スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黎明のアルカナ 12巻

黎明のアルカナ 12 (フラワーコミックス)
黎明のアルカナ 12 (フラワーコミックス)

側に居られて 良かった

ついに母国セナンの王に上り詰めたナカバと、そのセナンを攻めようとするシーザの国・ベルクート。クライマックスに向けて、物語が大きく動く黎明のアルカナ12巻。今巻の主役は表紙を飾るベルクート王・グランです!

ナカバとシーザの恋路はどーなるのかなっ♡?なんつーお花畑な空気は皆無!戦いです。ついに戦争勃発かという展開。少女漫画なのに!でもいいの。そこが好きなの!それでこそ黎明のアルカナと思う!では、あらすじ&感想です♪

ベルクートで秘密裏に造られていた、レチナを原料とした武器。その製造方法が判明するところから今巻スタート。

高熱でも溶解できないはずの鉱物・レチナ。ベルクートは、なんと炎のアルカナを使って炎の温度を限界まで高める事で、レチナを融解していました。その事実に、アルカナを憎んでナカバの村を襲ったベルクート王が、アルカナの力を利用している…?と疑問に思うナカバ。

一方、ナカバがセナンの王となった事を聞いたベルクート王は。『あの一族の生き残り… ちょうどいい機会のようだ セナンへ挙兵する』と言い、シーザとダグラス将軍にセナンへの侵攻を命じます。

命じられたシーザはというと。私兵と共に王に歯向かう事を企み、形上軍を進めたセナン国境付近で策を練ります。足りない戦力で謀反を起こすにはどうしたらいいのか…?と悩むシーザ。

そこに現れたのは。

ナカバ。お互いの信念と理想のために別々の道を選んだ2人が、ついにその理想を実現するために再会。

『会いたかった シーザ』



『ああクソ… 会いたかった!』




そして、ナカバが言います。

『その反乱に加勢しに来たの』



ナカバはアルカナでシーザが反乱を起こそうとしている事を視ていました。そんなシーザに力を貸すセナン王・ナカバ。痺れる!あの時の別離は、そしてその後の全ては、この時のためだったのだね。泣く。ところで水をさすようだが、形式上とはいえお互いの夫と嫁はいいんかい?戦いに勝ったのに痴情のもつれで妻に刺されるシーザとか見たくないんだけどw

反乱を前に、ナカバはまたアルカナの力を使います。ベルクート王の過去を視るために…。それは、ベルクート王のアルカナに対する考えを明らかにしたい思いからです。

開いた時の扉の先は、過去のベルクートのどこかの街でした。そこで視たのは、賑やかな街の路上でぶつかり、持っていた小麦粉の袋が破けて粉まみれになった2人の人。

粉を落とすため、近くの井戸で水をかぶった2人。そのうちの1人は女性。金髪に青い瞳。カインのお母さん・サラ!
もう1人は…。

『すまなかった 私は…… グラン』



い、い、色っぺー!!!!ゴロンゴロン 何このイケメン!!!水も滴るいい男ってきっとこの人のための言葉だ!!他人に使うの禁止だぞ☆キャピ いやいや、そこじゃない。なんとベルクート王だった!って事です。

立派な黒髪=いいところのお兄さん、だと分かったサラですが、そんな事にはひるまず小麦粉代を弁償しろと迫りますw それを聞いてグランがホイと投げてよこしたのは、金でできたボタン。こんな高価なもの貰えない!冗談よ、と焦るサラ。グランは、ボタンの金の色が濃くて気にいらないと。そして、

『君の髪くらいがちょうどいい』





と、サラの金髪を褒める。クラクラ パタリ。なにこの笑顔。こんな笑顔を置き土産にするなんて卑怯者ッッ!!もうだめ。陥落。好きですっっ!!!私、黒髪ですが、お嫌いですか??!!なんなら今から金髪にしても構わないですが!!!そして、サラの恋落ちも確定。

その後再び、サラのパン屋に姿を現すグラン。その姿を見つけて髪をささっと直すサラのかわいい事!!そして、パッと首元を隠すのですが、それは金ボタンをネックレスにして提げていたから。

