スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルネサンス・イヴ 1巻

  • 伊藤 砂務
  • 発売日 : 2013/01/22
  • 出版社/メーカー : スクウェア・エニックス

血液の中には「命」が流れ、不思議な「力」が宿っている。「ストレンジ・ブラッド」を巡る因果と友情の物語が始まる  !!(帯解説)

…さあ もうすぐ始まるよ
僕たちのルネサンスが


月刊少年ガンガンで連載中のルネサンス・イヴ1巻です。単行本がものすごい厚さ!そして、まだ1巻なのに内容ぎっしり!このままエンディングになるんじゃないかと思うほど、話がどんどん進みます。

特殊な力を持つ血液型 “ストレンジ・ブラッド” 。その血液を持って生まれた、ある高校生が主人公の物語。

その特殊な血液型は、発揮する能力によって異なるアルファベットで表されます。例えば、滅ぼす力=DEATH=D型のように。そしてその「隠された血液型」の全ての型をMIXすると生まれるのが、あらゆる奇跡を可能にする、大いなる知恵と力を持った血液、「ブラッドタイプW “WISDOM” (英知)」

そんなネタ、小悪党や巨大な悪の組織はもちろん、ちょっとしたロマンを求めて誰しもが手に入れたくなるような話じゃあないですか!
そんなわけで、その秘密を知る人々はもちろん、時には “ストレンジ・ブラッド” を持つ人自らが、Wの血液を創り出して奇跡を手に入れようと、異種のストレンジ・ブラッド達を狙っています。その血液型に生まれたら常に狙われ続けるなんて、生きていくのがつらすぎる。 主人公の大道寺輝矢と、その親友・神永千明はどちらもストレンジ・ブラッド。輝矢は能力に目覚めていて、血液型の秘密も知っているのですが、千明は自分の力には気がついているものの、秘密はまだ知らない。

そこに2人の血を狙う者が現れます。その人達もまたストレンジ・ブラッドなんですが、これがきっかけになり、千明の力が目覚めていく事になります。

敵の1人は、ブラッドタイプF=FLAME(燃やす力)を宿すフルヤ。



血液を激しい炎に変えられる彼の全身には包帯が巻かれています。力の制御がまだ出来なかった頃に、炎で自らを焼いてしまったからだとか。絶世の美少年と言われていたフルヤは、今の自分の姿が許せず、火傷を治すためにWの血を狙っています。

そしてもう1人は、ブラッドタイプS=SOLID(固める力)。名前はシズマ。



血液を固めて剣にしたり、体を血液で覆って鋼鉄の鎧のようにしたり。この能力は使い方次第。
彼は血液の力が暴走して、体の一部が硬化しているんです。そして、このままではいずれ全身が硬化してしまう。そして母親も妹も同じ血液型で、さらに症状が進行していて、それを治すためにWの血を求めています。

このバトルの中で、千明の力がよりハッキリと目覚めていきます。

『あなたの心の中… 丸見えだよ』



千明はブラッドタイプC=CLAIRVOYANCE(千里眼)。血が触れた者の考えている事が全て分かる力。

そして、肝心の主人公は。



ブラッドタイプD=DEATH(死に至らせる力)。さすが主人公。ネーミングだけだと最強っぽい。まるで死神。

反撃にあい、いったん引いたフルヤとシズマ。彼らがWの血を求める理由はわかりましたが、輝矢が求める理由はまだ明かされません。何も知らない千明はこのまま輝矢に引きずられ、他のブラッドタイプ探しに巻き込まれていく事に。

しかし、いちいち流血しないと使えない能力ってどうなのさ。自ずと能力の使用回数が決まってしまう。攻撃した分自分もダメージくらうなんて、HPとMPが同時に減るようなもの。でも、その制限があるからドキドキハラハラに拍車がかかって面白いのかな…?

さて、それらしき情報を足がかりに他のストレンジ・ブラッドを探し始めた輝矢と千明は、あるひとりの女の子に行き着きます。それが、塚本愛。



ヤンキー風味のこの彼女は、5年前に骨髄移植を受けてから特殊な力に目覚めました。
愛は姿をくらました当時の担当医「宗像先生」を探す事を条件に、輝矢と千明に協力する事になります。

そこにもう1人のストレンジ・ブラッドが現れます。ブラッドタイプR=ROT(腐敗させる力)。名前はレンジ。この力もシズマ同様使い方次第で、何を腐らせるかで様々に応用可能。そして大量のハエくん達を操ることもできる。
こいつが最高にイラっとするキャラなんですよ。



他人の顔を腐らせておいて、『あはっ』ってすごい。性格と能力が完全一致している。こういう人、好きだw

ストレンジ・ブラッドを持つ者は、その容れ物である肉体に異常な生命力が与えられるそうですが、きっと性格もその血液型に適したようになっているんでしょう。力を最大限活用できるように。

