目です(^_^)b

- コミックボブ(管理人) - 2013年05月04日 17:35:13

ゆりあさん、こんにちは!
呼吸困難(笑)
確かに、基が急激にイケメンになって胸が苦しいですね!
やっぱり大樹が好みの私ですら、やたらと基がかっこよくて困ります☆
ちなみに、「来月は大樹が動く」だそうです。
来月も楽しみですね♪

- うさこ。 - 2013年05月04日 08:32:33

感想ありがとうございます!

あーーー今月はやばかった!!!!
前回より気持ちのアップダウンが激しかったです・・・
大樹(と杉本さん)のことを思うと切なくて切なくて・・・あたしも神戸に帰りますw
大樹はこれでもうなにも言わずに諦めるのでしょうか・・・
そのほうが穏便に済むけど・・・でも・・・でも・・・!!!
大樹には幸せになってほしいです!!!

そして基・・・今月もニヤニヤをありがとうwww
どうせ「好き」の言葉をいうときにもニヤニヤさせてくれるんでしょう・・・!
基がすぐに言わなかったのは、大樹と一度話し合ってから、とか考えてるのかなぁ・・・でも真魚が好きって言われた大樹は自分には関係ない的な態度をとるのか、はたまた・・・とかいろいろ考えちゃいますw

あーーーほんとにタアモ先生は鬼畜wwww

来月も感想楽しみにしてますね☆

- ゆりあ - 2013年05月04日 01:09:25

たいようのいえ、感想記事待ってましたヽ(;▽;)ノ

読み終えた結果、
呼吸困難に陥りましたヽ(;▽;)ノ
大樹もラジカルさんも切ないけど、やっぱり基と真魚のいちゃいちゃを見せつけられるときゅんきゅんしちゃうし、ほっこりするし、良かったなぁってヽ(;▽;)ノ
基ってこんなにかっこよかったかな?なんて思いながら…笑
また次号の感想も楽しみに待っています☆

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。