それに気づき「売ってなかったのか」と聞く、グランとサラの会話。
『き 記念よ』
『なんの』
『私みたいな庶民が 王子様みたいな人にいいもの貰った記念!』
『…王子様?』




ギルティ!!!もうやめて!!あんたの笑顔は心臓に悪い!!!さらに、その笑顔を見たサラに『まぁ 王子様っていうより ちょっと意地の悪そうな どこかの領主って感じだけど』と言われて、はっ!と笑う。



こんな笑顔で好きにさせるなんて、悪い男。なんでそんなにかっこいいの??(真顔)そういえば、カインとシーザもかっこいいよね。そうか、この人のDNAの仕業か。納得納得。ちなみに、わたくし、若き日のグラン様が登場人物の中で最もタイプです。最終巻の直前・12巻にして最愛キャラに出会うとは思わなかった。気が抜けないわぁ。てか、グランがかっこよくて感想が進まなくて困る!!こんなに書いたのにまだ序盤というww そして気付けば画像貼りまくりだわ。

ナカバの苦手なベルクート王の無慈悲な目が、サラの前では優しく細まる。そんな2人を視てナカバは思うんです。

ああ 彼らは恋をしている





王様と町娘の恋。純粋で慎ましくて、なんてかわいい恋だろう。いつか町娘に生まれて王様と恋したいなーとか言い出す寸前の私を誰か殴って正気に戻して下さい。

そんなある日。
突然、『もう会えない』とサラに告げるグラン。しかもそれがベッドの上って…悲しすぎる。『…ひどいわ こんなに好きにさせておいて』という、悲しみとも怒りとも取れるサラの言葉にグランは。

『私はどこかの意地の悪い領主ではない 意地の悪いこの国の王だ』



このカミングアウトにサラがどれだけ驚いた事か。偶然出会って恋した相手がよりによって国王だなんて、誰が想像するのか??にわかには信じられませんが、私的にはこれだけ気品漂うお兄様なら国王である事にむしろ納得しそうですw でも、王子じゃなくて既に国王だったんですね…。

『嘘であればいいと思うほど 私は君を愛しているよ だから巻き込みたくはない』
『嫉妬や陰謀の渦巻く城に君を攫えない』


サラを想うからこそ、別れを決めたグラン。
ところがその後、再びサラがグランの前に現れます。

『攫われに来たわ』

そして、何をしていてもグランがいないのが虚しいと言い、『あなたと一緒にいたいわ』と言うサラに、グランは『……後悔するぞ』と言うのですが、、、

『させないくらい愛して』





『ああ 愛している サラ』




うわ~~~ん!!ちょっと困ったような照れたような微笑みがああああ かっこいいよおおおお(泣)私もう、このシーンがこの作品のクライマックスでいい!!くらいの気持ちになってますけどもお許し頂けますでしょうか!!

そんなわけでサラは王妃になるんですが、当然周囲は平民を王妃にするなんて…と言うわけですよ。グランはそれを『このベルクート王家が このベルクートが 他家より他国より強ければ問題ない』と一蹴。そうか、だから拘るんだ。強い国である事に。。。

グランとサラの、愛し愛され守り守られる日々。カインも生まれて、それはそれはこちらがキュンとしちゃうほど幸せそうな毎日。ところが、そんな幸せな日々が一変する出来事が…。

ある日、セナンの捕虜の中によく当たる予言をする者がいるという噂が流れます。それはどうやら、刻のアルカナのようで、その力を利用できないかとグランの側近が企みます。

それと前後して、サラが病に倒れてしまいます。日増しに弱っていくサラ。なす術なく、ただ気を揉むグランは、試しにその捕虜に未来を予言しろと命じます。そしてその者が視たのは、「サラが死ぬ」未来。

そして予言が現実になる日が訪れます。
もし自分たちが王と王妃でなかったら、カインと3人どんなだっかしらと言うサラに、「後悔しているか」と聞くグラン。サラの答えは。

