スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオカミ少女と黒王子 別冊マーガレット 2013年02月号

  • 発売日 : 2013/01/12
  • 出版社/メーカー : 集英社

来てくれてありがとうね



見えますか??扉絵の中央の写真に写る天使・推定6歳の姿。らぶりーーー!!!!今月号は恭也の家族の話。というわけで、メモリアルフォトで始まりました。オオカミ少女と黒王子!

お姉さんに連れられて、神戸の自宅に向かうエリカ。と、ついてきちゃった恭也。
エリカはお母様との対面に緊張する一方、親に紹介してもらえるのって だいぶ進んでりカンジするじゃん!? と下ゴコロが見え隠れ。これを機に恭也ファミリーと距離を縮めたい!!とモロバレで密かに意気込みます。

神戸到着。お姉さんに連れられるままに自宅へ着き、中に通される着くエリカたち。出迎えてくれたのは、



優しそうなお母様!お姉さんと似てますね。 それでですね、気になるのは呼び方ですよ。恭也は、この空間では『恭くん』です。き ょ う く ん…… 似合うなw
いつもはあんた呼ばわりのお姉さんも、家族間の会話では「恭くん」。◯◯くんも、◯◯ちゃんも、珍しくないですよね。大きな息子をちゃんとかくんとか呼ぶのを聞くと一瞬ビクッとなりますが、小さい頃から知っていると、いつまでも「くん」なんでしょうねー。微笑ましいわ。20歳になっても30歳になっても恭くんと呼ばれるだろう恭也を想像してニヤけます。

その恭くんとお母様の間に流れる空気に少し、遠慮が含まれているんです。それは久しぶりに会ったから、というわけでもなさそう。その理由は次第に明らかになるのですが…。

夜になり、自宅で食事をする4人。
お母さんが飲んで呑まれてはしゃぎまくり、親父ギャグを連発したり、エリカに親しげにからんだり。見た目の上品さとは違って超気さく。それが全然嫌なからみ方ではなく、かわいいお母さんって感じで微笑ましい。彼氏母がこんなだったら嬉しいと思う。

そして、ここが会社の宴席なら、みなさんっ宴もたけなわですが~!とか仕切り役が立ち上がるようなタイミングに差し掛かりますが、ここは自宅。まだまだ先は長いようで、お姉さんが最も興味深い領域に切り込みます。『いったい恭也なんかのどこが好きなワケ?』

そのネタにはお母さんもノリノリです。もちろん、聞かれた側のエリカが一番ノリノリ。『好きなとこと同じくらい嫌いなとこもあるし でもその嫌な部分が実は好きだったり またそれがくやしかったり… でも結局全部持ってかれちゃうんですよねー』と。そしてその吸引力をダイソンに重ねます。その言葉にお母様は嬉しそう。お姉さんはあきれ顔w

しばらくしてお母さんが酔いつぶれた後に、お姉さんから恭也とお母さんの関係が明かされます。

原因は、両親の別居。ちょっとしたすれ違いが修復される事はなく、恭也は父親と、お姉さんは母親と暮らす事になり…。その時まだ幼かった恭也が、お母さんに言った言葉『これが現実なんでしょ?知れて逆によかったよ』



それが今でもお母さんの心に突き刺さっている。そして、恭也が恋愛に不信感を抱いていたのは自分の責任だ、と思っていて、今回の実家への帰省は、そんなお母さんを安心させたいと思ったお姉さんが計画した事でした。お姉さんのこういう優しさ、素敵だ。そして、純ジャパニーズとは思えないほど整った顔立ちの恭也がかわいくて思わず画像アップ。

それを聞いたエリカは。

本当は 恭也くんも 仲直りしたいんじゃないの?
だからわざわざ 一緒に来たんじゃないのかな


と思って、恭也と2人きりになった時に言うんです。

『あたしね 恭也くんのお母さん好き!!だな!!』

『だから また一緒に来ようよ 神戸!ねっ』


それだけ言って黙ったエリカ。余計な事は言わず、黙って見守ろうと心で決意します。そんなエリカを見つめる恭也。そのまま風呂上りのエリカの髪に触ると、



うおっ急に来た!!しんみり展開で今月はおあずけかと思ったよ!!さすが、オオカミ少女と黒王子。安心のクオリティ!!!こりゃ毎月期待しても裏切られることはなさそうだな♪
ところがそこに『エリカちゃーん』とお姉様現る。あぁ……がっかり。。その上、『TPO考えなさい この猿 身内のラブシーンなんてゴキ●リより見たくないわ』と恭也を一喝。すみません、その通りです…。

そのままエリカはお姉さんの部屋へ。
そして台所へ行った恭也は、酔い冷ましに来たお母さんとハチ合わせます。ずっとエリカとお姉さんが一緒でしたが、帰省して初めて2人きりになった恭也とお母さん。

そのままベランダに出た2人が交わす、続かない親子の会話。。普段と違って、ひとつひとつのやりとりに、少しだけ躊躇のある恭也の様子にちょっとしんみりしちゃいます。他愛もない言葉をひとつふたつ交わし、ベランダを出る時にお母さんが言います。『東京戻ってもさ 元気でやってね 風邪とか 身体には気をつけてね』



あと、女にもね!
母親の心配って、世界中これしかないんだろうなあって思うほど、何万回も言われているだろうありふれた言葉に、お母さんの気持ちの全てが込められているようで胸が締め付けられます。
背中でその言葉を受けた恭也が、振り返らずに言います。

『…今度からは もうちょっとマメに来るよ』

やべえ、振り返らないとかかっこよすぎて反則!!こんなかっこいい息子どうしよう……絶対正気でいられない!!!w ゴロンゴロン!!いや、お母さんのためには笑顔のひとつも向けて欲しいところだけど。。

今月も面白かった!この作品は何も心配いらないですね!八田先生、ラブコメをよく分かっていらっしゃる!そして、ラブとコメの配分が本当に絶妙で!毎月ありがとうございますっっ!!

