スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまりのにいな 4巻 / 完結

  • 水森暦
  • 発売日 : 2013/01/18
  • 出版社/メーカー : 白泉社

あなたに会えて 本当に よかった

ついに最終巻!はじまりのにいな4巻です。1巻で見たあの幸せなエンディングまでがどう描かれるのか。感動シーンのオンパレードに鼻がズビズビになりながら、あの小さかったにいなちゃんがお嫁にいくなんてねぇ… と近所のおばちゃんのような気持ちで感想スタート。

にいなに会うために、北海道にやってきた篤朗。今回はもう1人、会いたい人がいました。それは、千歳の弟・千晴先生ことハル。久しぶりの再会に、



最後に会った時、ハルはまだ9歳。篤朗にしたら、月日が経つのは…ですよね。お互いの近況を報告し会ったところで、篤朗がハルにもう一つの報告を。

『もう一度 守りたいものができた。』



それはもちろんにいなの事。その言葉を聞いて、ようやく歩き出した篤朗の姿に安心して、嬉しくて、泣きそうな笑顔になるハル。篤朗がどれだけ苦しんだか知っているからこその、この表情。色んな思いがつまったハルの顔に、切なくも温かい気持ちになります。 さて、篤朗に「自分のしたい事をみつけろ」と言われていたにいな。
悩んだ末、出した結論は。

『東京の大学目指そうと思う だから新潟で進学はしない』

篤朗の側にいられる新潟の大学へ行く事はやめ、東京の大学の教育学部を目指す事に。引き続きの遠距離恋愛が確定いたしました。
でも、

『大学卒業したら 今度こそ篤朗の隣に帰りたい それが 私の希望する進路だよ』

おおー揺るぎない!!10歳から積み重ねた想いはだてじゃないのだわ。一度きりの人生篤朗だけでいいのか!?と思うのは、老婆心ですね。つーか篤朗マジ幸せ者。

そんなにいなの決意に篤朗は、『お前の視野も選択肢もこれからもっと広がるんだよ 俺で いいのか?』と。それを聞いたにいなは。

『俺 が いいの!』



最っっ強かわいーしっっ!!!もーこれゼッタイわざと言わせた!!w この答えが聞きたくて、わざと質問したとしか思えない!!ww

色んな未来があるのに俺でいいのか… とか物分かりの良い大人ヅラして悩む篤朗を見て、後ろから鈍器で殴りたい衝動にかられたw ただひたすら自分の幸運を神に感謝してありがたく受け取りやがれ。もうね、いーんですよ。浮気されても。そんな未来さえも受け入れて、そうなるかもしれないけど俺はにいなと結婚したいんだ!!くらいの覚悟を見せたまえ。俺でいいのか?とか乙女な質問してる場合じゃねーぞゴラァ!

しかも『でも 約束して 絶対浮気しないとか 毎日電話するとかなんでも 嘘でもいいから』『頑張れるだけのなんか言ってよ 篤朗あんまそういうの言ってくれないし…』と。もーそれどっちのセリフ!?にいなの凶悪なまでのかわいさにもう我慢が限界!!!ノンストップラブリー!!!ここまで言わせる篤朗って何!!?この人絶対ドS!!と息巻いていたら。

『新菜 高校卒業したら 結婚してください。』



ちょ////////// 不意打ちきたッッ!!な に こ れ!!!!ズルい!!!!不意打ちのプロポーズからのキスとかどんだけ王子だよ!!!乙女が王子に変身したああああ!!!
篤朗、やる時はやる男だったんだね。いや。でも、ここまでにいなに逆プロポーズさせといて、そりゃそんな安全な状況ならどんなチキンでもプロポーズできるってもんです。やっぱり、いつか浮気されてもにいなと結婚したいんじゃああああ!っていう気合いが欲しかった。こんな、石橋叩いて実は石より強固な鉄橋だったと分かって渡る…みたいな事、私は許さん。

そこに、にいなの家族が帰宅&キスシーン(未遂)目撃。
そしてお父様ご乱心。最終巻でこんな波乱いらないw 結婚に立ち塞がる父親という名の壁。この壁の高さは娘の年齢と反比例しますので、10代の頃の高さたるや成層圏突き抜ける勢いなんじゃないかと思われ。その壁に『俺が持ってるもの 全部使って守ります』と真摯な言葉を向ける篤朗。

結局、受験が終わるまでメールも電話も会うのもなし!それができたら覚悟を認めてやる!と、あと1年ちょっと禁欲生活すればよろしいという結論です。そんなの守るかい!と思いきや、にいなも篤朗も愚直にそれを守り、そんな姿を見る父は成長した娘の姿に益々切なくなるという…w

そして2人は約束を守り続け、にいなの受験は無事終了。合格発表=約束の日まであと10日あまり。

受験を終えた帰り道、今日はバレンタインだと気づいたにいなは、篤朗に会いたくて会いたくて思わず家まで会いに行ってしまうんです。
でも扉を開けられず、玄関の前で立ち尽くしていたところ、気付いた篤朗が扉を開けようとするんですが…… 「開けないで!」と止めるにいな。お父さんとの約束がまだ守れていないから、『チョコだけ置いて帰ろうかな とか…思って…っ たんだけど……』と。最後は涙声。
その言葉を聞きながら、ガラガラと扉を開ける篤朗。「チョコは?」の質問に、にいなは。



大義名分なんか吹っ飛ぶくらい会いたかったんだね(泣)ああ、篤朗になりたいw 篤朗の『お前が泣いてたら どんなときでも側にいるって決めてたから』にも感動。やばい。やっぱり篤朗かっこいい!!!プロポーズ後、迷いなくにいなに全身全霊の篤朗がたまらなくかっこいい!!!!