『…側に居られて 良かった 愛してるわ…… グラン  ……』



そう言って息を引き取るサラ。看取ったグランが本当に痛々しくて、その姿から彼がどれだけサラを愛していたのかが伝わって胸が痛む(涙)後悔させないくらいグランが愛情を注いでいた事は、病床のサラより憔悴した姿からも分かる…。

グランはサラの死を受け入れられず、預言者は未来を視たのではなく、言った事が現実になる力を持っているんだとこじつけてしまいます。そして、刻のアルカナを持つ者も、仲間の捕虜も、そしてその者の故郷であるナカバの村も皆殺しにしてしまう。

なるほどー。こうして全てがつながるのかー。ロキの言う通り、こんな過去を視たら心が揺らぐわ。そして、黒髪が位の高さの証である世界で、平民で金髪のサラを愛したグランと、王女なのに赤髪のナカバを愛するシーザ。タイプは全然違う親子なのに、意外な共通点にまたもや胸が痛い。。。

ナカバがシーザに、父親について聞く場面。ほとんど触れ合う事なく育ったと答えたシーザに、グランの優しい眼差しは彼に向けられる事はなかったんだと悲しくなるナカバ。そして、ナカバはシーザに自分が刻のアルカナを持っている事を告白します。驚きながらも、あっさり受け入れた(ように見える)シーザ。それはシーザにとってさほど大きな意味はない…のか?わからん。

さて、反乱の行方はというと。
シーザとナカバ、ロキ達は地下の隠しルートからベルクート城を目指し、無事城への侵入を果たします。途中、敵との接触でシーザがロキをかばって負傷する場面があり、「亜人の自分をかばった」事がロキのシーザに対する見方を変えるきっかけになった様子。この変化は今後にどう影響するのでしょう。
ちなみに、戦闘シーンに躍動感がなくまるで静止画である件は、いまだ解決してません!背景の驚くべき白さも健在w

さて、一同が会する夕食の場に現れたシーザたち。
驚くベルクート王の前に跪き、嘆願するシーザ。

『他国を侵略し 国を拡げる野望をお捨てください』
『奴隷階級などない平等な世にしてほしいのです』




その言葉が聞き入れられる事はなく、互いに剣を取り斬り合うしかなくなる展開に。『あなたを変えたのは力のせいなんかじゃない あなたの弱さだ!!』というシーザの言葉がグランの心に刺さる。そして斬り合いの結果、シーザにとどめを刺されるグラン。最後は、漸く おまえのいないこの世界から 私も去れる   ……とほっとしたかのようにこの世を去るという結末。

その場にいた全員が無言の中、意外にも、声を発したのはシーザの母。これでシーザが王だと不敵に笑う言葉の終わりに『陛下…… あなたは最後まで… 私を見てはくださらなかった……』と、その場で泣き崩れます。

グランの、シーザの母の、そしてナカバとシーザとロキのそれぞれの思いが、グランの死とともに溢れ出すこのシーン。何かが少し違ったら、こんな末路を辿る事もなかったのに……。でもこれが、これまでの選択の結末なんですね。

ここを読んで、私やっぱりこの作品が好きだなあと、しみじみ感じてしまいました。例えば、サラやカインには穏やかで優しい夫であり父だったけれど、シーザの母やシーザにとっては愛の無い冷血な王だったグラン。こういう描き方が好き。物事も人間も、ひとつの方向から見ただけで分かるほど単純ではないんだという事とか、誰かの正義が必ずしもみんなの正義ではない事とか、物語全体でそういう部分が描かれているところが、良いと思うのです。世の中の公平と理不尽、人間の美しさと醜さ。なんだか遣る瀬無い思いでいっぱいになるんですよね。それは、恋愛だけがテーマの作品では描けない世界なんじゃないかなー。そうすると物語は全体的に暗くなってしまうんですけど、ネクラな自分にはそれもまた、いいw 思えばこの作品、良い人が報われなくて悪いヤツが高笑いする事ばっかりでした。

さて、ベルクート王が亡くなり、やっと全てが終わった…… という場面。最後にロキが。

『ナカバ様 セナンを私にお譲りください』

は??なんで??!という、いきなりどうした展開で終了。
なんだこれ意外すぎる…。でも、ここへ来て裏切りとか思い難い。今はまだ理由が分からないけれど、これもナカバへの忠誠の形なんだと思いたい。ナカバとシーザを、セナンとベルクートでこのまま離れ離れにしないためなのか?ていうか、国を譲れってすごい発言w これは最後まで目が離せない展開だ…!