今、恭也に言って欲しいドSセリフ大募集だそうですが、この顔がとんでもなく好きなんですけど。



5月24日(金)にドラマCD同梱版の6巻が出るそうです!
↓いつもクリックありがとうございます!
関連記事

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2013年02月12日 21:06:44

2013年02月10日 18:09:39のコメントの方へ
こんにちは(^_^)
こちらこそ、いつもお読み頂きありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます - - 2013年02月10日 18:09:39

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- コミックボブ(管理人) - 2013年02月06日 00:03:19

SABURYOさん、こんばんはっ(^_^)

別マの作品かなり幅広くなってきましたね〜!w
オオカミ少女はどちらかといえば女子がゴロンゴロンする作品かもしれない、と思っていましたが、男性も楽しめる要素があるようで嬉しいです(^_^)

お母さんはかわいいし、お姉さんは素敵だし、恭也はかっこいいし、見どころの多い家族ですねw お父様はどんな方なのか気になりますね〜!
そして、SABURYOさんのおっしゃる通り、特にお姉さんの心遣いにはグッときたなあ。あれで、キスシーン妨害さえなければ今月号はパーフェクトだったのに!ちっ(−_−#)

アオハライドと君に届けとオオカミ女子、毎月どれかは萌えをくれそうですよね♪ 来月号は君に届けもありますし、また楽しみですね!

P.S.
私は特装版は買いません。声やセリフ回しが自分のイメージと違うとつらいので(^_^;) しかも、一度聞いてしまうと耳についてしまって、その後その声が離れないタイプなので、アニメもほとんど見ないんです。でも、ドラマCDは漫画とは違った楽しみがあるので、そこはお好みですよね(^_^)!

- SABURYO - 2013年02月04日 14:45:57

コミックボブさん、こんにちは。

オオカミ少女と黒王子初コメントです。

実は以前からブログを拝見していて、単行本の購入も考えていたのですが、金銭の問題で諦めましたが、最近のアオハライドの展開に後押しされ単行本購入を決めました。(ちなみに単行本は5巻すべて購入済み)しばらくは君に届けとオオカミ少女と黒王子の二つが中和剤の働きをすることになりそうです。

恭也がお母さんに『恭くん』と呼ばれているのはビックリでした。普通に『恭也』だと想像していました。そのイメージとは裏腹に親父ギャグを言う面白さを兼ね備えているお母さんのキャラはインパクトがあるなと感じました。

お姉さんもお母さん思いですよね~。先月号を読んだ時はあまりいいお姉さんに感じなかったんですけど、お母さんを安心させるためにこんな計画を考えていたなんて素敵だなと感じました。そのお姉さんにキスシーンを奪われてしまったのは残念ですが・・・

ボブさんの言う通り、恭也が振り返らずにあのセリフいうのはかっこよすぎて反則です!振り返って言ってもかっこいいと思いますが、僕は振り返らない方がかっこいいと思います。

ボブさんがおっしゃる通り、この作品は何も心配がいらないことは私も毎月読んでいて感じました。しばらくアオハライドはささっと読み流して君に届けとオオカミ少女と黒王子でキュンとする日が続きそうです。

まだ単行本の方は1巻が読み終わったところなので来月号までに全巻読み終えたいと思っています。

来月号が待ち遠しいです!

P.S. 質問ですが、ボブさんは6巻のドラマCD同梱版を予約しますか?ちなみに僕は今のところ予約しようか迷っています。

- コミックボブ(管理人) - 2013年02月02日 14:57:41

キナコさん、はじめまして!
コメントありがとうございます(^_^)

数ヶ月前から読んで頂いているとは…重ねてありがとうございますっ!!
先月分はアップが遅くなってごめんなさい。
すっかりアップした気になっていて(^_^;)
今月はもう少し早くアップします!
恭也のツンデレにただただ萌える感想ですが、これからもよろしくお願いします!

- コミックボブ(管理人) - 2013年02月02日 14:49:31

あやさん、はじめまして!
楽しみにしていたなんて、ありがたいお言葉(>_<)

恭也様は相変わらずクールですけど、ドSというよりツンデレになってきましたよね〜☆
はじめの頃の極悪非道感がウソのようw
あやさんのおっしゃる通り、どちらも萌えます!!w
今月も楽しみですね♪♪

- キナコ - 2013年01月31日 16:14:51

こんにちは!
はじめてのコメント失礼します。
数ヶ月前から「オオカミ少女と黒王子」の記事
楽しみに拝見してます!
今月はナシなのかと思ってヘコんでましたが、
読めてよかったです!!

また楽しみにしてます!!

- あや - 2013年01月31日 01:56:10

はじめてコメントさせて頂きます。
5巻の発売前に単行本に入っていない話を補完したくて、いろいろ探っていたところこちらに辿り着きました。
追いついた今も、ボブさんの感想が読みたくて記事UPを楽しみにしていました♪

おっしゃる通り、安定のクオリティですね^^
ドSな佐田くんも大好物ですが最近のちょい甘な佐田くんにも萌え萌えしちゃいます!

これからも感想楽しみにしています。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。