スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤髪の白雪姫 11巻

赤髪の白雪姫 11 (花とゆめCOMICS)
赤髪の白雪姫 11 (花とゆめCOMICS)

また明日

リリアス編が終わって物語の節目を迎え、そろそろクライマックスへ向けて走り出したと思われる、赤髪の白雪姫11巻。大きな事件はないものの、細々した話が回収されたり、最後にうおお~な展開があったり、ほのぼのしつつも胸熱で楽しかったです♪ まず、表紙のオビがかっこいい。

それでは以下、ネタバレ感想です。今回もほとんど「イザナ殿下かっこいい」しか書いていない上、あらすじと言うよりイザナ登場場面ピックアップにてお送りする事ご了承下さい!
スポンサーサイト

赤髪の白雪姫 9巻


リリアスの外壁
全ての門を封鎖する


前巻から引き続きリリアス編の赤髪の白雪姫9巻です。北の街・リリアスで起きた原因不明の病。その大流行を白雪達は食い止めることができるのか。物語は緊張感を持って進みますが、今巻の見どころはなんたってイザナ殿下です。そしてオビ。

9巻のはじまりはゼンとオビの戯れから。
北の都・ウィトラントに向かう途中、リリアスを通過する予定のゼン一行。オビはもちろん白雪と会うつもりだったようですが、『リリアスは通過するだけだ!』とゼン。あからさまにガッカリして文句をたれるオビ。そんなオビにゼンも本音がポロリ。『俺だって 今すぐにでも顔が見たいに決まっ… … て… る だろ…っ』



言いながら赤面していくゼン。(無言ゴロンゴロン 「その程度で赤くなっててどうするんですか」というオビの冷たい視線がいつも通りです。
ごちそうさまでした!さて、本筋ですw

リリアスに到着して間もない白雪とリュウの目の前で倒れた子供。この正体不明の病に倒れたのはこれで6人目…。周囲に悪い予感が広がっていきます。

赤髪の白雪姫 8巻


自分を一部
あの人らのそばに
置いてるようなもんだ


白雪とゼンが交わす未来への約束にキュンとしながら、オビとミツヒデにニヤニヤさせられ、イザナ王子にぽーっとなる赤髪の白雪姫8巻です!しかも後半は新展開ということで、読み応え満点。

今回はとにかく、オビ!表紙でハダけてるオビ!オビなんですが。
その前に、前巻とってもいいところで終っている白雪とゼンに触れたいと思います。

ついに「ゼン王子の隣に立ちたい」と白雪が告げ、背後に花が咲き乱れそうなキスシーンで終った7巻。その言葉に 『さっきお前が言ってくれたあの言葉の答えは「ああ」だ。前からずっと』 とゼンが答えて、「いずれちゃんとした言葉で告げるから待っててくれ」とプロポーズ予告。
おぉ~ようやくここまで来ましたね!
言ったあとに、「告げる事を予約するのも格好悪い話だけどな」とゼンが照れた時の会話がこれ!

『まさか 会った頃からゼンは格好いいよ』

『おまえもだ』




ゼンさまッッ!!
最近は白雪の方がゼンを意識しちゃって余裕がなかったので、ゼンが主導権を握った行動が多かった気がします。その、ちょっとだけ余裕を漂わせた若干の上から目線が妙に王子っぽくてたまらん!というわけで、そんな重要シーンでもありませんが、心の何かを撃ち抜かれたので大文字で書いちゃいましたw

では、今巻注目のオビの話を。

赤髪の白雪姫 LaLa 2012年08月号

LaLa (ララ) 2012年 08月号 [雑誌]
LaLa (ララ) 2012年 08月号 [雑誌]

ついに、コミックをすっ飛ばしてLaLaに手を出してしまいました!
ら、話がわかんないよッッ!!リリアスって一体どこ??謎の病ってなんのこと!??
未来にタイムスリップしたようです… よく分からないなりに、登場人物達の険しい表情から、緊迫した状況らしいことは分かりました。未来では、珍しくイザナ殿下が出づっぱり。

リリアス封鎖に奔走するイザナ殿下と白雪。移動のために馬に乗ることになるのですが、白雪は馬に乗れないと聞いたイザナ殿下は『では 俺の前に乗りなさい』と。そして、驚く白雪に一言。

『不服か?』




なんだこの流し目!あー買って良かったw なんだかのっけから素敵なことが起きてますね。

赤髪の白雪姫 7巻

赤髪の白雪姫 7 (花とゆめCOMICS)
赤髪の白雪姫 7 (花とゆめCOMICS)

海賊"海の鉤爪"に攫われた白雪を救出するため、敵地に乗り込んだゼン達。そして、ゼン達に協力した山賊"山の獅子"の大将・武風の意外な素性が明らかになる!新章に突入し、白雪やゼンを取り巻く環境にも動きが!?超ヒット王国ロマンス、第7巻!

赤髪のヒロインシリーズ(←勝手に決めました)のひとつ『赤髪の白雪姫』。今最も少女漫画らしいトキメキと萌えをくれる作品のひとつです。胸キュン指数高し!