次巻が最後だってーのに、グラン様に恋落ちしちゃったじゃないか!若き日のグランでいっぱいの頭をどうしてくれる!!もはや、グラン様を殺ったシーザが憎くすらあるww でもさーあんなに美形のグラン様を、こんなあからさまに王様っぽい風貌にしてしまうなんて、藤間先生罪だよぅ。原形が全くないッッ(泣)オールバックのロン毛ウェーブに長いヒゲなんてさー。王というかむしろハリーポッターに出てくる魔法使いと若干見紛うレベル。唯一その事だけが残念!!!

次巻で最後かー。悲しいorzロキの反乱とかやめてくらさい。心温まるエンディングを期待したいです!


「若い王は一部に人気です(多分)by作者コメント」…一部なの??!
関連記事

この記事へのコメント

ひよこさんへ - コミックボブ(管理人) - 2015年05月06日 03:48:26

ひよこさん、こんばんは!

> いまになって黎明のアルカナを読み始めてハマってしまっています(笑)

良作ですもん!今になって、なんてことないと思います(^_^)

> こちらのブログを並行して見させてもらっています(*^◯^*)
> そこで、最終巻のレビューは書かれていないのでしょうか?!

ところどころ抜けていて、最終巻もなくてすみません・・・(^_^;)

> 私はロキの死に開いた口が塞がらず、衝撃の最期に読み終えて暫くぼーっとしています(笑)

私もポカンでした(笑)状況についていけず・・・。
アルカナを持つナカバに血が流れている可能性は気づいていたのですが、まさかの兄!
ぼーっとしちゃって感想書けていなくて、時間も経ってしまったのですが、リクエストありがとうございます!
引っ張り出してみますね!

ゲボ犬さんへ - コミックボブ(管理人) - 2015年05月06日 03:44:35

ゲボ犬さん、こんばんは!

そうなんです、アルカナ、良いですよね!ちょっと古い話題ですが(^_^;)

> 若き日のグラン王、ほんとに素敵です!!!
> シ―ザとはまた違った魅力!!中性的でほんと色っぽいですよね(^O^)

そうなんですよね!あの悪役がこんないい話持ってるなんて反則・・・って思いました。
イケメンだし!イケメンだし!(大事なので2回)

> ボブさんおっしゃるように、ナカバ・シ―ザにまつわるお話よりその他の登場人物のエピソードの方が何故か秀逸に感じます…
> グラン&サラ、カイル、エラーへフ然り…。

グラン、カイル、エラーヘフって、すごい秀逸ラインナップ・・・!
サイドストーリーが良すぎて、主題を忘れそうになりますよね。
涙止まらないレベルで良い話ばかりで(/_;)

> 全体的にもっと掘り下げて欲しかったです。

どこか残念感があるのは何故でしょうね?
素晴らしい話もあるのに、全体的に見ると何か物足りない。。上手く言葉にできないのですが(^_^;)
でも、アルカナ、大好きです。

今更ですが…!! - ひよこ - 2015年02月26日 10:49:18

こんちには!
いまになって黎明のアルカナを読み始めてハマってしまっています(笑)

こちらのブログを並行して見させてもらっています(*^◯^*)
そこで、最終巻のレビューは書かれていないのでしょうか?!
私はロキの死に開いた口が塞がらず、衝撃の最期に読み終えて暫くぼーっとしています(笑)
ぜひその最終巻のレビューを読みたいです!今更ですが、宜しくお願いします!

