スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青の祓魔師 10巻

  • 加藤 和恵
  • 発売日 : 2012/12/28
  • 出版社/メーカー : 集英社

今 物質界に魔の手が忍び寄ろうとしている

メフィストの正体、そして一連の事件の黒幕が明らかになる青の祓魔師10巻です。今巻では、今後起こるであろう新たな戦いの前段階として、物質界で起き始めた異変と原因、それに伴ういくつかの事柄が明かされます。

物質界で起き始めた異変のひとつは、再び腐属性の悪魔・不浄姫が復活した事。もうひとつは、一部の魔障を受けていない人達にも悪魔の姿が見えるようになった事です。

不浄姫の復活はイエメン。
不浄姫は心臓を二つに割られてイエメン支部に封印されていたのですが、その心臓が1人の女性襲撃者によって奪われた… という、日本の不浄王と似たパターンで復活。

不浄姫討伐に向かったのは、アーサー・オーギュスト・エンジェルとライトニングの新キャラ2人組。

聖騎士(パラディン)であるエンジェルは悪魔の血を憎んでいて、サタンの息子の燐が不浄王を倒した事が気に入らない。燐への対抗心から不浄姫を1人で倒すと宣言。

そして、エンジェルの『エンジェルスラッシュ!!!!』の声と共に、魔剣・カリバーンから繰り出された技が炸裂。



一撃で消えた不浄姫。たった一振り。。エンジェル強すぎる。こんなにあっさり消されると、不浄王との死闘はなんだったのかと虚しい…。

姿を現した襲撃者は『私は不浄姫と一体となった…』と言ったそばから急に苦しみはじめ、『許容できなかった』という言葉を残して自爆してしまいます。
これは、かつてサタンに憑依された獅郎が容量超えで命を落としたように、不浄姫の受け皿としてこの襲撃者が耐えきれなかった、という事なんでしょう。
スポンサーサイト

青の祓魔師 9巻

  • 加藤 和恵
  • 発売日 : 2012/09/04
  • 出版社/メーカー : 集英社

俺 祓魔師になるよ
魔神の息子としてさ


不浄王との死闘がついに決着する重要な巻にも関わらず、表紙に全てのインパクトを持っていかれそうな青の祓魔師9巻です!

前巻では、燐の降魔剣に烏枢沙摩(ウチシュマー)が憑依した所で終了していました。(8巻の感想はこちら

燐はウチシュマーによって、不浄王を山膚ごと焼き清める力を手に入れるのですが、それは、燐がコントロールできなければ人まで無差別に焼いてしまう力。迷ってるヒマはない… 人だけ燃やさず不浄王だけ倒す できるか俺に…! と葛藤しつつも、状況は待ったなし。

そして、遂に燐がマントラで呼び出します。

『火 生 三 昧!!!!』



八百造さまが呼び出した時とは比較にならないほど凄まじい勢い!!
そして、召喚した炎の強大さによって燐は自らの悪魔の部分に飲み込まれそうになり、人も何もかもみな焼き払いたい衝動にかられます。

炎で “俺” が消し飛びそうだ…!!

その時よぎったのは、しえみの言葉と、燐を信じた仲間の姿。みんなに応えたい!と思う気持ちが燐に心を取り戻させます。

青の祓魔師 8巻

青の祓魔師 8 加藤和恵 (ジャンプコミックス)
青の祓魔師 8 加藤和恵 (ジャンプコミックス)

不浄王との戦いが続く、青の祓魔師8巻です。不浄王を倒すため、引き金を引いた藤堂を倒すため、全員が力の限り戦うんですが、とにかくそれがかっこいい!!!
早速それぞれの戦いを見て行きましょう。

まずはこちら、神木さん。
神木さんとしえみは、重症の勝呂父を任されました。にーちゃんを呼べないことを悔やむしえみに、

『そんな事を言っててもしょうがない
山を降りて病院に連れてくわよ!
私達はこの人の事頼まれた責任があるんだから』




二人は、神木さんの出した白狐ウケとミケに勝呂父を運ばせて下山を試みます。

次は勝呂。
勝呂ファンのみなさん(私です)、お待たせしました。今巻、彼は男を上げまくります!

瘴気の流出を防ぐ結界を張るため、クロに乗って胞子嚢に近づく勝呂と燐。その間にも胞子はどんどん広がっていきます。

この状況で一度しか聞いたことのない結界呪を再現できるのか、不安になる勝呂。燐はその不安を見透かしたかのように、強気な言葉をかけて前に出ていきます。

その姿を見た勝呂は、いつも一人で戦おうとする燐と、これまで重要なことを隠して一人で背負ってきた父親に対して苛立ち、そして…

おとんもこいつも いつも一人でカッコつけおって…
俺はそれがどうしても 腹が立つんや!!!!




見事、伽樓羅(カルラ)を召喚し、結界を張ります。
(まだまだ活躍するよ!)
プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。