スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BILLY BAT(ビリーバット) 9巻

BILLY BAT 9 (モーニング KC)
BILLY BAT 9 (モーニング KC)

"コウモリの巻物"とはーー
漫画家が消しゴムを使ってストーリーを描きかえるようにーー
歴史を自由に改ざんできるものだった。その在りかを知る雑風に、再び危機が迫る。そして、かつて人類史上最高の天才が見た恐ろしい地球の未来とは……!?(帯解説)


復習しないとたちまち話を見失うマンガ、ビリーバットの9巻です。ここまで欠かさず読んできたのに、随分昔に話を見失い、結局よく分からないままもう9巻発売…感慨深いです。

ケヴィンの師匠であり、ビリーバットの生みの親である雑風は、巻物の秘密を握っているために暗殺されかけます。

1922年、来日していたアインシュタインと接触した雑風は、巻物で時間を超えられるのではないか?という疑問を確信に変えます。それは、アインシュタインのこんな一言から。

『時間旅行はやめたまえ』



アインシュタインは、過去に戻る(=歴史を変える)ことができる。そして、地球の未来を知っている。
どうやら、巻物は時間を超えて歴史を変える力があるようです。

さて、雑風はそのことを既に知っていたようですが、どのようにして知ったのか。そして、"コウモリ"と彼の出会いは? 1990年、アインシュタインと雑風が会った2年前ーー

雑風はコウモリの声のままに「こうもり三等兵」という、第二次世界大戦での日本の敗戦を予知したかのような漫画を書きます。そして、その罪で牢屋へ。そこである人殺しと出会うことになります。
彼は雑風を問いただします。

『おまえは何からあの絵をいただいた?』
『新吉原大門の近くの馬肉屋の前の電柱に 描いてあったのを真似たんじゃねえのか?』




そうなんです。雑風は知らぬ間に、彼が描いた電柱のコウモリにインスパイアされ、こうもり三等兵を書いていたんです。つまり、この殺人犯は師匠の師匠。
殺人犯は、雑風の未来を教えます。巻物の秘密と共に。

一方、ケヴィンは百地親子と光森村へ。
道中、ジャッキーがケヴィンに聞きます。

『巻物を探したらそのあとはどうなるの?』

ケヴィンは月を見上げます。

『月へ……』『月世界探検……』



ジャッキーはいいこと聞きましたね。しかし、ぼんやりしたケヴィンの回答、というかつぶやきは彼女の頭の霧をより深めたことでしょう。

1964年・アリゾナ。砂漠に立つ巨大なスタジオ…
本当は月に行っていなかった!?アポロ月面着陸捏造説の裏側に、一人の日本人の姿が。

『ここに月世界を創っていただきたい』



依頼されたのは、大怪獣ガズラを撮影した特撮の鬼才、明智監督。
月面着陸の映像は、スタジオで撮影されたものなんじゃないか?という説は有名ですが、それはこの明智監督が作ったという話になるようです。

光森村に向かう途中でケヴィンたちは山下と会い、雑風の原稿の束を受け取ります。
急いで村に向かう一行。近づくにつれ、明らかに様子がおかしいことを感じます。村の中心部にある食堂に入ると、首を吊られたガイジンの姿が…それは、雑風を暗殺しようとしたあのガイジンでした。

ガイジンはケヴィンに言います。

『人類のため 子供のため 力を貸してほしい。
雑風はビリーバットを使って…… 歴史を変えようとしている』


光森村は完全にホラーの世界でした…。村はボロボロだし、村民が怖すぎますし、いきなり外国人の首吊り発見しちゃいますし…。しかし、ケヴィンたちみんな結構冷静でウケます。心臓強すぎです。

場面は変わり、国鉄の下山が登場。彼の死に実はケヴィンが関係している……!?

散らばった伏線が少しずつ回収され始めた9巻。ここまでの出来事が全て繋がり、全体像が見えそうな、まだ見えなそうな……
浦沢作品を読んでいて切ないのは、みんなもよく分かっていないだろうと思ったら、自分だけだった時。。9巻でやっと、おぼろげながらストーリーが見えてきたような気がしますが、まだ分からない組を脱せません!

いつもありがとうございます!ランキング参加中です!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

光森村はバイオハザード的な恐怖

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。