青の祓魔師 10巻

  • 加藤 和恵
  • 発売日 : 2012/12/28
  • 出版社/メーカー : 集英社

今 物質界に魔の手が忍び寄ろうとしている

メフィストの正体、そして一連の事件の黒幕が明らかになる青の祓魔師10巻です。今巻では、今後起こるであろう新たな戦いの前段階として、物質界で起き始めた異変と原因、それに伴ういくつかの事柄が明かされます。

物質界で起き始めた異変のひとつは、再び腐属性の悪魔・不浄姫が復活した事。もうひとつは、一部の魔障を受けていない人達にも悪魔の姿が見えるようになった事です。

不浄姫の復活はイエメン。
不浄姫は心臓を二つに割られてイエメン支部に封印されていたのですが、その心臓が1人の女性襲撃者によって奪われた… という、日本の不浄王と似たパターンで復活。

不浄姫討伐に向かったのは、アーサー・オーギュスト・エンジェルとライトニングの新キャラ2人組。

聖騎士(パラディン)であるエンジェルは悪魔の血を憎んでいて、サタンの息子の燐が不浄王を倒した事が気に入らない。燐への対抗心から不浄姫を1人で倒すと宣言。

そして、エンジェルの『エンジェルスラッシュ!!!!』の声と共に、魔剣・カリバーンから繰り出された技が炸裂。



一撃で消えた不浄姫。たった一振り。。エンジェル強すぎる。こんなにあっさり消されると、不浄王との死闘はなんだったのかと虚しい…。

姿を現した襲撃者は『私は不浄姫と一体となった…』と言ったそばから急に苦しみはじめ、『許容できなかった』という言葉を残して自爆してしまいます。
これは、かつてサタンに憑依された獅郎が容量超えで命を落としたように、不浄姫の受け皿としてこの襲撃者が耐えきれなかった、という事なんでしょう。
不浄姫の一件の報告を受けたヴァチカンは、不浄王や不浄姫のような腐属性の悪魔をマークしながら、藤堂を含めた悪魔喰い(デーモンイーター)を追い、その根城になりそうな怪しい組織の洗い直しに乗り出します。
そんな中で、緊急度の低い燐の処遇は「保留」に。

さて、もうひとつの異変は、魔障を受けていない人にも悪魔が見える事。

燐たちがそれを知ったのは、クラスメイトの醍醐院が魔障を受けていないのに悪魔を認識できるようになったためですが、同じ時期から、「学園の七不思議」が急に流行りはじめたり、正十字騎士團の悩み相談窓口に悪魔が原因の悩みが連日持ち込まれるようになったり…。知らない所で何かが起こっているようです。

燐は醍醐院のために、悪魔が見えなくなる方法を探すのですが、そんな中メフィストから食事に招待される事に。そこで燐はメフィストの正体を知る事になります。

10巻にしてようやく明かされた正体は、

『私は虚無界の第二権力者 時の王サマエル 悪魔の王族 八候王の一人です』



虚無界のナンバー2!!?めちゃくちゃ大物だった!ただの奇天烈野郎ではなかったんですね。でも、第二権力者以外の箇所はすごさがよく分からないw と思ったら、「時の王」とは「時間と空間を掌る」力を持つ存在なのだそうな。イコール四次元を何らかの形で掌握できるって事だと勝手に理解しましたが、それってとんでもなくすごい事ですね。

ちなみに彼が悪魔だという事は公然の秘密だそうで、知らぬは燐だけらしいです。そんな彼は人間の創り出すエンタメ、特に日本のオタク文化を愛していて、お陰で「(人間に)悪いようにはしない」と言っているので、悪魔を味方にするほどの人間のクリエイティビティもすごいですね。

メフィストは、悪魔の急所である尻尾と心臓(心臓を宿した降魔剣)を無防備に晒している燐に、それを隠す=弱点を克服するよう助言。さらに、燐が課題をクリアできたら、悪魔が見えなくなる目薬をくれると言います。
そして、『これからは私も協力は惜しみません』と意味深に言い残すのですが、それは物質界に起きている異変と何か関係がありそうです。

その「課題」とは、悪魔が引き起こしている学園の七不思議を解決する事。

雪男の指導の下、燐たち候補生が悪魔退治に取り掛かります。燐、勝呂、志摩、子猫丸、宝の男子チームは「真夜中に学園を彷徨う白無垢」、しえみ、神木さんの女子チームは「女子寮のトイレの繭子さん」を担当。