さて、受験も終わり、改めて篤朗がにいなの家に挨拶に行くシーン。篤朗さん、気合いの断髪!(坊主ではない)あの目に入りそうなウザい髪が好きだったのに!!雰囲気がアダルトになってて正直衝撃だった……orz 私は篤朗には、永遠に学ラン着れんじゃないかと思える妻夫木聡バリにエイジレスでいて欲しかった派です。加齢現象とか三次元だけで十分なんですけど!

そして、ついに挙式。



結ちゃんからの言葉にうるっ。彼方からのメールも良かった。篤朗の大人の包容力もいいけど、彼方の少年くさいツンデレっぷりにも大変萌えた!!あの告白シーンはよかったよ。彼方はすごいいい男になりそうな気がする。少女漫画のかませ犬ってクオリティ高すぎて、時々主人公よりかっこいいですからね。最高です。

結婚式も終わり、2人は改めて千歳のお墓参りに。
そこで、はじめてにいなが「転生」について触れようとします。『私は篤朗にずっと言ってなかったことがあるよ』。にいなは、篤朗はにいなが千歳の生まれ変わりなんじゃないか…と薄々気づいている事を分かりながら、それをあえて言わずに来ました。それを今、告げようか…という緊張感高まるシーン。

それに対して篤朗は逆質問。『…じゃあ聞くけど 新菜 一番初めに俺に告白してきたとき 帰り道で何て言ったか覚えてる?』

にいなの頭をよぎるのは、幼い自分が思いを告げたあの日の事。

『私は絶対あなたより先に死なないよ。』

それを聞いた篤朗は。

『俺が聞きたい言葉はそれだけだよ』



これは素敵な締めくくり!ここにいるのは、転生した千歳じゃなく、にいなという別の人間だという気持ちを込めたにいなと、その答えを受け止めた篤朗。そーだと思います!それでいいと思います!!(泣)

最後は、にいなと篤朗と、子ども2人の4人が仲良く食卓を囲むというほのぼのエンディング。篤朗のオムライスのケチャップがハートマークとか本当にごちそうさまです!

切なくなる程幸せそうな、ハッピーエンド☆すばらしく「ハートフル」という表現が似合う内容!!
泣きドコロが来るって分かって身構えているのに、やっぱり泣けてくる王道の泣かせシーンがさすが。恋人・家族を亡くす→どん底から立ち直り日常を取り戻す、とか。小さい頃の苦い初恋→一途に想い続けて実らせる、とか。ことごとく泣けた!そして、この漫画読んで泣ける心があった自分に、安心できるような作品でしたw
こんないい話なのに、にいなのあまりのかわいさに、最後はかわいい~とため息連発して最終的には「篤朗になりたい。」というしょーもない感想にたどり着いてしまい心からごめんなさい!


私は彼方派をやめない。
↓いつもクリックありがとうございます!
関連記事

この記事へのコメント

Re: ぜひ! - コミックボブ(管理人) - 2013年04月27日 17:22:26

ゆみかさん、こんにちは!
お返事も更新も遅くなってしまいごめんなさい!(>_<)

2巻は泣けましたよね〜。家族愛に嗚咽しましたw!!
にいなと篤朗の、恋愛+αの感情がなんとも言えません。
ハートフル転生ロマンスとうたうだけのことはありましたね♪

ぜひ! - ゆみか - 2013年04月13日 13:00:28

私は、姉に進められて、
はじまりのにいなを読みました。

2巻では、とても感動的な家族愛を
見ていたら、ポロリ・・・、と
涙が出ているのに気がつきました。

なかなか、漫画で泣くことはない!
のですが、私が泣くほどですから、
結構な漫画ですね♪

- コミックボブ(管理人) - 2013年02月24日 15:13:18

みるしぃ☆さん、はじめまして!
いつもありがとうございます(^_^)

面白いですよね〜。ハートフルすぎる家族ドラマに、1巻2巻は相当泣きましたw
ほんと、文句ないハッピーエンドでしたね☆

- みるしぃ☆ - 2013年02月24日 07:01:52

はじめまして!
いつも楽しく拝見させてもらってます^^

はじまりのにいな面白いですよね
先日友達から借りて面白くて一気に読んでしまいました(´∀`*)
ハッピーエンドでよかったです^^

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。