スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストゲーム 3巻

  • 天乃忍
  • 発売日 : 2013/01/04
  • 出版社/メーカー : 白泉社

早く起きろよ 眠り姫

このマンガがすごい!オンナ編6位おめでとうございます☆ラストゲーム3巻です。相変わらず面白い!面白くてどうしよう!!!

夏合宿@別荘とか車とか一人暮らしとか、大学生らしいシチュエーションの中で繰り広げられる中学生レベルの恋愛がたまらんw そして、何しても全て空回りオチの柳が相変わらずエクセレントだ!!ところで、どうもみこっちゃんという響きが個人的にしっくり来ないため、今回の感想から九条に戻ってもらいます。

3巻の始まりは天文部の合宿。柳は愛車のポルシェで登場。



高級外車の中では所持率高めのB◯Wでもベン◯でもなく、ポルシェ!ポルシェ!あ、2回言っちった。

前回の事故チューを意識しまくりの柳が中学生です。そして、九条から差し出されたペットボトルに今度は間接キスを意識して赤面て…初々しさにさっそく悶える。柳、今巻もいい仕事してる!!
事情を知った藤本さんには『ぶはーっ 何それー!そんな てゆーか柳くんちゅーくらいいくらでも』と爆笑され、相馬には「男としてみられてない」と指摘され……。好きな相手だと違うんだよね~わかるよ~!とか、大学生になると流石に誰も言わないw 別荘に着きー、夕飯作りー、夜は星を観に外出。その時、突然の大雨。そして、雨宿りからの、、、遭難。
お決まりの展開に期待で胸が高鳴りたいところだが、何か起きそう!!……な予感がしないww 柳はきっと脳内であーだこーだと妄想してひとり相撲状態になって、現実はなんにも進展しないんだろう。と思ったらやっぱり進展はなくw、でもこんな場面はありました。上着貸したり。肩貸したり。そう、上着と肩は貸さなきゃダメだよね!!このベタベタなシチュエーションに萌えますw そして、肩で眠る九条の手を握る柳。

  早く起きろよ 眠り姫



ポエムきたコレ。
照れますなー/////////// そのまま朝になって、起きた九条が…知らなかった 柳の手ってこんなに大きかったっけ と、柳にがっちり握られた手を意識するとこなんて、ソフトな刺激が強すぎるよ!!

そして合宿が終わり、柳はカッコつけて服を貸したために風邪引いて、看病される結末が待っています。そういうの、大好物です。

その前に、相馬×九条を少々。
合宿で柳に対する感情が変化して、そのわけのわからない気持ちに戸惑う九条は、さっそく相馬に相談。その内容はこんな。なんかね 時々 心細いような落ち着かないような気分になったり あと こないだ急におでこ触られた時は どうしていいかわからなくなったり …真剣に悩む九条を細目で無表情に見る相馬。『…それ柳先輩に言えばいーんじゃないスかね』。もしこれを九条が柳に言ったら…??あーそんなのそんなのっ!!さ い こ う!!!妄想が止まらなくなるYO!!

相馬も九条に恋落ち寸前ですからね。柳とは違った苦しみに陥りそうな彼の今後が楽しみ心配です。

さて、柳のマンションにお見舞いに訪れた九条。突然の来訪に慌てふためく柳。楽しい事が起きる予感♪♪

柳は、コレは マジで 二人っきり…!!と意識して激しく動揺。うっかり服に水をこぼしてしまい、九条が洗面所にタオルを取りに行くことになるのですが、そこでまたまた大慌て。洗面所には姉貴の私物諸々が…!! w 超笑ったww 慌てる柳の画の横に、コップに刺さった2本の歯ブラシの画。

柳が慌てるのも無理ない。だって2本のハブラシですもの。
ひと昔前、長瀬智也がドラマの中で「ひとりぼっちのハブラシ」(©桜庭裕一郎)とハブラシを擬人化した上、ハブラシはふたりひと組であることを主張した(のかどうかは知らないが)歌を歌っていました。ふた昔前、「もう恋なんてしない」なんて言わないよゼッタイと、どっちだよ?な槇原敬之の名曲にも登場した、2本並んだハブラシ…… それは、「家に泊まる仲の異性」の象徴!!!

