スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙兄弟 19巻

  • 小山 宙哉
  • 発売日 : 2012/10/23
  • 出版社/メーカー : 講談社

月面で会おう

なんて上手くいかないんだ人生は!と月に向かって叫びたくなる宇宙兄弟19巻です。月のバックアップクルーとしての訓練が続くムッタと、復帰のための試験をパスしたものの次のミッションにアサインされない日々人。
始めの頃は、ちょいダメな兄貴の先を行くスーパーな弟の構図でしたが、月から帰還して以来、今度は日々人の戦いが続いています。その努力がどんな形で結実するのか、しないのか、が今巻の読みどころ。

ムッタ達バックアップクルーのデザートラッツでの訓練も大詰めを迎え、正規クルーと共に最後の訓練が始まります。
ピコと共に現れたのは、彼が開発指揮をとった『車輪付きの “脚”     “STITCH(スティッチ)” を組み込んだ新型着陸船(アルタイル)だ』。これは、今までの課題を解決すると同時に色んなメリットがある優れモノ。おぉ~ さすがピコ。

その操作訓練が終わり、ピコがビンスに言います。『それにしてもまさか… 叶う日が来るとはな』『いつかリックが管制官になり 宇宙飛行士になったビンスに指示を送る そのビンスは… 俺の作った宇宙船に乗る』。リックの代わりに管制室から指示を送るのは、キャップコム担当のムッタ。本人の知らないところで、ビンスさんの彼に対する期待という名の要求が高まりそうな予感です!

そして、ムッタの同期であるケンジと新田にも、クリスマスプレゼントが。バトラー室長に告げられたのは、

『君たちクルーのミッションは 人類初となる 有人小惑星探査だ』

なんと月よりさらに “先” へ行く試み!そのミッションを受けた直後、ケンジに二人目の女の子が誕生☆ 小惑星の名前にちなんで “安(あん)ちゃん” と命名されました。

ムッタも同期の仲間達もちゃくちゃくと先へ進む中、日々人の時間だけが止まっている。。家族とヒューストンで過ごす年末、日々人が月を見ながらこんな事をつぶやきます。

『なあ ムッちゃん もしかしたら… 俺はもう月に行けないかも』

表紙の画の様に、空を見上げて親指で月を隠しながら。そして、

『俺の中からパニック障害が消えても… 周囲の頭ん中からは消えないんだ』



ああ、なんかリアル。。。一度貼られたレッテルは、なかなか剥がれないんだよな。ムッタは日々人に何も言えず、そのモヤモヤを抱えたまま、翌日からキャップコムの訓練がスタート。 バトラー室長は日々人の復帰のために、反対しているゲイツを会議で説得しようとします。ゲイツプログラムマネージャーは例えを用いて、日々人をこんな風に表現しました。『“樽一杯のワインに   スプーン一杯の汚水を注ぐと…… それは樽一杯の汚水になる”』
悪役ヅラも手伝って軽い殺意を覚えますが、NASAがどんな小さなリスクもヘッジしなくてはならないことは、理解できる。確かに、チャンスを待つ宇宙飛行士は他にも沢山いるんですよね。
でも……… こんな世知辛いのは現実世界だけで充分だ(泣)二次元には夢と希望を求めたい~orz

ゲイツの決定を受けて、日々人を呼び出すバトラー室長。

『僕はもう宇宙へ行けないって そんな気はしてました』



日々人が立ち去った後の部屋で一人、苦渋の表情で机を叩くバトラー室長。

そして次の日の朝、日々人は姿を消します。

そのまま六日が過ぎ、その間ムッタは訓練に身が入らず、ビンスさんとの連携にも影響が…。誰にも日々人の行方が分からず、心配が募る中、ムッタにバトラー室長から電話がかかってきます。その電話で NASAとしてはこの先 あえて彼を月ミッションに任命するような リスクを負うべきではないという結論に至った と聞くムッタ。そして日々人の復帰のために、ダミアン、フレディ、エディ・J、アズマの4人のベテラン飛行士が、目を付けられるのを覚悟の上で嘆願書に署名してくれた事を知ります。