不浄王に比べたら屁でもない悪魔に思えますが、それが一筋縄ではいかないんです。万能に思える燐の青い炎も、相手によっては相性が悪くて効果薄。悪魔によって異なる特徴・弱点にきちんとヒットする攻撃でないとダメなんですね。さらに、倒す過程でチームワークも必要になる。

苦戦しながらもなんとか退治を果たした2チーム。
白無垢の悪魔との戦いで、はじめて宝の能力が明らかになりました。



リカちゃんならぬミカちゃんのフレンドを召喚するとは!さすが大企業・宝ホビーの社長子息。人形の扱いは手慣れたもんです。

そして、神木さんのしえみに対する一方的なわだかまりも、これを機に解消。



あー勝呂の出番少ないな。勝呂、志摩、子猫丸のやりとりが好きです。ていうか勝呂がもっと見たい。でも、新キャラ登場で影が薄くなりそうな悲しい予感…。

その頃、ロシアでは。
聖天使團(エンジェリックレギオン)に合流したシュラが、エンジェルやライトニングと共に、加速器の実験施設内を調査していました。
悪魔が群れを成す実験施設の奥には、ヤバそーなものが…。それを見たライトニングは。

『これは多分… 虚無界の門だ』



虚無界と物質界を繋ぐ門は、サタンにしか作れないはず。しかし『いや これは人工的なものだよ』。その上、どんどん拡大している。

聖天使團は一旦撤退し、専門家であるメフィストがゲートを確認しに現れます。
悪魔嫌いのエンジェルの不機嫌さに笑うw 正義感に燃える直情型+やや頭弱めのキャラクターって、ウザいと思いながらも何故こんなに憎めないのでしょう。エンジェルの出番が待ち遠しくて仕方ない。そして、その時には必ず隣にメフィストがいて欲しい。

門についてメフィストは。

『一度開いた門を閉じる事は 私にも不可能です』

おい!ナンバー2のくせに!!
閉じられないまでも、結界を張り拡大を遅らせる事なら出来る、という事でひとまず更なる拡大までに4~5ヶ月の猶予を得ました。
時を掌るなら、結界内の時間を門が開く前まで戻すとか出来ないんですかね。案外役に立たないですね。やれるのにやらないのかは分かりませんが。。。

この門が開いた事で虚無界の影響が強まり、悪魔が増えたり暴れたりしている事が判明。醍醐院の件も、相談件数の増加も、これが原因でした。

次は、開門が誰によるものかを調べなくてはいけないわけですが、ライトニングには目星がついている。『これだけの科学力と財力を兼ね備えた組織は一つしかない すでにお気づきでしょう?』

『啓明結社イルミナティ』


場面変わり、最後の最後に黒幕登場。

虚無界門開通のお祝いを述べるために、伽樓羅を喰った藤堂が向かったある部屋。そこには、病に伏す1人の人が。その人こそイルミナティの総帥・一連の事件の黒幕です。

門を作ったのはイルミナティで藤堂はその結社の一員だったんですね。多分、不浄姫の復活も彼らの仕業でしょう。

今巻には、いくつか伏線が張られたと思われる場面がありました。

まず、醍醐院が燐の尻尾に気が付いた事。しかもその描写が度々ある事が気になります。さらに、都議の息子というのもひっかかる。尻尾から悪魔を連想して、安直に燐が悪魔という結論になりかねないですし(半分正しいけど…)、それを都議の父親が騒ぎ立てたら、それはもう大ニュースに発展してしまう。今後の醍醐院の動きが気になります。

それから、雪男と子猫丸としえみの様子がいつもと違った事。雪男は女装への覚悟だったともとれる流れですが、本当はどうだか不明。子猫丸としえみも理由不明。

そして、神木さんの「目的がある」という発言。朴さんは知っているようですが、目的とは一体なに???

さらに、雪男の定期検診について。検査をサボっていたのは、単に忙しかったからなのか、それとも、目が青くなった原因が発見されるのを避けるためだったのか…。検査を受ける意思はあるようなので、近々明らかになると思われます。

今後の展開が楽しみになるような事実や伏線が盛り沢山だった10巻☆11巻も楽しみです!!

↓いつもありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

ライトニングが浦原喜助(©BLEACH)に見えて仕方ない
関連記事
ページトップ