そんなわけで、ヤンキー・愛の能力はT=TEAR(裂く)。岩も鉄もなんでもズバッと裂く。



かっこよさはフルヤの炎といい勝負!ガチンコな性格にもピッタリの単純明快な力w

3人の連携によって苦戦したレンジもまた、フルヤとシズマ同様にいったん引いていくのですが、一体誰がこの襲撃を指示しているのか気になるところです。
その黒幕が、コイツでした。



宗像先生の正体は医者ではなく、ストレンジ・ブラッドの力に目を付けた大企業・ヴィーノに所属する優秀な科学者。

宗像先生曰く、Wの血液は『時空をねじ曲げるほどの奇跡を起こす』事ができるかもしれない。それを解き明かすための鍵が、千明の持つ力・C。

というわけで、センター試験の会場から、千明が連れ去られてしまうんです。そして、宗像先生の元へ運ばれモルモットに…。千明はブラッドタイプC=CLAIRVOYANCE(千里眼)のはずですが、実はもうひとつの力が眠っていて、それがCHRONICLE。



Cの血には、これまでのCが蓄えてきた情報が刻まれている。その中には英知の血の情報も存在しているため、それを千明から引き出す事が宗像先生の狙い。引き出すために、千明の力を全開にする薬を投与するという展開です。

その負荷に耐えられず精神が崩壊するだろう、と言われた千明は。『…輝矢が言ってたんだ… 「どこの世界にもバカな奴は居るから その時は俺を呼べ」って… 「そしたらそいつを俺がぶっ飛ばしてやる」って…!』おお、乙女がいらっしゃる!千明、完全に姫ポジションですよね。かばわれて、連れ去られて、王子が取り戻しに来る。これが少女漫画なら、目にハートの輝きを宿してキュンとできるのかもしれません。ところがこれは、長身のメガネ男子のセリフだという違和感…。 どことなくやおいのかほりがするのは気のせいだろうか。

輝矢王子は愛を従えて千明の救出に向かうのですが、この3人が行方を阻むのです。



そして、ストレンジ・ブラッド同士潰し合いしているところを、なんとヴィーノが輝矢と愛と3人をまとめて捕獲するという展開。結局、この3人も利用されていたんです。

囚われた5人の前に現れた宗像先生は、輝矢、千明、愛、フルヤ、シズマ、レンジの血を混ぜ合わせた試験管を見せ、英知の血だとのたまいます。

えっ??!これで全種類??もうコンプリート!?AからVまで全てのアルファベットの能力があって、Wを創り出すとさらにその先に隠れブラッドX・Y・Zがあったりする設定と思っていた。勝手に。

1巻で神龍が呼び出されたようなビックリ展開ですが、集めただけでは意味がないんだそうな。Wの血といえど、それはただの血液。容れ物=人間が必要なんです。しかも、その血液の力に負けないだけの容れ物が。ということは、その容れ物=人を操れないとWの力の恩恵は受けられないんですね。

容れ物となれるかを実験するために、5人にWを注射しようとする宗像先生。利害の一致からひとまず手を組む事になった5人は、あと数回しかもたないお互いの能力を駆使してそこから脱出。

さらに輝矢と愛は千明の救出に向かうのですが、千明の元にたどり着いた輝矢はやはり王子でした。眠っている姫に、『……何ぐーぐー寝てんだよ せっかく迎えに来てやったのに …ばーか』と優しげな眼差し。なにこのツンデレ。もう、S王子認定。

連れ出そうとしたその時に、武装した大量のヴィーノの人間に囲まれた輝矢は。



Dの力がすごい威力を放ちます。この力は一体??
そして、助け出された千明にも予知夢のような力が目覚めていて…というところで1巻終了。

あー面白かった!!それにしてもまだ1巻なのに話の展開が早くて、役者は揃ったし、黒幕はわかったし、Wの血は創り出したし、このままでは、2巻で話が宇宙規模に広がるか、このままエンディングを迎えるかになりそうなほどですが、大丈夫でしょうか!?
そして、あと一歩足りない感じが少し残念です。異なる能力同士のバトルシーンが魅せ場だと思うけれど、それにしては迫力が足りないような…。でも、それを補ってあまりあるほどの気になる伏線たちにワクワクします。

とりあえず、ヴィーノが超絶ブラック組織だとよい。闇は深い方が光とのコントラストが美しいので、宗像氏にはクソ悪党としての活躍を期待したい。輝矢の目的と実家の秘密も気になります。あの豪邸と国家クラスの情報インフラ。輝矢の父がヴィーノの社長、とかどうだろうか。

1巻の最終話はガンガンに先駆けて収録されていたので、2巻の発売はまだ少し先になりそう(?)です。早く読みたい。


輝矢は名前も性格もホスト向き
↓いつもクリックありがとうございます!

この記事へのコメント

No Nameさんへ - コミックボブ - 2014年01月06日 23:56:08

こんにちは!
いえ、こちらこそ、見つけて頂きありがとうございます!
先日発売された2巻も面白かったですよ~♪

- No Name - 2014年01月06日 23:24:09

ずっと探してました!
ありがとうございます!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。