ムッタはバトラー室長に自分の気持ちを伝えます。
『“NASA” に意思があるとして   その目で見たらヒビトは不運な弱者に見えますかね?』
『俺の目で見たヒビトは真逆です』
『月の事故では暗闇の谷底から仲間を救い出し 最善の判断で無事生還しました』
『その後のパニック障害も もちまえの根性で克服して見せたんです』
『ヒビトは他のどの宇宙飛行士よりも 本当の恐怖を知っていて     それを乗り越えた男です』


『今のあいつは俺から見れば 最強の宇宙飛行士です』



電話を切った後の、『私も… そう思う……!』というバトラー室長のつぶやきにグッときます。

益々集中力を失ったムッちゃんは、訓練の最中にまたもミス。もはや、ビンスからの信頼を完全に失いかける寸前…。

落ち込むムッタを新田が夕飯に誘います。話題は、彼の弟のカズヤについて。カズヤがある会社の入社試験で高い評価を受けたものの「大事な時にまた引きこもる可能性がある」ことを理由に落ちてしまったことを聞きます。そこでめげずに次へ進もうとするカズヤを見た新田は『俺はもう何も心配していない。たまに世の中のつまらない考え方に残念な気持ちになるだけだ』と。間接的な、ムッタと日々人への励ましの言葉。

アスキャンの時の新田のように、弟からの連絡を待つムッタ。そこへ鳴り響く、宇宙海賊アバンギャルドの効果音=日々人からのメールの着信音!!



そこには、

俺 NASAを去ることにした

という決意と、

月面で会おう

という変わらぬメッセージ。

宇宙に興味を持ち始めた小学生の頃   ムッタは、日々人と二人で宇宙兄弟アバンギャルドのラジオドラマを聴いた時の事を思い出します。
ムッタは灯りを消し、フトンの中にラジオを持ち込んでラジオに聴き入ります。フトンの中は宇宙となって、そこにステッド船長のセリフが響く  「月面で会おう」。



日々人のメールに、その時の記憶が蘇ったムッタ。

同じ頃、アズマに呼び出されたバトラー室長は、アズマから日々人の決意を聞きます。『“アストロノート” から   “コスモノート” って呼び名に変わるだけだよ   って言ってましたよ 日々人君は』。ということは、ヒビチョフ再びか…!民間かロシアかな~と思っていたので、この展開は素直に嬉しい♪

日々人は諦めず、月を目指す。ひとまず安心を得たムッタは、我が身の危機に気がつきますw バックアップクルーとしてビンスの期待に応えられない状況を打開すべく、分かり合うきっかけになればとビンスを飲みに誘います。こんな所でサラリーマンのお家芸が飛び出すなんて!飲みニケーションは万国共通なんですね!

二人で飲みに行くつもりが、なんと自宅に招待されます!出迎えてくれたのは、綺麗で気が利く奥様と、スモールビンスw


食事を囲みながら、小ビンスがムッタに聞くんです。『父さんは「宇宙に憧れる者は行かずしても必ず一度は宇宙を目にする」  って言うんですけど ないですよね?そんなこと』と。ムッタは『…… いや… あるよ』と言い、

『真っ暗なね フトンの中で』



ピコの言う通り、なんの共通点もなさそうな二人にも “NASAにいる” という大きな共通点があります。この発言でビンスのムッタへの心情に少し変化が見られそう♪

そして、半年後  
発射台で打ち上げの刻を待つビンスを乗せたアレスΙ(ワン)。そしてそれを観客に紛れて見つめるピコと、キャップコムとして管制室で見守るムッタ…!ここで19巻終了。

次巻では、月へ向かってそれぞれ歩みを進めるムッタと日々人が読めそうですね。コスモノートの面々も再登場しそうで楽しみです!

↓いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

南波父愛用の耳かきは螺旋型
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。