柳彼女いるのね的な誤解展開かと思いきや、九条は歯ブラシが2本あるのに気がつきながらそれをまさかのスルー………。ドラマもマンガも見ない彼女は、そこから何も連想しないらしい。そうか、私たちはメディアに洗脳されていたのか。にも関わらず、『姉だから!!姉のだから!!』と慌てふためく柳がかわいすぎてこっちが発熱。



その後のおかゆを「はい あーん」ってされて思わず吹き出すシーンとか、大学から近くていいなと言われて   お前がその気になればここから大学に通えるんですけどね と思う心の声とか、本当にごちそうさまです!そしてこのシーンが好き!



鼻づまりでぴすーぴすー眠る姿を なんかかわいい って、マザーですか!!なんか妙に萌えたw

そして柳が、まだ帰らないでと九条を引き止めるシーン。

『…じゃー もうちょっと ……いてほしいんだけど』



『…うん いる』

なにこの素直ッッ!!その後の沈黙に戸惑ってドキドキする2人がもう!!!

そんな何か起きそうなドキドキ感に乱入してきたのは、歯ブラシの持ち主お姉様。彼氏とケンカして弟宅に泊まりに来たもよう。
そんなお姉様が、入れ替わりに帰っていった九条を見てハタとなる。



モテる柳が片想いにオタオタするサマを笑い飛ばします。気持ち分かりますけれどもw このお姉様がキョーレツなんです。キッパリハッキリ竹を割ったような性格で濃ゆい。「様」つけたくなる感じw

お姉様は金持ちライバルの誕生会に招待されたため、ケンカした彼氏の代わりのエスコート役として柳を指名。さらに、面白そうだからと九条を、かわいいからと相馬を呼び出し。

パーティー当日。
待ち合わせ場所にフォーマルな出で立ちで現れた柳姉弟。そして、九条と相馬を連れて明らかに高級と分かるラグジュアリーブランドの店へ。そこで2人の服を調達しようというわけです。
遠慮する2人に、『金持ってる人間が金使うのは義務なのよ!!』と言い放つお姉様。金のあるヤツがどんどん使って経済をまわす… ITバブル期のベンチャー社長さながらの発言が素晴らしい。でも、いつか身を滅ぼしそうだw

これには、相馬も呆然。そして、『ま こーんな マイ フェア レディみたいなことされたら美琴さんもイチコロじゃないですか』というヒガミ発言。うん、そりゃ、スマートバージョンの柳にこんなことされたら、光の速さで好きになるわ。でもその手が通じない相手に恋してしまった事が柳の唯一の不幸なのだよ。この2人は不憫ポイントが違うから、やりとりを見るのが楽しい。

そこに九条登場。



ドキドキの2人にニヤけます。この直後、慣れないヒールでコケた九条を同時に2人が助けるのですが、九条が頼ったのが相馬という、いつもの柳くんご愁傷さま展開。でも実は、意識したから思わず避けちゃったという進歩だったりします。ニヤニヤ。

パーティー会場に到着した九条と相馬が、金持ちの “内輪” のスケールに衝撃を受けたところで3巻終了。

あー面白かった。ぷぷぷと笑ったりキュンとしたりゴロンゴロンしたり、忙しかったわ。九条に恋心が芽生え始めたので、柳の不憫を楽しむばかりでなく、キュンシーンまで加わり読むのが益々楽しい。

不憫って柳のための言葉だよね!とか笑っている時に、不意に客観カメラがウィィと作動する。
柳は完璧人・よくできた二世だ。そもそも二世はアホだからこそ二世であって、柳のような良くできた二世が実在する確率は限りなく低い。さらに、そんなパーフェクト男子が、非モテの変わり者女子にいった上、10年来の恋をしてしかも無下にされるなんて事、現実にはない。だから、この作品は女子の夢を叶える “少女漫画” の王道だよなーと再確認する。好きw
仮に、柳が実在するとしたら?どんなに不憫だって所謂アッパークラスの方である。そしたら、不憫なのはそんな柳を笑う私の方じゃん!という切ない結論。柳が二次元でよかった!(泣)

そんでもってうっかり二次元と三次元がごちゃまぜになってメダパニかけられた状態になった結果、自分で自分に攻撃して少女漫画という夢の世界から覚めそうになる。いやだああ!覚めたくない!!
ちなみに乙女の夢を叶える系統のマンガには、コミックボブ的には三つの条件があります。