海賊"海の鉤爪"に捕らわれていた白雪を木々やゼンが助けにくるところから7巻はスタート。
白雪を攫われた怒りゆえ、のっけからゼンの切れ味がすごいです。



ミツヒデやオビは強いんですが、実はゼンもかなり強いんですよね。
そして無事に白雪&木々救出した一行。

危険をおかして白雪を救った木々を、最後まで心配していたミツヒデに木々は…

『心配 どうもね』



なにこの珍しいやりとり!ここはミツヒデ&木々ファンのキュンポイントですよね!?

無事に終わった救出劇後、意外なことが判明します。山賊"山の獅子"の大将・武風はなんと、死んだはずの白雪の父親でした。
かづきは、白雪に父親や自分達と一緒に暮らそうと言いますが、白雪はクラリネスにいたいとあっさり断ります。

その夜宴が開かれ、その合間に二人きりになった白雪父とゼン。
そこで核心に触れまくりなやりとりを。

『白雪はお前さんに惚れてんのか?』
『お前さんは?』

『惚れてるよ』




男前度200%アップの回答!
そうだよね、惚れてるよね。みんな知ってるけど、改めて本人の口から聞くと違うわ~
それを偶然聞いてしまった白雪は赤面しきり。元々両想いの二人ですが、この辺りから白雪が、がぜんゼンを意識するようになります。やっぱり、直球に勝る必殺技はないですね!
プロフィール

Author:ComicBob

最新記事
カテゴリ

各カテゴリ内50音順

◆少年・青年マンガ (53)
青の祓魔師 (3)
あひるの空 (1)
暗殺教室 (1)
宇宙兄弟 (3)
神様がうそをつく。 (1)
キングダム (2)
銀の匙 Silver Spoon (1)
この音とまれ! (2)
3月のライオン (2)
四月は君の嘘 (4)
重版出来! (1)
進撃の巨人 (2)
テガミバチ (1)
テラフォーマーズ (12)
ドリフターズ (1)
七つの大罪 (2)
ハイキュー!! (1)
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) (2)
BILLY BAT (ビリーバット) (1)
鬼灯の冷徹 (2)
ほどほど日記 (1)
ホリミヤ (2)
mix(ミックス) (2)
ルネサンス・イヴ (1)
私は利休 (1)
ONE PIECE (ワンピース) (1)
◆少女・女性マンガ (147)
アオハライド (31)
赤髪の白雪姫 (5)
暁のヨナ (4)
あるいていこう (1)
YES! (1)
ヴァーリアの花婿 / 完結 (1)
娚の一生 / 完結 (2)
オオカミ少女と黒王子 (13)
orange(オレンジ) (5)
キスよりも早く / 完結 (2)
君に届け (17)
きょうのキラ君 (0)
きょうは会社休みます。 (2)
女王の花 (2)
青春攻略本 / 完結 (1)
それでも世界は美しい (3)
たいようのいえ (9)
ちはやふる (6)
となりの怪物くん / 完結 (11)
夏のかけら / 完結 (1)
はじまりのにいな / 完結 (5)
花にけだもの (2)
Piece(ピース) (3)
日々蝶々 (6)
ひみこい / 完結 (2)
ひるなかの流星 (1)
ぴんとこな (1)
BLACK BIRD(ブラックバード) (2)
ラストゲーム (4)
黎明のアルカナ (4)
◆本誌 (3)
別冊マーガレット (3)
◆購入予定のマンガ (16)
◆管理人のつぶやき (30)
◆はじめに (1)
式の前日 (1)
パーフェクトワールド (3)
おすすめマンガ‐少女編
感想書いたものは全部オススメですが、中でも今選ぶならこれ。という作品を紹介します。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

イライラを凌駕するときめき
『日々蝶々』

日々蝶々 2 (マーガレットコミックス)

主役二人がビックリするほどしゃべらない。遅々として進まない関係にイライラが止まらない。でも、ときめきも止まらない作品☆
感想はこちら

ある意味10年愛
『ラストゲーム』


ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
顔良し・頭良し・家柄良し。パーフェクト男子・柳の振り回されっぷりを笑う作品。あまり深く考えず楽しみたいときのお供に☆
感想はこちら

対象的な2人のヒーロー
『ぴんとこな』


ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕)
歌舞伎でも恋でもライバル関係にある正反対の2人ヒーローが、とにかく魅力的。ヒロイン置き去りの展開もいいw
感想はこちら
おすすめマンガ-少年編
少年・青年マンガのおすすめです。「感想はこちら」からどうぞ!(画像はAmazonリンクです。)

王道・冒険ファンタジー
『七つの大罪』


七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス)
お城、騎士、お姫様、妖精、巨人、小人、ドラゴン。これぞファンタジー!世界観にぴったりの作画も素晴らしいです。
感想はこちら

不良が挑む筝の世界
『この音とまれ!』


この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)
部活動青春ストーリー。不良が更生して部活に励む展開は無条件に胸熱です!ヒロインはツンデレ☆
感想はこちら

表現という戦い
『四月は君の嘘』


四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場人物達の全身全霊を捧げる渾身の演奏が、力強く逞しく、痛く切なく胸に迫ります。
感想はこちら

人類とゴキブリのバトル
『テラフォーマーズ』


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
火星で進化を遂げたゴキブリと人類のプライドをかけた戦い。各々の想いが交錯し各国の陰謀がぶつかり合う展開から目が離せません。
感想はこちら
検索フォーム
Web page translation
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。