- ゲボ犬 - 2015年02月26日 08:29:23

随分遅いコメントですが、アルカナ、知人にお借りして最終巻まで読むこと出来ました(*^^)v
ボブさんの感想!アップしてらっしゃる4巻、どれも共感しまくりで読ませて頂きました(*^_^*)

若き日のグラン王、ほんとに素敵です!!!
私はシ―ザファンですが、シ―ザとはまた違った魅力!!中性的でほんと色っぽいですよね(^O^)
赤髪のイザナ様を彷彿させる…もう一目でズギュン!♡でした(~_~;)

最終巻はただただ泣きました…私はまさかの展開でした(;_;)
ロキの最後のストーリーはとても良かったですが、
ボブさんおっしゃるように、ナカバ・シ―ザにまつわるお話よりその他の登場人物のエピソードの方が何故か秀逸に感じます…
グラン&サラ、カイル、エラーへフ然り…。
これらの登場人物のストーリーをもっと読みたかった!!!

全体的にもっと掘り下げて欲しかったです。

- コミックボブ(管理人) - 2013年06月24日 23:36:47

(*^_^*)さん、はじめまして!

嬉しいです!感想書いてよかった!
グラン様めちゃくちゃかっこよかったですよね♪ね♪
初期のグラン王か…記憶からすっかり消えております。
見たら今のグラン様への萌えゴコロをかき消されそうで、読むのが怖いですw
でももうじきクライマックスだし、読み直してみますね!w

最終巻、楽しみです(>_<)

- (*^_^*) - 2013年06月24日 12:39:52

初めまして★
12巻を買おうか迷っていたんですが、こちらのブログをよんで、速攻で買いに行きました♪♪
おっしゃるとおり、若き日のグラン様かっこよすぎる(´Д`*)
しかし、今、改めて1巻から読み直していて、初期のグラン王、眉毛太すぎるwww
うん、連載中に徐々に登場人物の絵柄が変わっていくのはよくあることなので構わないんですが、突っ込まずにはいられませんでしたw
ぜひご確認くださいましw
寂しさもありますが、最終巻が楽しみですね(●´ω`●)

Re: 最終巻・・・ - コミックボブ(管理人) - 2013年05月06日 15:15:27

アルカナさん、こんにちは!
本当に、もうじき終わりだなんて悲しいです。。
12巻はアデルまるで出てなかったですね(^_^;)
若き日のグランが美味しいとこ全部持っていきましたよねww
でも、次は出ますよ!なんせ最後だし!w
楽しみに待ちましょう♪

最終巻・・・ - アルカナ - 2013年05月04日 22:12:02

わたしも12巻よみましたっ
終わりだなんて・・・哀しいですね
グランさんがかっこよくってきゅんときちゃいましたw
ロキの発言ほんときになりますね・・・・・・
13巻まちどおしすぎますw
私はアデルが好きなので・・・今回でてなくてがっくり・・
最終巻ではでるといいですww

Re: 激しく同意します!!!! - コミックボブ(管理人) - 2013年05月03日 22:13:00

グランふぁんさん、はじめまして!
共感して頂けて嬉しいです!!!
行き場のない興奮でまとまらない感情をここでぶちまけて、少しスッキリしていました。

> もう一瞬で奪われました。
ですよね!!私も一瞬でした!!それはもう瞬間的に!!笑

> 「置いて行けなくなってしまう」のセリフ
ここ、切なかったですね。。
置いてくなよおおおおおお!!とグラン以上に私が泣きました。

ロキ一筋だったんですね。←過去形でごめんなさい(笑)
ロキ、最後にかなり問題発言してましたね!?どんな展開になるんでしょうね…。
次巻で最後だなんてつらいです(>_<)

追記です。 - グランふぁん - 2013年05月01日 22:51:19

グランファンは一部ではないです!!!!((((;゚Д゚)))))))全国、世界の女子の心を攫ったはず••••••!!!

激しく同意します!!!! - グランふぁん - 2013年05月01日 22:47:56

はじめまして。私もアルカナを読んでまして、12巻は神巻だと思っております!!!今までロキ一筋でしたが、見事グラン様に心を奪われました・・・・・!!!もう一瞬で奪われました。感想はまったく同じで大共感です。特にサラの「そんな迷子のような顔をしないで、置いて行けなくなってしまう」のセリフに号泣でした。サラとグランの愛にただただ涙です。この巻は本当に宝物になりました。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。