1. 平凡なヒロイン
2. 相手は王子的立場
3. 相手の気持ち>ヒロインの気持ち

さらに、
4. 同時に2人以上から求愛される
(主にヒーローとかませ犬による奪い合い)

平凡なヒロインは「非モテ」、王子的立場は「モテ系」と読み替え可。
この三つが揃うと、乙女の白昼夢という幻想の炎に油を注いで大炎上。さらに4の要素が加わって、竹内まりやも真っ青の “私のために争わないで状態” になるともう、それだけで軽く1ヶ月は妄想を食って生きていけます。

ラストゲームはこのパターンにピタリで、柳が不憫であればあるほど3番目が浮き彫りになり、不憫さを笑いながらときめきも止まらないマジック。そこに相馬という4番担当が投下されるからマジ最強☆と思っている。

早くも3巻で本人は気づかずとも両想いになってしまいましたが、九条がこの感情を「好き」だと認識するまでのプロセスをしばし楽しみたいです♪


九条に死語まじりと言われる相馬の可愛さ
↓いつもクリックありがとうございます!
関連記事

この記事へのコメント

- コミックボブ(管理人) - 2013年02月12日 09:42:25

ayanasuさん、こんにちは!

> 歯ブラシといえば桜庭裕一郎!って気がします。

うわあああ嬉しー!!!私もそう思います!!!
そして、あの頃の長瀬智也は神だったと思っていますw

アオハライドかラストゲームかって、悩み深すぎますね〜〜(^_^;) 
どっちも!ができたら一番ですが、ラストゲームの方は笑えるので、元気出すにはこちらかもしれません♪
笑いを提供してくれる柳王子も、ずれてる九条さんも素敵です!

こんにちは - ayanasu - 2013年02月10日 16:43:40

ラストゲーム、面白そうです!そしてボブさんのコメントも面白すぎw

ムコ殿とか、もう恋なんてしないとか、懐かしいのがまた色々出てきましたねー。歯ブラシといえば桜庭裕一郎!って気がします。

話それました(-_-;)
柳、ステキですね~!
笑いも提供してくれるのに、たまに決めるときは決める!最高です。乙女の夢が詰まってます。

ツンデレっぽい九条さんもいいな。
可愛さマックスな女の子じゃなくて、そのどっかずれた感じが良いですね☆

感想また楽しみにしてます!アオハが期待したほうへ進まなかったら、こっちを買ってしまおうか…。いやでも見届けるべきか。むしろどっちも?と、悩みは尽きません。

- コミックボブ(管理人) - 2013年01月24日 00:56:57

b-fjさん、こんばんは!
前にアオハライドへコメント頂きましたでしょうか?(^_^)

> 柳くん?最高('∀`)
> 今度、1巻から買っってみようと思います♪

もーぜひ買って下さい☆
柳の良さが伝わってすごく嬉しいです!
もし購入されたら、ぜひぜひ感想教えて下さい(^_^)

- コミックボブ(管理人) - 2013年01月24日 00:40:47

なぎさーん!!こんばんは(^_^)

> ヒーローが乙女すぎて悶え死に寸前でした。

ヒーローが乙女。なんですかこの的確な表現ww
九条さんの素直な反応と合わせて悶え死にしたくなりましたよね!

> 最後の一行噴きました。私も相馬くんは可愛いと思います。

柳とは違った不憫さで、なぎさんを萌えさせてくれそうな相馬くんですね☆
彼はこのままだとツンデレ街道まっしぐらですよねー。
楽しみw

- b-fj - 2013年01月23日 18:44:12

以前どこかで名無しコメした者ですw
ラストゲームの記事、読ませてもらいました(*゚∀゚)
読んだことのない漫画だったのですが、
めっちゃいいです!!
柳くん?最高('∀`)
今度、1巻から買っってみようと思います♪

- なぎ - 2013年01月22日 21:01:33

早速遊びに来てみました、なぎですこんばんは。

ラストゲーム3巻、柳のポエムすごかったですね! 眠り姫ですよ眠り姫。ヒーローが乙女すぎて悶え死に寸前でした。「そばにいて欲しい」とかそれヒロインのセリフだし! でもそこで、「うん、いる」って言う九条さんが最強かわいかったですね。
お姉様もいいキャラで、今後も楽しみw
最後の一行噴きました。私も相馬くんは可愛いと思います。

それでは、脈絡ないコメント失礼致しました。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。